「脳転移」と友と私⑦「遠隔で救急車を呼ぶ」


これまでの超絶慌ただしい1週間はこれ。

水曜日:友の様子が変でタクシーで無理やり病院へ送り脳転移を示唆される
木曜日:脳外科にて脳転移と治療しなければ余命3か月と告げられる
金曜日:私のみ詳細説明に呼ばれる
土曜日:先のこと万が一のこと相談 
日曜日:放射線治療ができる病院の受け入れを心配する 

友は日曜日やたらと「寿司!寿司!マグロマグロー!」
と騒いでおり、メッセージだけのやり取りだったけど、
放射線治療をお願いする病院へ行く前に
寿司でも食わせとくかーという気ではいた。

気ではいたけど実のところ予定の店の
休みや、私の仕事の都合もあり・・。

「月曜しかないじゃん」

っていうことに。
「月曜って、、、明日よね?すぐじゃね??」
と思いつつも、
友の勢いがすごすぎるので、
まぁ実際明日になってみてから
昼行くか、夜行くか考えよう、、、。
それにしても明日かぁ。。。急ねぇ・・。
と思っていたら翌朝、

「今日はお寿司行けない」

とメッセージが。
聞けばふらつきがひどく立っていられないという。

いや、寿司の話の前に症状だろが。
と思いつつどんだけ残念なんだ寿司ww 

でもおでき先生から万が一の時の
話を聞いてたので、すぐに、

・ふらつきの状態・程度
・頭痛や吐き気の状態 
・麻痺はあるかないか
・発語や携帯操作することに問題はないか

に相当するものをさっと確認し、
PCで本人に聞きながらそのまま
かかっている病院へ電話。

診察券と連絡先などを聞いておいてよかった。。

交換手に名前と診察券番号を伝えて、
脳外科をお願いした。
この時は友人とは言わず、

「○○と言います、診察券番号を言います」

とだけ。
友人ですとか余計なこと言うと面倒なので。

脳外科の看護師さんが出たけど、
残念ながら本日外来はやってないという。

いや?それはむしろラッキーだなと思い、

「○○先生に体調変化時はすぐ救急車で来るよう
 言われています。確認していただけますか?
 付き添いの今村からと言えばわかります。」

と伝えると取り急ぎ折り返すとのこと。
友に今おでき先生に確認してもらってる。
救急車を呼ぶかもしれないのでと
動ける範囲を再度確認。 

すぐ折り返しあって、
「先生からすぐ救急車で来てくださいと」
とあったので

いやータクシーでも行けると思うーとか
なんとか階段降りてみるー
とか言う友を遠隔で殴り倒して?

「いいからまず家の鍵を開けろ。
 次は保険証・貴重品など準備できたら
 しておくように。万が一何かあっても
 救急隊の人が入れるので心配ない。」

と打ち込みながら119番へ電話。

「救急車お願いします。
 住所は・・・」

とすぐに住所を伝えた。

病院へかける際は必ず名前と診察券番号を
最初に伝える。これは電子カルテで
その人をすぐ検索してくれるので話が
スムーズなためだ。

でも救急車はちがう。
まず救急であることを伝えたら、
住所をすぐに言う。話しながら
救急車を手配してくれているからだ。

この時は、

「〇歳女性、私の友人です。意識はあります。
 耳が全く聴こえないため代わりにかけています。
 子宮頸がん術後脳転移で○○病院にかかっています。
 今朝から急にふらつきがひどく、主治医に電話確認したところ、
 救急車で来るよう言われました。
 救急外来へも連絡済です。」 

と先に伝えて、あとは聞かれるままに
症状などを伝えた。

救急車は実のところ呼んだ後で、
受け入れ先の病院を探すことも多い。
かかりつけに先に連絡しておくことで、
その手間が省けてすぐに運んでもらえる。 

最後に意識はあってメッセージは
やり取りができるが耳が聴こえないため
途中電話をしても本人は取れないこと。

会話はゆっくり大きな口で話してもらうか
筆談してください。
鍵は開けてもらってあるのでそのまま
入ってください。 

など伝えて、あとは私もそのまま
病院へ直行するので先によろしくお願いします。

とだけ言って友に、

「5分で救急車が着く。準備せよ」

とメッセージしてそのまま家を出た。 
行く道すがら、

「入院させてやってくれ~~~~」

と思いつつ・・・。 

つづく 












[PR]

# by sarah_51 | 2018-09-04 22:43 | 医療と健康  | Comments(0)

「脳転移」と友と私⑥「感情の崩れ」


2番目の妻のくだりがなかなか人気です笑。 


しかし実はこの日、私は友と別れた後、
自分の感情がやや壊れているのを感じていました。

街を歩いていても、
ふと目に留まるのは友が好きそうな
スイーツだったり色合いだったり。
はたまた友がこの日来ていたシャツに
似たような服につい目が行き、、、。

別に何が哀しいとかどうとか
思っているわけではないのです。

でも気が付いたら頬に涙が流れていたり。
なんとなく気持ちの1部が
カタカタしている感じでした。 

その原因は友の病気ではありません。

彼女がアクティブカラーセラピーで、
「自分の不安を取り除いてくれるモノ」
として心の奥底の気持ちを出した時、
それが「さあらさん」という
私の名前が出たことにありました。 

実は同じように、私を見るとほっとして、
また私がいると自分らしくいられる。
そう話してくれた人が過去にいました。

1人は私の旦那様の祖母「ばぁちゃん」

そしてもう1人は友人のお母さま。
私はこの2人のいずれも、その看取りとその後まで
関わらせていただきました。

神さまを信仰していると、
人が亡くなっても哀しくない。

そう思ってる人もいるかもしれません。
でも本当はそうではありません。

神さまを知っているからこその
喜びと哀しみがあるのです。 

またその大切な人の死の過程に
自分が関わることの重さと
責任を感じないわけではありません。 

このたった4日間に起きたことは
単に友人という枠を超えて、
その人の命を見送る覚悟を即座に決めなくては
ならない時間でした。 

水曜日:友の異変に気付き病院へ無理やり送る
木曜日:脳外科で脳転移の説明を受ける
金曜日:脳外科医に私だけ呼ばれ再度詳細説明をされる 
土曜日:友とアクティブカラーセラピーその他打ち合わせ 

友も大変だったと思いますが、
彼女が考えるよりはるかに長い時間の流れと
たくさんのことを考える必要のあった私は、

それを共有するでもなく
ただ1人感情がやや壊れたのだと
自分でも感じました。 

でも「ばぁあちゃん」の時のような、
世界の色と言う色全てがなくなったような。

「終わり」を感じるものとは
ちがっていました。 

そうではなく、まだ残りの命の時間があって、
神さまが私をそばに置き、
何をどのようにお望みなのか。 

私には少し立ち止まって、
1人の時間の中でそれをかみ砕く
必要がありました。 

日曜日はもともと会う予定でしたが
都合で会えなくなり。

「今日は会えないの?」

と聞いてくる友を、

「恋人かよ!」
と思いつつも、「今日は会えない」
と伝えて、少し自分を整えようと
何もせず、ただ時を過ごすことにしました。

友のために祈らない時間はありませんでしたが、
さらに加えて、ただただ祈る言葉は、

「最も良い方向に導いてください。
 そしてお望みのまま私を善いことにお使いください」

ということだけでした。

私にとって自分をリセットするというのは、
あくまでも「自分が」しているという
「自分」をなくすことにあります。

何ごとも神さまから来るもの。
ゆえに、それが一見悪く見えても
良いことにつながるよう祈り、
また自分がいかに弱く、何もできない存在で
あるかを認め、ひれ伏し、だからこそ
お望みのままに使ってくださることを
願う。その時間が必要でした。 

1日友と離れて過ごし
私の感情はいつものように戻り、
あとは友の体調がもつのかどうか・・。

それだけが心配の種でしたが、
まさか、、、というやはりこれは
神業だなーと思う方法で全てが
ぐっと回りだしたのです。 

つづく 







[PR]

# by sarah_51 | 2018-08-31 22:54 | 医療と健康  | Comments(0)

ムスリムも食べれる本格魚介らーめんが福岡空港ラーメン滑走路に!


羽田からの帰り。
どーーーしても

「らーめん食いて~~~~~」

という気分だった私。
とはいえ、福岡だと豚骨ラーメンが多くて、
ラーメンはほとんど食べる機会がない。

でも何か食べれるのがあるかも~(*´▽`*) 
と見るだけのつもりで行ってみたココ。

a0188838_21583241.jpg
ラーメン滑走路。
国内線のレストラン街にあります。

入口すぐ右にあるここ。

a0188838_21584266.jpg
「魚介しぼり」
って名前がすげーーー気になって。

旦那さんがヤメロいろいろ聞くな、
どうせ聞いても食べれないという
めんどくさそうな態度をしていたが、
食べたい食べたいが勝り、

「すいません、これスープ全部魚介ですか!」

と聞いたところバイト君は、
魚介、魚介、魚介、、、、、と言いながら
奥のスタッフに聞きに行き・・・w

シェフ?が出てきて、 

実はこの「魚介しぼり」は豚骨スープがメインで
そこに特製の「しぼり汁」を足すのだと説明。

うーん、、残念。。。
と思ったところ、なんと!!

「鮭冬葉とむかし醤油は魚介だけです」

というではないかー!! 

a0188838_21585794.jpg
速攻「はい食べますそれ!」
と入ってしまったwww 

まぁラーメンにしてはお値段がアレですが、
北海道のお店らしく、食材も北海道のものに
こだわってるそうですよー!


a0188838_21590752.jpg
当然汁も飲み干したわ。
わっはっは。

こんぶいっぱい!
でもいわゆる「魚介系」の
「これはタダのだし汁では、、」
みたいな味ではなく、

しっかりとした塩ラーメンの中に、
魚介のほんのり甘さも感じられる

いやもう私の解説とかどうでもいいんだけど、
とにかく美味しかったーーーー!!! 

チャーシューとかもないので、
チャーシュー抜きで!とかいう
注文をしなくても全部食べれるー(*´▽`*) 

今度はむかし醤油も食べてみたいな~。
(チャーシュー抜きでって言うんやんww)
(それもまた通っぽくてよくね?ww )

まー。福岡はうどんの文化なので、
うどん食べてれば基本満足なんだけど。

たま~~~~に食べたくなるんですよね~~。 

おいちかったおいちかった。
よかったらぜひ!!

おしまい 


 



[PR]

# by sarah_51 | 2018-08-30 22:13 | 福岡よかとこ情報   | Comments(0)

「脳転移」と友と私⑤「2番目の妻という選択」


頭と心で想っていることは、
時々異なることもある。

脳転移と説明され、もし治療が
できなかった場合残りの時間はあと
3か月くらいかも、、と言われた友。

アクティブカラーセラピーには、
残りの人生の時間を告げられた人が
その時間をどうして過ごしたいか。
という心の声を引き出すコースがある。

さっそくサロンに来てもらい、
そのコースをやってみたところ・・・。

「ずっと最期まで今の家で猫と過ごしたい」

と涙目になっていた友とは思えないほど
びっくりな感じの、

あれしたい、これしたい、
ここにも行きたい、あれも食べたい。

という「したい、したい、したいー!」

がいっぱいだった。
聞けばお猫サマーズ(3匹)がいたこともあり、
旅行とかあちこち出かけるとか、
想像以上にいろいろ自分で制限して
きたということがわかったらしい。

お猫サマーズが引き取られるとわかった今、
不思議と出てきたのは「欲」だったww

こりゃまだまだ長生きするわ~

と思いつつ。彼女から出た結論は、

「私らしく生きたい」

という言葉だった。 

a0188838_17462447.jpg
セラピーが終わってオールOKという気持ちになったという友


曼荼羅を描いたり、面白おかしく過ごす。
それこそが彼女が望んだ自分らしい
時の過ごし方だった。 

とはいえ、病気のことや先のことで
不安がないわけではない。

当然それもセラピーの中で見え隠れ
していたのだけど・・・。

それを取り除いてくれるモノとして
出てきたのが・・・。

「さあらさん」

だった・・・。

「私っすか!?!?!」

っていうオドロキ。。。ww 
光があって輝いてて拝みたくなる存在らしい。

そういえばよく拝まれてるなw
(手話のうちだと思われるが)

でもまぁ冗談抜きに
「万が一」
のことも考えないといかん。

ということで、万が一の時のために、
合鍵や不動産管理、診察券や通帳など
必要なモノのコピーや写メなど
いろいろこの日は取らせてもらったけれど、
最後に課題として残ったのが、

「お墓」

の問題だった。

家族とは縁がもうないとはいえ、
1人暮らしで万が一の場合、
どうして欲しいのか。

サポート側としては聞いておかないと
困ることが多すぎる。
かといって墓を買うというお金や
その後の管理も考えるとどうしましょうねって
ことに・・。

うーん・・・と悩む友に、

「1番簡単なのは、うちの旦那さんの2番目の奥さんになって
 あとのことは我々夫婦が全部するという方法だな」

と真顔で言ってしまったww 

うちはイスラム教徒なので、
男性は4人まで妻を持つことができるんです。

そもそもこの4人までという規定は、
戦いで夫を亡くした女性たちが当時多く、
その後の生活や子育てなど女性1人では
大変だったことから、扶養可能な男性は、
4人まで妻として受け入れて面倒をいっさいがっさい
見るようにできるようにした制度。

ただし妻には1番目とか2番目とかなくて、
実際には金銭的にも愛情としても
平等にしないとダメで、それができない場合、

「妻は1人にしておきなさい」

という言葉で締めくくられているのだ。

とはいえ、イスラム教徒の場合、
誰かが亡くなるとその埋葬や管理、
その他いろいろなことをみんなで行うので、
家族だけの負担になることもなく、
またその方法も決まっているので安心なのである。

というわけで。

「どうする?2番目?」

というなんだそれww
っていう考え事も1つ増えたわけだが・・・。

「私はさあらさんとウエディングドレス写真撮りたい」

とか言う意味不明な返事が返ってきて、

「いえ。そういう趣味はございませんゆえ・・w」

っていうこれまた妙な返事になる始末ww

まぁとりあえずこの問題はぼちぼち考えるか。
ということで、本当に二人とも、

「今日はもう頭いっぱい!」

というほどありとあらゆることを
想定しての準備をしたのだった。

紹介先の病院が本当に「治療を受けてくれるのか」
という心配と問題だけを残して。 


つづく 









[PR]

# by sarah_51 | 2018-08-29 17:59 | 医療と健康  | Comments(0)

「脳転移」友とわたし④「決断・別離と前進へ」 


脳転移と告げられた友とその後を綴っています。
前回はこちら 

大問題だった「3匹の猫」と「4階建ての4階手すりなし階段の家」。

どうしたものかと思っていたところ、
翌朝、友から1つの解決を知らされた。

「猫3匹とも、引き取りに来るって・・」

友の長年の親友であり、仕事仲間でもあり、
いろんなパワーの源でもある大阪に住んでる
「大友(おおとも)」、ソルトさんなる人だった。

猫アレルギーの頼りない私と異なり、
ソルトさんは、母親のお腹の中にいたときから
ずっと猫といるというほどの猫使いにゃー。
しかも早速来てくれるという。 

ただ、前夜
「今の家で最期まで100歳までだって猫と暮らしたい!」
と言っていた友の心を思うと、

もう少しいっしょにいさせてやりたいような。。
でも結局は離れてくれないと正直こちらも
サポートしかねる状況。。。

ええええ!!!えええええええええT_T

っていうぐらいでかっさらって行って
もらった方がいいかもしれぬなぁ。。
とちょっと感謝だなと思いつつ。

さらに感情である頭で考えることと心で想うことが
必ずしも一致してるとは限らないので、

「どうして生きたいかはアクティブカラーセラピーで
 自分自身に聞いてみようか」

ということに。
これには友も大喜びでそうしたいそうしたいと言い。

でもその日はさすがの友も、
病気の告知よりもうんとつらかったようで、
涙目うるうるで、我々はアパートの
階段のとこに腰かけて、しばらく普段とは違って
ゆっくり静かに時間を過ごした。

この時友とはFBでどこまでどの程度
伝えるのかなどを話したけれど、
どうしても猫と別れる日を考えると、
誰のとこに預けるのかも含めて、
誰にも言えそうにない、、、、というので、

猫好きな人にあずかってもらうことが
決まったとだけ話せばいいということに。 
病状のほうは?と聞くと、

「別に隠すところもなにもないw」

とえー!そっちはいいんっすか!
っていうアレだったけど笑。 

そしてソルトさんとも1度調整のために
話しておかないとな、、、と思って
メッセージをしようとした矢先、
ほぼ同時に彼女からもメッセージが。

会ったことも話したこともない大友だったが、
私たちの考えはほぼ完ぺきなほどに一致していた。

短い時間でおおむね何をどうしていくか
役割分担が完了し、猫と友のライフワークである
曼荼羅のことは全て大友にお任せすること、
私はそれ以外の医療的なことや調整などの
全てを担うことに。 

そして夜にもう1人最初の手術の際にも
友の部屋の掃除や洗濯、その他のこまごました
家事をお願いした方に電話で状況と協力をお願いし、
こちらもお任せを!との心強いお返事をいただき、

「あとはあの家ではない場所で過ごせるといいな」

という3人一致の意見で、この間たった3日。 

水曜日:体調不良で病院へ行かせたところ脳転移で脳外科紹介
木曜日:脳外科でMRIと説明とおでき先生に出会う
金曜日:猫との別離の日が決定、入院に備えて3人体制に。

家族ではない私が様々なサポートをするために、
必要な書類や必要事項をガンガン友にも準備させて、

ふと思ったのは、

「入院・治療に備えて美容院行っておいたほうがいいな」

ということでww 

友に断りなく、いつも行ってる美容室へ連絡し、
近く入院になるんで、襟足を中心にカットお願いします!!! 

と予約日時も抑え、

「美容院予約した♡」

と友に送った時にはもうオドロキを超えて、

「し、執事ですか、、セバスチャンw」

とか言われる始末でwww 
ちょうどそうしたいと思ってたという日時も
バッチリOKでなんとか前に進めそうだなと
ほんの少し、「荷を分けられた」ような気がした。

でもこの時はまだ不安がなくなったわけではなかった。

1人暮らしの友の体調に関しては、
心配がずっと付きまとっていて、
私は携帯のメッセージにいつも注意を払ったり、

ちょっと何かをしている後、
「は!( ゚Д゚)もしや、、、」
と思って開いてみたり・・・。

少し自分の緊張度もずっと高かったので、
体全体が固くなっている感じがして、
なんともまだ落ち着かない夜だった。 

まずは明日、本人の本当の気持ちを
心に聞いてみよう。それからだ。

そう言い聞かせてなんとか横になった。

つづく 














[PR]

# by sarah_51 | 2018-08-24 20:27 | 医療と健康  | Comments(0)