病と共に

アッサラ―ムアライクム!!
みなさんに平安がありますように。

みなさんは辛いな~、もうやだな~って思ったことありますか??

     (   ない人っていないでしょ。  )


初めて本気でやだ~って思ったことってなんだったかすらん??

さあらはですね。。。。




       たぶん。。ひげジョ~リジョリ・・・


たぶん赤ちゃんの頃は喜んでいたのであろう父のひげじょりじょりの刑。
ほっぺとかに「ほ~れほれ」とすりすりしてくるそのひげが、
3歳くらいのある日突然「痛み」あ~んど「ちょーーー不快」と変貌し、


      お父さんいや・・・


と思ったのが、私の人生最初に意識したいや~なことであったと思う。。。

そんなふつーのさあらも、小学生のある時からいろいろと病気が発覚し、
毎月入退院する生活になりました。


当時私が入院していた小児科の大部屋はナースステーションから離れるほどに、
重症な人(長く入院が必要な人)が入院してました。

一番奥がが白血病の子たち。
奥から二番目が膠原病など免疫疾患の子たち。

不思議なことに、奥の部屋へ行けば行くほど、笑いがよく聞こえ、
思い思いのベットカバーをしたり、かわいい本やら寝巻やら。。。
仕切りのカーテンも閉めずにお母さんたちも子供たちもよくおしゃべりしていました。

さあらも膠原病があったのと、免疫疾患があって面会できない日もあり、
入院期間は短くても奥の部屋に入ることが多かったんです。


      「 あ~みんな元気だった~??  」


      「 う~んまた注射になっちゃってね~ 」


とか言いながら、1年ずっと入院しているような子たちと再会したり、
近況を話す時間は、痛くて暗~い気持ちになりがちな病院生活、ちょっと楽しみなところも
ありました。

でもですね。。。



       彼らは見えないところで、泣いているんです。


まだみんな幼稚園生とか、小学生ですよ。

それでもお母さんやお父さん、兄弟と離れて入院し、親に心配をかけまいと
心の奥のほ~で自分の辛さを口にすることなく耐えているんです。

夜になってカーテン閉めると、そっと涙するおねえちゃんたちを、
さあらもよく見ました。

ある日さあらに、


   「   ねぇ、どうして私たちがこんな病気になったと思う?   」


と聞く子がいました。


   「   う~ん。。。なんでかな?    」

と言うと、その子がきらきらした目でこう言いました。


   「 神さまが私たちが耐えられるってわかっているからだよ!!

     私たちは神さまに選ばれて病気になったんだよ。    」


さあらも毎回入院のたび辛い状態でしたが、両親にも兄弟にも、、当然友達にも
大人になるまでその辛さを話す必要がなかったのは、
この子のこの一言にあります。

実のところその子の名前も顔も覚えていません。
何歳だったか。。。。たぶん当時のさあらよりちょっと小さかったので、
8歳くらいの女の子だったと思います。
その子はその後まもなくして亡くなったと聞きました。



    私はそれからずっと

    神さまが見ていてくれていると信じて生きてきました。


理由なんてありません。
何教でもなく、なんていう神さまかも知りません。
でも、病気で辛い時、死ぬという不安で押しつぶされそうで、
でも誰にも相談できなかったあの時、それでも私がじっとだまって耐えられたのは、
その子に「神さま」という存在を教えてもらったことにあります。


神さまが見ている。
私が本当に耐えられるのか。
耐えられると思って与えた病に、本当に耐えられるのか見ている。

うんにゃ。
そもそも結果耐えられるから与えているわけだから、
これは必ず耐えられるもの以外なんでもないんだな。。。


幼いながらに、そんなことを思ったことを覚えています。


そして、母と病院の先生だけが見ていた事実。

私が数日の山を乗り越えて、症状が回復に向かう兆しが出たとわかるそのしるし。
それは検査でもなく症状の訴えでもなく、

     苦しいはずなのに、
     顔がまるで天使のように穏やかで
     何かのひかりに包まれてるみたいだった。 

     あぁこの子は生き返ってきてくれた。


そう思ったとだいぶ後になって母と先生から聞きました。

  
でも元気になって話だすとふつーーーーーーの顔に戻ってしまうらしく、
その話をした後からというもの母は、あ~あ憎らしいのが戻ってきたよ。。と
言いながら仕事に戻るようになりましたが。。。




     え~~~~  かわいい顔してないの~~~ ????


ま。
それは事実だから仕方ないけど。

  ( 一時でも天使に見えたならよしとしよう。。。。。 )


元気な時は忘れがちな感謝と神さまですが、
具合の悪い時、意外とこころは穏やかでいられます。


    病気と共に神さまがいてくれる・・・


以前は不安や恐怖の中必死に耐えるだけのさあらでしたが、
神さまについていろいろと知った今、その愛情とやさしさに感謝する自分がいます。
アルハムドリッラー。


いつも私たちのそばで神さまが暖かい光と共に守ってくださいますように。
私たちがそんな神さまにいつも感謝し、忘れないでいられますように。


おしまい













       
[PR]

# by sarah_51 | 2011-02-07 18:35 | こんなことがあったよ!! | Comments(0)

死ぬ覚悟

アッサラーム アライクム!!
みなさんに平安がありますように!


突然ですが、読者のみなさん「往生伝」って聞いたことありますか??


   何それ? ぜ~んぜん知らな~い!!!


ですよね。。

私も知りませんでしたが、
仏教によって極楽へ往生を遂げた人たちの伝記集だそうですよん。

今日はその中から大坂鹿島氏の娘の六という方のお話を紹介したいと思います。

************************************

 宝永五年(1708)七月中旬、六は麻疹を患い、下痢症状が加わり、
多数の良医に診てもらったが皆一様に

     『わが薬のよくするところにあらず』

とさじを投げる始末であった。
また眼病を患い、両目の痛みは刀をもっと目を切り裂くような激痛をともなうものであった。

しばらくして六の左目は抜け落ちた。六は、

  『目は身体の中で最も大事なところで、家の中の窓のようなものだ。
   私はすでにその大事なものを失ってしまった。
   いったいこれからどうして人生に生きがいを持てるだろうか。

   こうなってしまったからには、早く死にたいものだ。
   どうか使いを遣わして某上人を迎えてもらいたい。
   そして世事を捨て仏道に入る心構えを聴き、これからの心の糧としたい。』

と言う。
両親は六の希望を叶え上人を招いた。
上人から、

  『生を求めても生を得られず、死を求めても死を得られない。
  生死が思い通りにならないのは人間の常のことだ。
  だから死を欲するものが必ず死ぬというわけではない。

  しかしながら、「念死念仏」は大切な用心なので、
  あなたが死のうと思うその覚悟は良いことだ。
  まさに一心に念仏を唱えて浄土に生まれることを願いなさい。』

と諭され、六はことのほか喜んだ。

その後も六は苦しみに悩まされたが、深く上人の教えを体し、念仏に励んだせいであろうか、
心身が安らかになり痛みがひいた。

宝永5年八月十八日、六は父母、親族等に対して、

  『どうか皆さん、努めて念仏を唱えてください。
   お浄土でまたお会いしましょう』

と述べ、言い終わると念仏を三十遍ほど唱えて息を引き取った。
享年十三歳。


**************************************


どうでしょう??

たった十三歳ですよ!

あたし死んじゃいたい!!!とわめいたりして、自殺を試みたりするでもなく、
きちんと尋ねるべき人に尋ね、またその教えをしっかりと受けいれていますよね。

そして上人も叱るでもけなすでもなく(まぁ当然ですが。。)
相手の意思をしっかり受け止め、認めた上で教えを諭しています。

そしてこんなにも穏やかに浄土への希望と喜びを持って最期を迎えた六。。。

いや~。

私もいつ最期という日が来るかわかりませんし、
またこの世で皆に平等に100%あるもの。。。と言えば「死ぬ」ということ。

じたじたバタバタするのでなしに、
いつかわからぬその日に備えて日々準備をしておきたいものです。


おしまい
[PR]

# by sarah_51 | 2011-02-02 18:38 | こんなことがあったよ!! | Comments(1)

大好評のシチュー

アッサラームアライクム!
皆さんに平安がありますように!

え~今日は冷凍のシーフードミックスが
残っていたので、クリームシチューに
してみましたよん♪( ´▽`)

まずはバターでジャンジャン炒めて…
ってお湯がわいちゃったので、
お鍋にも仕事を与えなくては…。


a0188838_2115568.jpg


にんじんさんでも茹でておいておくれ~

炒めた具たちにも、
味付けしちゃいまあす!

でまあ、市販の顆粒ホワイトシチューと
炒めた具を投入!!

牛乳で味を整えたら出来上がり♪( ´▽`)


a0188838_21155774.jpg


あら。
ちょっと大きいはずの具が
平たいお皿で見にくいけど( ̄◇ ̄;)


     いやあ、けっこう美味しかったあ♪( ´▽`)

ちなみに!
ななな、なんと!

   今日はちょ〜ど、
    クリームシチュー食べたかったんだ


と旦那さま…。

   きゃあああ♪( ´▽`)

   さあらったら、旦那さまのテレパシーを!

   うふふ、うふふふ♪( ´▽`)


というわけで、
明日新年会でいないさあらさん。

旦那様は明日もシチュー…。
ひとりにしてごめんなさい。

おしまい
[PR]

# by sarah_51 | 2011-01-28 21:02 | 主婦のこと | Comments(2)

初めてのケーキ♪( ´▽`)

アッサラームアライクム!!
皆さんに平安がありますように!

今日は大好きな旦那さまが、
お友達に誘われ外食中ですの…。

そんなわけでかなりヒマo(^▽^)o
…じゃなくて、余裕があるので!
お菓子にチャレンジしましたよん♪( ´▽`)

さあらさん、自慢じゃあ~りませんが、

お菓子作りキライです♪( ´▽`)

( って…ちとハッキリ言いすぎ… )

あの分量ちゃ~んと計らないといけないのが、もーめんどくさい!!


料理はてきとー♪( ´▽`)


でやってるもので…。

さて、さて。
しかし、最近はレンジでチン♪
計りなんていらんよ~てなケーキが
あることを発見!

やってみましたよん。

まずは、材料ね。

a0188838_19474193.jpg


あ、ベーキングパウダー忘れてた( ̄◇ ̄;)


a0188838_19474272.jpg


業界用語ではBPって言うのね。

で、これを分量スプーンで入れて、


a0188838_19474224.jpg



まぜまぜ♪( ´▽`)


a0188838_19474344.jpg


てか、よくお菓子で混ぜるのに使うやつが
なかったので、スプーンでぐるぐる混ぜましたよん♪( ´▽`)

で、後はレンジでチン♪
600wで二分て書いてあったけど、
うちは500wだから、30秒長くしました!

別に根拠はないけど…。

さあさできた、できた!

a0188838_19474322.jpg



a0188838_19474457.jpg


( ̄◇ ̄;)

……。

ありゃ。

なんだか薄っぺらいのう…。
ベーキングパウダー少なかったかな?

でも味は美味しかった!!

ぺろりと食べてしまった!!

やっぱり計量スプーン買わなきゃ
ダメかしらん(~_~;)

これいろんなの入れて楽しめそう!
でももっと大きいのをがっつり
食べたいなあ…。

おしまい
[PR]

# by sarah_51 | 2011-01-27 19:27 | 主婦のこと | Comments(2)

同居1ヶ月^o^/

アッサラームアライクム!!
皆さんに平安がありますように!

読者のみなさぁぁぁあああああん!!
お久しぶりですぅ〜。

「さあらの奮闘記」を書くはずが、
マジで奮闘しすぎてしまいまして。。。。。042.gif

いや〜出した、出したぁ高熱3回!!

    ふっくおか寒いぜ!イエイ!!

    乾燥してパリパリだぜ!イエイ!!

    おかげでラブラブだよーーーーん♡ イエイ!!エイ、イエイ!!

ってそこは別に関係ないか。。。

まぁとにかくこの1ヶ月で3度も熱で我が身を高温殺菌し、
セキで腹筋を鍛えまくり、新しい職場へ向けての準備かーーーんぺき^o^/

てなわけで、
家事、妄想育児、パートに旦那さまのお世話とラブをこなす日々が始まりましたよん。

 ( ってなんか変だなその日々。。。。)


結婚前は、

「私、おにぎりしか作りませんよ。。」

と、特大おにぎりを見せていたさあらですが、
「意外?」にもおにぎり以外の食事をどーにかこーにか作っとります。

しかも!


   想像以上に作るのが早い!!^^ V

じゃ〜ご飯作ってくるね〜と言って戻ってくると、

  ( 15分くらいかしらね〜 )


   え? ?? もう!?


と言われることがほとんどですのよん♪ おほほほほ。

ってこれ自分でも想定外。。。
もしかして主婦しちゃってるわけなの???
とまだ夢のような気持ちで日々やっておりまする。。。。

さてこれからはツイッターで速攻夕食メニューなどを
つぶやいたりせずに、わが「奮闘記」のネタに残しておこう!!

( ってせこくね? それ。。。  )

色々ありすぎて書けない1ヶ月でしたが、

 ( そんなになんもないのですがね。。。)

念願叶った旦那さまとの同居♡
振り返ってみて思うのは。。。

    やっぱり一緒が一番♡♡

    結婚するのが一番!!!!^o^ /

読者のみなさぁあああん!

    彼氏、彼女なんて全然つまらなくてよ!!!

    いや〜〜〜ほんと結婚っていいわぁ〜〜〜^^


皆さんにいつもとびっきりの幸せと心穏やかな日々がありますように。

おしまい
[PR]

# by sarah_51 | 2011-01-26 21:58 | 主婦のこと | Comments(3)