<   2016年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧

障碍者という枠組みは幻想でしかない  

障碍者という枠組みは、
実のところ健常者だと思い込んでいる
人たちが作った妄想の枠組みでしかない。

そう思う。

私が理学療法士として
出会う患者さんたちは
皆、いわゆる難病や障害や病気を持った人たち。

理学療法士の養成校でも
disability
という言葉を習う。

abilityという能力が
失われた人たちに使う。
能力障害とかハンディキャップとか
障害ともいう。

でも実際は、
能力障害どころか、
健常と言われている人が

耐えられないような
できないようなことが
できたり、
できるようになったり

健常者の私ではとらえることのできない
色覚や感覚を持っていたり
小さなできごとに
とても感動する、感謝する
素晴らしい心を持っていたり。

到底disabilityとは思えない。
生命の力と神秘を教えてくれる人たちだ。

もちろん、
時に大泣きしたり、
絶望したり、
落ち込んだり。

でもそれって当たり前のことでしょう? 
だって常に、健常っていう幻想の枠組と
自分を比べていなくちゃいけないのだから。


健常だと思っている自分も...
ある特定の枠組みの中に入れば、
自分がいかに能力がないか思い知るだろう。

障碍者という幻想の枠組みで
自分よりも弱く、
かわいそうだと思い込んでいたその人たちは、
そうではなくて、
自分よりもうんと強くて
格好良くて
正直なだけ。

そしてその一見不平等に思える枠組みは、
神さまの許では全く異なる枠組みで迎えられ、
いつの日か、その公平さを目の当たりにするだろう。

アッラーは、
その困難さにおいて、
その忍耐の度合いにおいて
決してそれに報いない方ではないから。

たとえ小さな不安であっても。
その全てをご存知だから。

アッラーが私たちを思い込みの闇から救ってくださいますように。
私たちの困難さにおいて、その忍耐に
ご満悦がありますように。

おしまい 



[PR]

by sarah_51 | 2016-11-30 22:22 | Comments(0)

シリアの家庭料理 マクドゥースは美味しすぎてやめられない

マクドゥースとは
a0188838_17313189.jpg
簡単に言うと、

小ナスのオリーブオイル漬け 

でしょうか。

大きなナスではなく、
手のひらよりも小さなナスで作る
シリアの家庭料理のひとつだそうです。

シリア人の友人が
私が以前これを食べた時に、
美味しい美味しいと言って
いたのを覚えていてくれて、
わざわざ漬けておいてくれたんですねぇ。

アルハムドリッラー! 
(アッラーのおかげ!)

小さなナスを見つけた時
マクドゥースが作れる!
と思ってすっごく嬉しかったとか笑。

こちらまで嬉しくなりますね。

なすの他には、クルミやパプリカ
にんにく、唐辛子が入っており、
塩とオリーブオイルで瓶漬けして
2週間以上おきます。

お肉は一切入ってないはずなのに、
私は初めて食べた時、
なんか餃子食べてるみたい~
と言った記憶がありますが。

さあらさんが前に
ヤクザみたいって
言ってたヤツ~~~!

と嬉しそうに、、、、 

ぐふww 

ギョウザやろー!ギョウザー!
と大笑いで。

ヤクザとギョウザ、、、
似てますね、発音w 

a0188838_17314660.jpg
トルティーヤに包んで食べると美味です。
塩味が苦手な方はチーズもいっしょに巻くと
さらにぐーーーーー!!!

とまらなくなるので要注意です!!
(写真は控えめにのせてますが、
 本当はガッツリ食べまくっていましたw)

シリア人の方が作るマクドゥース。
日本でも購入できます。

▽シリアンハンド 
http://www.syriahands.com/product/makdous/

ぜひお試しあれ!

おしまい 





[PR]

by sarah_51 | 2016-11-28 17:51 | イスラーム関連なんでも | Comments(0)

人間は錯覚の動物。写真からは見えない真実とは!?

我々をとらえた
なんとも仲睦まじい1枚の写真。

a0188838_23335718.jpg
いやぁ笑ってますね。
2人とも。

何やら楽しい話で
盛り上がってるのでしょう。

きっと何も知らずにこの写真を
見る人はそう思うかもしれませんが。

いえ。
全然そうではなくー。

この時まさに我々は
互いに罵り合っていたのです!

なんか○○って奴の
言うことばっかり最近聞いてー!
僕の言うこと聞いてくれないじゃんー。

言っとくけどねー。
○○さんは塾の講師で、
私は出された宿題をやってるだけでしょーがー

と言い合っていたのでありますww 

まぁどうでもいい話ですけどね。

最後はスルターナに制圧されている旦那さま。 
a0188838_23342111.jpg
写真だけじゃわからないもんですよね。

この日の夕食は、
福岡市東区にある

インド・エジプト料理 花 
https://www.facebook.com/hanaoishii/?fref=ts 

以前、ナビさんというお店でしたが、
オーナーさんが変わって、これからいろいろ
メニューも新しくしていこう!というとこらしいです。

毎週土曜日の夜、
大人ひとり1500円のバイキングやってます。

a0188838_23363613.jpg
これは写真の見た目以上に!
美味しかった!! 

よろしければぜひ!! 

おしまい 



[PR]

by sarah_51 | 2016-11-27 23:56 | 旦那さまと私 | Comments(0)

遺伝性血管性浮腫ってご存知ですか? 

先日新しく発足した
難病を持っているセラピストで作る

日本難病セラピスト協会 
http://incurable-disease-therapist.jimdo.com/会員紹介/ 

こちらに私も参加させていただくことになりました。

難病があって
医療従事者で
難病のことに情熱があるぞー

って人が入れます。
ぴったりじゃーん笑 

ってことで。

ブログを書かせていただきました。
http://ameblo.jp/incurable-disease-therap/entry-12222758979.html?frm_id=v.jpameblo&device_id=a19b69831b1d4773bf9796010ff117ab 

遺伝性血管性浮腫そのものが
まだまだ医師を含め、
医療従事者に知られていない疾患なので。

医療職の人たちに
まずは知ってもらえる機会が
あるといいなぁと思いつつ。

私もだー!
っていう方がいたら、
ぜひ一緒に情報発信していきましょう♪ 

なんといっても
活動場所がネットなので。

世界中どこへでも
行き来できちゃいますね♪ 

今度はSkypeでお茶会もあるそうで。
楽しみです。

アッラーが病気のある
全ての人たちに癒しを授けてくださいますように。
病によって私たちの間に
多くの祝福と恵みをくださいますように。

おしまい 




[PR]

by sarah_51 | 2016-11-26 22:12 | 遺伝性血管性浮腫(HAE) | Comments(0)

プロフィール写真はちゃんと撮ってもらった方がいい理由

それはびっくりするほど

自分らしさを
引き出してもらえるから。

そして
自分がうんと好きになるし。

でもってさらに、
旦那さまが惚れ直してくれました(笑)

これ凄い効果じゃないですか?w 

独身時代にこうやって写真撮ってたら
もっといい旦那をゲットできたんじゃない??

とかなんとか言いよりましたけどw 

今回同じ日本人イスラム教徒で
大親友の写真家、Layali(ラヤーリ)さんに
撮影をお願いしたこともあり、

私も普段通りに
あれこれ言いながら
笑いながらの撮影会

撮影中楽しいこと
考えてみようってことで、

旦那さんのこと考えて~

って言われて考えたら、
だ~~~いぶニヤニヤ
しすぎてしまい却下ww 

じゃ博多帰りまーーす!!
っていうので撮ってみたり笑

自分が何を想っていると
いい表情なのかとか。
そんな顔になるのか!
とか。
こんな顔もするんだーとか。

いろいろ自分がわかって
すごく楽しかったです。  

これは最後に遊びで撮ってもらった1枚。

a0188838_23495199.jpg
東京の代々木上原にある
東京ジャーミィで撮影。

北風がぴゅーぴゅー吹いてて
寒かったのだけど、
楽しさがでまくっているざますよね?w

というわけで、
このブログのプロフィール写真も
しばらくこちらにしようと思います。

みなさんも、
ぜひプロフィール写真。
撮ってもらってはいかがでしょう??

おしまい 









[PR]

by sarah_51 | 2016-11-25 23:06 | 旦那さまと私 | Comments(1)

旦那さまが妻不在中にジハードをしている!? 

ジハードとは、
奮闘努力という意味です。 

いったい何の奮闘努力を
していたのかというと・・。 

「浮気しないでがんばった!」

のだという・・・(-"-) 
ほんにまぁ、ようがんばりましたことー。

ジハードを、TVの影響でか、
テロのことだと思っている人も
多いようですけど。

実際にはアッラー道において
自分自身が奮闘努力すること。
それが大ジハードと呼ばれる
メインテーマなんですよね。 

その中には、
自分の様々な欲と闘ったり、
苦手なことややりたくないことでも
善いことの方を選択したり。

そういうのもあるわけで。

私が1泊2日出張でいなかった間に、
旦那さまは、

部屋も散らかさず
普段は全くしない
いや、やりたくもない
洗濯物もちゃんと干してあって
そして、そして、
そうそう浮気もせずに!(笑) 

まさに自我との間に
奮闘努力!
してたんですね~。 

というわけで。

えらかったねぇ~(´▽`*) 
がんばったね~(´▽`*) 

と褒めてあげたです。
なんだって、
口にちゃんと出すことって
大切ですよね。 

そして、 

あんたの顔見たら腹減った
なんか安心したんかな

a0188838_19583931.jpg
と言いながら、
見よ、このうっれしそうな
キラキラな目で、
うっきうきな旦那さまw 

そしてもちろん、

さあらがおらんくて
寂しかったとー??? (*´▽`*) 

と愛の押し売りを
さらにされる旦那さまなのであった。

今日も我が家は平穏です。

みなみなさまにも平安あれ! 

おしまい 

 



[PR]

by sarah_51 | 2016-11-24 20:18 | 旦那さまと私 | Comments(0)

ピコ太郎がアラビア語になると!? 

ピコ太郎をアラビア語で書くと 
a0188838_22013286.jpg
こうなる。

Google先生も
そう教えてくれるそうだ。

ぜひやってみて
「ほんとだ!」
と思ってクスクス笑ってくださいな。

しかし、このアラビア語。
実は「ピコ太郎」
ではなくなっている・・・。

アラビア語には「P」の発音がない。

また、母音も「あ・い・う」
のたった3つしかない。

なので、
さっきのアラビア語を
より正確に読むと、

「びぃくぅたーるぅ」

というなんだかもう
全く別の開けゴマ的な
暗号にしか聞こえない・・w 

ところでPの発音がないと、

「ペン」は「ベン」に
変わってしまう・・・ 

さあら、
ベン ブリーズ (Pen Please)

と言われ、
いや、、ここでその、、それは
出せないでしょうwwww

と勘違いしていた頃が懐かしい。。 

ピコ太郎のアラビア語版動画。
https://www.youtube.com/watch?v=vbJqr3XXHtk 

思い切りその「ベン」ぶりが
よくわかるのでぜひ聞いてみてくださいw 

あなたの知らないオモシロ世界の
扉が開きますように!w 

おしまい 



[PR]

by sarah_51 | 2016-11-23 22:48 | イスラーム関連なんでも | Comments(0)

旅路こそ飲みたい一杯。

白湯。

a0188838_00122502.jpg
本日は江戸の白湯を飲んでおります。

旅は疲れがつきもの。

楽しくても、
疲れても、
普段とは異なる時間で
異なる食べ物を食べ、
出会いもたくさん
あるだろう。

だから、
旅路こそ飲みたい一杯。

身体にぐーんとしみていくざます。

ところでこれ何かわかります?

a0188838_00131968.jpg
ガラケーに水タンク付きみたいな。

開くと、、、

a0188838_00133277.jpg
電池のいらない加湿器だそうで。。。

江戸にはオモロイもんが
ありますなぁ。。。

ちなみに、
旅人のドアー(祈願)を
アッラーは必ず受け入れて下さるそうですよ。

みんなみんなに祝福あれ!!

おしまい


[PR]

by sarah_51 | 2016-11-23 00:18 | おでかけのこと♪ | Comments(0)

難病持ちの理学療法士ができること 

私はがんばる誰かを
応援するのが好きだ 

自分自身も
遺伝性血管性浮腫という
稀少・難病疾患だけど。

でも理学療法士として
出会う患者さんは
いつだって
誰よりもがんばっていて
実はすっごく輝いていて 
ものすごい可能性を秘めている。

難病であることの
辛さや悲しさや
大変さもそれぞれに
たくさんあると思うけど

でも私はいつも想う。

難病じゃなかったら
会えなかった出会いも
声をかけてもらえる
人の優しさに触れる機会も

自分の傲慢さに気が付かず
身体をいたわることも知らずに 
自分勝手な人生していたかも
しれないから。

難病でありながら、
医療職として働き、
患者でありながら、
医療の発展に貢献したいと
思いつつ。

そして患者さんと
その人の周りの
全ての人たちの
環境を良くしたいと思う。

身体的なことから、
精神的なこと 
実際の医療環境。

さまざまことを
難病であり、
理学療法士である
私が発信できる場所。

難病セラピスト協会 
http://incurable-disease-therapist.jimdo.com/ 

お友達が立ち上げてくれました。

難病なおかげで、
入れました笑 

アッラーが私を
善いことに使ってくださいますように。
全ての病にある人たちに、
癒しがありますように。 

おしまい 

遺伝性血管性浮腫患者会 HAEJ 
http://haej.org/ 

HAE情報センター 
http://www.hae-info.jp/ 

[PR]

by sarah_51 | 2016-11-21 23:37 | 難病関連なんでも | Comments(0)

好きなことだけじゃない!?イヤイヤしていたことも役立つことがあります

4歳の頃、
近所の人が海外赴任となり、
ピアノを我が家で預かることになった。

せっかくだからと
近所のピアノ教室で習うことに。

小学校を卒業するころには
もうそれほどやりたい気持ちもなく、
しかしながら、
母と先生の勧めで何やら専門の先生に変わり、
高校に入ってからは
さらに辞めたくてたまらなかったが、

他にできる科目もなく、
母が音大へ行かせたがったので、
仕方なく続けていた。 

やる気もなく、
楽譜もまともに読めない私だったが、
残念ながら?音大に合格してしまう。

けれど、どうしても音大に行った先の
仕事や、将来のイメージが持てず
どうしても手に職をつけたかった私は、
母の期待を裏切って
理学療法士の道を選んだ。 

ところが、
それから15年以上経ち、
旦那さまに出会ったその日に
結婚。 

急だったので
あまり過去のこととか
話すこともなかったのだが。

旦那さまがふいに 

ショパンの幻想即興曲を
弾ける人と結婚したかったんだ 

と言うではないか。

「それ私弾けるけど」

と軽く言った時の
彼の驚きようを今でも覚えている。

そう。
それは音大受験の際、
大学教授にガッツリ叱られながら
習っていた曲であり、
私が最後に習った曲であり、
それ以降ピアノのフタを閉じることを
決意した曲でもあった。 

あれほど嫌だった
思い出のその曲は、
特訓させられただけあり、
案外覚えているもので笑。

結婚直後、
実家でものすごい久しぶりに
弾いた私は、
とてもへたっぴだったが、 

旦那さまは、
願いが叶った驚きと喜びで感涙し、
私は彼にとって、

僕の人生で初めて
最後までその曲を生演奏した人

という歴史に刻まれ、
神さまが僕に選んでくれた人なんだ、
という確信と共に、 
心から感謝してもらえるという
栄誉をいただきました笑。  

ほんと、
今が未来のどこにつながっているか
全然わからないから。 

今、嫌だなーー
っていうものがあって
仕方なくやっているとしても、

元気だしていきましょう~。

後から、
なんだ~!
そういうことだったんか~
っていうことがあるかも。

インシャーアッラー 
(神さまがお望みなら) 

がんば~(´▽`*) 

おしまい 







[PR]

by sarah_51 | 2016-11-20 23:57 | 旦那さまと私 | Comments(0)