<   2014年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

トロント事件④ 

アッサラームアライクム!
みなさんの上に平安がありますように!!

さあ!やっとワシントンに向けて出発♬ 
旦那さまとは2時間違いの飛行機ですが、
まぁ問題ないでしょう!!! 

というわけで予定外に入国したカナダを出国することに♬ 

ところが旦那さま・・・

さあらと一緒がいい・・

と言い出したざますww

お出かけはいつも一緒ですからね~。 
って!

出国審査が
心配ざますかw


旦那さまもそこそこ英語ができるんですがねぇ・・・。
なんか聞かれたりするのがドキドキしちゃうみたいで・・・w

仕方がないので一緒に出国審査を受けることに。

さあらがちゃんと答えてよー。
いろいろ聞かれたらやだよーどうしよー。

と言っている旦那さまをよそ目に、出国審査の係りの人を見ていると・・・

あれ?

昨日入国審査にいた

おじさんじゃーん!

思わず、わあ!
っと手を振ってしまったさあら・・・www

おじさんも、

うわ!!

とびっくりしながらも、こっちおいでおいで・・と手招き。

実はこのおじさん、日本語がすこしできるんです。
カナダに入国する際に、日本語担当の方を呼んでくれていて、
カタコトの日本語でしたが対応してくれたのがそのひとでした。

昨日の夜中見たね
で、また今
同じ顔!!
びっくりー!


と驚きを話してくれたおじさん♬ 

そうそう~。ほんとはあの日ワシントンに行ってるはずだったのよ~。
飛行機がキャンセルになっちゃってね~。
おじさんどこに住んでたの?
沖縄?? 
へ~~!だから日本語上手なんですね~♬ 

と英語でいろいろ話しながら(そんな出国審査あるのかなw) 
手続きは非常にスムーズに進み、
おじさんのおかげですっかり和みムード♬ 

気をつけて、楽しんでね。
あなた英語カンペキ!天才!

とか褒められつつ笑、 

行ってきま~す♬ 

とおじさんにバイバイしました♬ 

さああとは待つだけ♬ 

a0188838_22192688.jpg


早めに来たので2時間はたっぷり待ち時間もあるし~。
と思い、昼ご飯を食べたり、椅子に座ってリラックスしてました。 

すると、

女性ひとり旅♬ 


という感じのムスリマちゃんが。。

ムスリムの女性は旅行のときは大抵ご主人か家族が一緒なので、
ひとりでいるってすごく目立つんですよね。 

せっかくだから、話しかけてみようかな♬
と思ってあいさつをしてみることに♬ 

アッサラームアライクム~ 

ワアライクムッサラーム^^ 


そう・・・どこでも通じるのがこの言葉ですよね~♬ 
アルハムドリッラー!

アフリカからカナダの大学に留学して卒業したばかりという彼女。
これからちょいと遊びに行くのだとか。 

トロントのムスリム生活について訪ねてみました。 
でもびっくり!どこであれ
5分以内に
歩いてモスクがたくさん!


あるのだそう!
各モスクもたくさんのイベントがあったり、イスラミックスクールやプライベートレッスンも非常に充実
していて、勉強するにも適した環境だそうです。 

日本の事情やヒジャーブを仕事でできないひとも多いことなどを話すと、
あっさり、

「仕事で外す? そんなことはここではないわ^^ 」

と。 
確かに空港にはヒジャーブをしたまま働く女性は普通にいましたし、
シーク教徒の方たちも多く見かけましたが、
みなさん自然に仕事をしていました。 

信仰をもっている

ということが、別になんの壁でもなく、
むしろ当たり前であって、相手を知る上でわかりやすいものでもあるという印象でした。 

トロントのムスリム社会が非常に安全で、自然な生活をしていることに、
そしてその教育に関しても熱心になされていることに、
新たな発見をした感じで、非常に嬉しい気持ちでした♬ 

さてさて・・・
飛行機ですが・・・。

ゲートNO.がコロコロ変わり、
すぐ隣のゲートなのですが、
あっちの番号だといってみたり、
いや、今度はこっちです・・・・・の繰り返し。

挙句の果てには

またもや遅延ww 

まぁね、でも遅れても今日中なら別にいいや♬
( 全然気にしないw )

と思って待っているうちに、旦那さまの飛行機の搭乗時間が・・・w
まぁあれこれありましたが、

ほぼ同時に搭乗!

広いターミナルを全く別々の場所に到着した
我々夫婦でしたが、旦那さまの便名を確認してターミナルを移動中のさあらに、


さあら♡ 

と呼ぶ声がww 

おういえ~~~ぃ!

旦那さま~~~~


ではあ~りませんか♬ 
ほんと、奇跡的?にたまたま遭遇したのであります♬ 

着いたぜ!
アメリカ~~!


a0188838_22202014.jpg


いや~よかったよかった♬ 
別に今までなんの縁もゆかりもないアメリカでしたが、
国旗を見て、あ~着いたんだな~と実感しました。 

もうあとは簡単、そこらで適当にホテル行きのバスを確認して、
無事に滞在予定のホテルに到着♬ 

a0188838_22211639.jpg


着いたら、フロントの人もカンファレンスの関係者の人たちも
みんなみんな事情をわかってくれていて、

どこから来たの~~!
やったね~~~!
よかったー!!


と大歓迎してくれました♬
アルハムドリッラー。 

もう着いた途端、そこが昔からの親戚がいる家のような雰囲気で、
とても嬉しかったです。
 
たくさんのいろんなことがありましたが、
その分、その後の全てがとても幸せで、みんなが温かくて、
嬉しい滞在となりました♬ 

おしまい 
[PR]

by sarah_51 | 2014-05-27 22:30 | おでかけのこと♪ | Comments(0)

トロント事件③ 夢のおつげ 

アッサラームアライクム!
みなさんの上に平安がありますように!

「トロント事件」に「夢のお告げ」

怪しすぎるタイトル!

まぁいっか←オイw 

あとはワシントンへ行くだけだな。
そう思いつつ寝落ちたワタクシですが。。。

夢の中でアバヤのポケットをゴソゴソしていたです。 
すると・・・。

あれ?
なんだこのカード?


とやっている自分があり。
ふと見てみると、それは昨晩たった3時間ほどいたにすぎない、
ホテルの名刺。 

実はその裏に部屋番号を書いて鍵と一緒に渡してくれたのですが。 

普段なら、そういうものってホテルを出るときに、
全部ゴミ箱に捨ててくるんですよね、私。 

でも夢の中でそれをゴソゴソやって・・・。

そしてなぜか冷蔵庫を開けているシーンが・・・。

お腹がすいている
のではありません!!ww 


そこではっと目が覚めて、
あわててカバンの中を見てみると・・・・

ない!
ないのであります!


実はとても大事な持病の薬を持参していて、
常温でも大丈夫なのですが、25度以上になると保管が怪しくなってしまうのです。。。

来るときは保冷剤を一緒に入れていましたが、
すでに丸1日くらいの移動と前日の空港での待機もあって、
心配ですぐに冷蔵庫に薬を入れたんですよね・・・。 

すっかり
忘れてきた・・・・


のであります・・・>< 

ああああ・・・・あれほどメモを・・・と思っていたのに。。。
あまりの疲労ととにかく少しでも寝ておかなくては・・・という気持ちで、
すっかりその存在すら忘れてしまったのであります・・・。 

もちろん部屋を出るときには、忘れ物がないか、
何度も見ましたが、肝心の冷蔵庫を開くことはありませんでした・・・。 

もう空港に行く時間まで

40分しかない・・ 

急いでだんなさまに報告すると、
案の定・・・

アホか!

が飛んできたでしゅ・・ぐすんぐすん。

まぁ仕方ない、こればっかりは本当のことゆえ・・T_T
と思い、これまたまだ寝起きのリーダーさんに、
事の次第を伝えると・・・。

当然

びっくり・・・

ところが、
夢の通り、なんと私のアバヤのポケットに!

あの名刺が!!

あるではあ~りませんか!!
しかも部屋番号もしっかり書いてある~~!!

というわけで、早速電話してもらい、探してもらうことに。
薬なら処分しちゃうはずがない・・というホテルの方。

あれこれありましたが、ともかく発見!
とにもかくにも今いるホテルまで

届けてくれる!

という・・・。
カナダの人の時間感覚は全くわかりませんでしたが、
とりあえず、言われた時間にホテルの下で待つことに。。。 

すると・・・

ちょー速攻
届けてくれた~~!


のであります!

ありがたや~~~。

a0188838_7465793.jpg


しかもお掃除の方がちゃんとビニル袋に入れて、保管してくれてたみたい。
カナダドルで15ドルで・・・と言われていたのですが、
カナダに滞在する予定がなかった私たちはやっとこ見つけた10ドルで勘弁してもらい、
アメリカドルでほんの少しチップを払わせていただきました・・・・。 

空港行きのシャトルバスにも十分間に合って、
あとはカナダを出国すればOK♬ 

となりました。 

それにしても、そんなアホなさあらに、

どうしてちゃんとメモをしなかったの?
今度から気をつけて


などなどいろいろ言えたであろうリーダーさんは、
一度も私を責めることなく、それどろことか、


勉強になりますね^^ 
ともかく連絡して
みましょう!


とあれこれしてくれたのであります。 

「 いいんですよ、大丈夫 」

と言われるよりも、なんかこう・・・

ほっとした

でしゅ。 アルハムドリッラー。 

旅人のドゥアーは必ずアッラーが受け入れてくださると言われています。

もうこの方たちが無事にワシントンに来れるよう、
また自宅へ無事に帰れるよう、移動中ずっとお祈りしよう・・・。

そう思ったであります・・。

さあ!あともうすこし!

なにがあるかワクワクしながらの出発です。  


つづく 
[PR]

by sarah_51 | 2014-05-27 07:56 | おでかけのこと♪ | Comments(0)

トロント事件②

アッサラームアライクム!
みなさんの上に平安がありますように!!

トロント事件つづきでしゅ・・。

はてさてどうなることかと思ったカナダはトロントでのまさかの飛行機キャンセル・・・。

リーダーさんのちゃんとしてくれるまで

私は動きません!

な素晴らしいねばりに、やっとことさっとこホテルを手配してもらえ、
移動することに・・・。

でもなんともしてもカンファレンスに参加しないと!
というみんなの想いもあり、誰ひとりとして、

もうこの際

トロントで遊ぶ??

って人がいない・・・www

・・・というわけで。

ホテル滞在は

たった3時間弱!

で空港が開く朝の4時には到着するべく、ホテルの人に協力してもらい、
朝3時半過ぎにシャトルバスを出してもらうことに。。。

でもやっぱりホテルの人も、

キャンセル待ちしたほうがいいのでは?
もしキャンセル待ちできずに、もう一泊するとなったら、
それも空港会社にがんばって交渉したほうがいいですよ!

と応援してくれたのであります。 

いい人たちだな~

・・・というわけで・・。

シャワーと仮眠1時間くらいで、

いざ出発♬ 


たった1時間くらいの仮眠でしたが、
熱いシャワーを浴びれたのと、やっぱり体を横にできたのは全然ちがかった!

心なしかみなさん元気になった感じ~で、

早速交渉開始!

もうとにかく、1席でも空いたら入れてもらおう!
という作戦でお願いお願いお願い~~~~。

それに今朝の担当者さんは、

ちょ~できる人!

って感じで、こちらの大変さも理解してくれ、
どんどん何やらやってくれてる感じが伝わってきました。 

でもここでまたもや問題浮上・・・・・。

そう。。。

海外旅行初めて!

英語はちょっと・・・


という人たちが大半のグループなのでありますwww

なので、例え1席空いても、

はい、一人で行ってね♬

ってのはちょっとかわいそ過ぎ>< 
でも我々夫婦は

なんとかなるかも・・

ということで、

やっと取れた2席で、我々夫婦だけ先にワシントン入りすることに。

って言っても・・・

別々の飛行機

ですがww
まぁ一人でもなんとかなるでしょう♬ 

あとの人たちはまたホテルを取ってもらえたので、
もう一泊トロントにして、翌日またキャンセル待ちも考慮して来ることに。 

そしてなんと!

ホテルグレードアップ!

してもらえたですよ~~~。
リーダーさんえらい!!!
ホテルと空港で使えるクーポン券もつけてくれたので、
それでごはん食べれる~~ということに♬ 

一旦みんなが泊まる予定のホテルへ移動し、
家を出てから初めて?の

まともな朝食!

・・・ってほんとにガツガツしていたのか、

全く写真を撮っていませんww

我々夫婦の便も午後からということで、
朝食後はリーダーさんのお部屋をシェアさせていただき、
仮眠することにしました。 

アルハムドリッラー!

前日のみんなのちょー素晴らしい忍耐に、
きっとアッラーがたくさんのご褒美を用意してくださっていると思いつつ。。。 

気がついたら眠りに落ちておりました・・・。

事件が続くとも知らずに・・・ww

つづく 
[PR]

by sarah_51 | 2014-05-27 07:27 | おでかけのこと♪ | Comments(0)

トロント事件 

アッサラームアライクム!
みなさんの上に平安がありますように!!

ものすごいタイトルざますねぇ・・・。 

しかし

マジドキドキでしたわ

先日も書きましたが、所要でワシントンへ行く道中。
カナダはトロント経由で行ったんですよね。 

福岡→成田→トロント→ワシントンという日程。 

福岡空港で全部チェックインしようと思ったんですが、
時間が早すぎてトロントーワシントン便はまだできない・・と言われ、
トロントでやってください・・との言葉をそのまま信じていたのですが~。 

成田でほかの方たちと合流しての出発。
13名での移動ですが、海外旅行が初めて!という方もいました。 

そんな中、まぁいろいろありながらも、

トロントに到着~。さあトランジット手続き♬ 

と思いきや・・・。

全然順番がまわってこない>< 

カウンターはあるのですが、
ずっと同じ人がずっとずっとずーーーーっと
手続きをしていて、全然動かないのです・・・。

スタッフの人も電話したり~集まってきたり~
また電話したり~パソコン見たり・・・。

何やらやっているのですが、全く進展なさそう・・・。 
で、前の人に

なにかあったんですか?

と聞いてみると、

飛行機がキャンセルになったのよ

と・・・。
聞けば天候不良で飛行機がキャンセルになった便があり、
キャンセル待ちの対応でずっとずっと受付が回っていないのだとか・・・。 

ええ!
私たちのは??


と思った聞いたら、

あ、それ
遅れるって出てるわよ。


とww

え~~!
まぁでもこの分じゃ実際飛ぶはずだった飛行機の時間に手続き間に合わなそうだから、
よかったか・・・などと思いつつ、もう夜9時まで飛ばないという飛行機と到着時間の疲労を
心配しつつ待つことに。 

やっとやっと順番がまわってきて、
念のため・・と思ってしておいた、ホテルの住所コピーやあれやこれやが役にたち、
私たちの手続きは案外スムーズに行ったのですが。 

え?
荷物が届いてない?


今度は同じグループの別の御夫婦の荷物がどこへやら・・・・@@ 
チェックインしたときに、なぜか座席表示がでなくて、
確認しようと私たちの後ろに並んで待っていてくれたのですが・・・。

えーーーー!?

まぁトランジットではよく聞く話ですよね・・・・。 
やれどこぞの飛行機にのせてしまった・・とか、
もうすでにどこぞの国に着いてしまったとか・・・。

そんなわけで我々夫婦は今までの海外旅行、
荷物を

預けたことがないwww

のですww 

いったいどれくらい待ったのか、ともかく13人全員一緒に手続きしたほうがいいだろう・・
とみんなで常に一緒に待っておりましたが、

90%荷物はない!

と言っていた某空港会社ですが、
アルハムドリッラー、無事に手元に戻って参りました♬ 

よっしゃ、これでトランジットできる~~~う♬ 

などと喜んで移動していると・・・。 

えええ!?!?

また遅延??


そう・・・夜9時に遅延ですが飛ぶと言っていたワシントン行きは、
またもや遅延で夜中の1時に飛ぶとか飛ばないとか・・・。 

でもあと数時間なので、ここで待つしかないっすね~。
と待っていると・・・。 

ええええええ!

今夜は飛ばない!?
 

ってもう夜中ですお・・・T_T 

それに実は大切なカンファレンスに参加するために来たので、
その日に間に合わないとマジ困るんですが・・・・

ということで、

キャンセル待ち

をガンガンすることに・・。 

もうあの空港おなじみの歩くベルトコンベア?みたいなとこの脇に
みんなでちょこんと腰掛けて、キャンル待ちの手続きを、
グループの代表と副代表の方にお任せしつつ待つことに・・・・。 

でも、どうもかわいそうに見えるようで・・・・。 
通りがかりの人がパンとか分けてくれましたよ・・・www 

通常飛行機会社の都合で便がキャンセルの場合、
その日のホテル滞在費やホテルの手配などは航空会社がするようなんですよね。
ところが、この航空会社が全然その手続きをしてくれない!

でもキャンセルのための振替えの座席はおろか、ホテルもとってくれないのでは、
もう私たち路頭に迷うことに・・・>< 

代表も副代表もガチでがんばってくれてました。 

でもその間にも同行者の方たちの疲労と不安な様子はどんどん進むばかり・・・。 

せめてゆっくり座れるイスでも見つけなくちゃ・・。 
そう思って、空港内のレストランを全部見てまわりましたが、
夜中ですよ? 
当然みんな閉まっていて掃除やら何やら始まっていました。 

でも最後にまだ明かりがついていて、人がいるレストランに閉まっているか
だんなさまが聞いてみると、

「 うん・・・まぁもう店は閉めたんだけど・・・ 」

と。 
クローズという言葉を聞いて、すぐに振り返って、
ダメだ。ここももうしまってる。

というだんなさまの言葉を流して、私はその

「だけど・・」
という言葉に食いついた。 

「 私たち飛行機がキャンセルになってしまって、ホテルもまだ決まってないんです。
 イスだけでも座らせてもらえませんか?? 」

と思い切って話してみると、

「 ええ? どこ行き?ワシントン? カンファレンスがあるの? 
  そりゃ大変だ。 でも彼らはホテル用意してくれるだろう? 」

と。 

「それが全然。。今リーダーが一生懸命交渉してるけど、キャンセル待ちの対応はおろか、
ホテルも出してくれそうにないです」

と話すと、そのスタッフのお兄さんが、

マジかよ!

って感じで、いきなり火がついちゃって・・・ww
そこにいたほかのスタッフの人に確認して、

「なに⁉ それはなんてアンフェアなんだ!
ようし!サンドイッチくらいなら、作ってやるから、ホテル代くらい出せ!
と戦ってこい!がんばれ!イス?いくらでも座っていいよ、みんな呼んできなよ!」

と言ってくれたのです。。。

ありがたや~


早速ほかの人たちにも話すと、背もたれもない椅子でもないところに
みんなずっと腰掛けていたので、それはよかった~と。 

本当はそこはお皿でお料理を出すんですが、お兄さんたちの好意で、
ランチボックスを用意してくれて、バーガーに通常はついてないサラダや、
マフィンなどもちゃんと温めて出してくれました。(もちろんお金はちゃんと払いましたよ♬ ) 

本当にその何もかもが嬉しかったです。 

日本人の感覚なのか、そうしたときは自分でホテルとか探さないといけないのかな・・とか
思ったり、カードの付帯サービスに電話しては?という方もいたりで、
どうしたものか・・・という思いでしたが、彼らの、それは出してもらうべき!がんばれ!!

という言葉に勇気づけられた感じがしました。 

ところが!

みんなを呼んで、食事をとろうと思っているとき、
お兄さんが、

「 ここの空港には実は24時間はいられないんだよ。  
  僕たちは全然ここ使ってもらってて構わないけど、空港の関係者たちは多分、
 もうすこししたら、みんなのことを蹴り出してしまうよ・・。 
  ホテルはどう?がんばってる?あきらめたらダメだよ。がんばって!」

と言うじゃ~あ~りませんか!!

そして念のため・・と24時間空いてる空港の外の喫茶店なども教えてくれました・・・。 

ええええ!!

ホームレス@トロント??


どうなるトロント。


つづく・・・・ 
[PR]

by sarah_51 | 2014-05-25 22:46 | おでかけのこと♪ | Comments(0)

世界のモスク巡り@ワシントン 

アッサラームアライクム!
みなさんの上に平安がありますように!!

え~ちょいと所要でワシントンにいたのであります♬ 

・・・というわけで・・・。

行ってみちゃった♬ 

a0188838_22542488.jpg


ワシントンにあるモスクに・・ww 

自由時間がほんの数時間できたので、グーグル先生でちらっと調べて、
タクシーに乗ってみました~♬ 

アメリカのタクシー

怖くね?? 

と思ったら、

ちょー親切♬ 

a0188838_2257678.jpg


彼はエチオピアから来た留学生で、勉強も大変だけど、
物価が高いアメリカでの生活ではどうしてもアルバイトしないといけないのだとか・・。

日本から来たんだよ~と話すと、 

ええ!ジャパン?? 

強い国だよね~!!


と散々褒めまくりでとても嬉しそうでした。 
まぁその昔小さな国の日本が海外と戦争して勝ったりなんだり。。。。
でもって、一生懸命働いて戦争に負けた後もすごい復興を遂げたっていうのが、
彼の中でのすごいぜジャパンな歴史らしい。 

( がんばるお・・さあらww )

タクシーもナビがついてて、住所渡せば、簡単に入力で連れていってくれるので、
万が一英語が話せない人でも住所をもっていけばOKですよ♬ 

防弾ガラスもないし~。
アメリカってちょ~あぶないイメージだった・・と伝えると、

まぁテレビやニュースでしょ?それ笑。

と笑われてしまった。わはははは。

さてさて目的のモスクですが。 

突然の訪問にも関わらず、女性職員の方が敷地内を案内してくれました♬ 

これが金曜礼拝の場所!

a0188838_2315234.jpg
 


広いし、まるでの体育館www 
実はこの倍の広さがあります。(写りきらなかった・・・w)

それでも3回に分けてしないといけないほどの人なのだとかww 

普段の礼拝室は・・・

これが女性

a0188838_233158.jpg


これが男性用ってつながってるんですがね^^ 

a0188838_2334022.jpg


お掃除はパートさんがいるそうです。 

このモスクはイスラミックスクールも併設していて、つまり、普通の学校と同じカリキュラムもしながら、
イスラームのことも学ぶという感じ。 
もちろん夕方だけのクラスもあるし、クルアーンだけを習うクラスもあったり。 

ちょうど週末学校をやっていたので、あいさつさせてもらいました^^ 

a0188838_2352711.jpg


先生役?は若い世代の女の子たちのようです^^
ほらほら、あいさつして!などと言われておりましたよ♬ 

かわいいですね~ 

a0188838_2362047.jpg


1階にはイスラミックスクールがありましたが、本当に普通の教室みたいな感じでした。 
小さい子たちは、学校の出口からそのまま敷地内の公園に出ることができて、

きゃ~きゃ~♬ 

a0188838_2310037.jpg


遊んでました~♬ 

いいっすね~。やっぱり子供は

遊ばなくっちゃ♬ 


ザカート委員会などもあって、職員のその女性はちょっぴり忙しそうでしたね~。
提出してもらう書類が山積みでした。 

それにしても、この金庫。

すっげ~頑丈!!

a0188838_23122055.jpg


日本だとたまにティッシュケースか???

という箱にお金が寄付してあったりするのですが、
まぁきっと額も違うのでしょうし、これぐらいあってもいいのではとも思いましたww 

そしてこの案内してくださったムスリマさん。 

日本に来たことがある!
んだそうでww 

ちょうど私たちが行った前日、お子さんに写真を見せながら、
ほらこれがママよ、日本に行ったのよ~と話すと、
うっそだ~本当??などと話していたところだったとかwww 

いや~すごい♬ 

帰りのタクシーはモスクの中にいたおじさんたちに、
電話をかけてもらって、無事にホテルに帰ることができました♬ 

どこへ行こうと、こうやって家族のように温かく迎えてくれる出会いがあるのが、
ムスリムになって本当によかったな~って思うところであります♬ 

おしまい 
[PR]

by sarah_51 | 2014-05-23 23:16 | おでかけのこと♪ | Comments(0)