<   2014年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ばぁちゃんの名前♫ 

アッサラームアライクム!
みなさんの上に平安がありますように!!!

なんと!
本日トルコから・・・・

ばぁちゃんの

ムスリマ名が

届きました~♫ アルハムドリッラー!!!

その名も、

スメイエ

です^^V 

ムスリマ名・・・というのはムスリムになった時とかその後などで、
イスラームにちなんだ名前をつけたりするのですが、
つけなくてはいけない・・・ということでもないため、
ばぁちゃんの名前は特別考えていませんでした。 

でもガンの再発を受けて、旦那さまが突如、

ばぁちゃんにもムスリマ名つけるか・・・

と。。。

ムスリムの名前は呼ばれるたびにアッラーの祝福があるとされる名前が多く、
男性なら預言者たちの名前や、アッラーの美名にそのしもべであることを表す
アブドル・・・というのを付けてある方が多いですね^^ 

女性だと預言者さまSAWの奥様の名前とか、キリスト教でいうところの
マリヤさまのアラビア語でマリヤムさん・・というのもとても人気が高く多いです。 

まぁでもこういうのは、徳のある方につけてもらうがよろしいやろう~
・・・ということで。

トルコの家族に♫ 

お願いしちゃったのでありますww 

そして帰ってきた名前が、

スメイエ。

これはイスラーム史上初の女性殉教者と言われるスマイヤさまという方のトルコ読み♫ 
当時非常に厳しい弾圧にあっていたイスラーム教徒たちの中で、
このスマイヤさまもその信仰を捨てることなく強く生きた方だったようです。 

ご興味のある方はこちらのビデオの20分あたりから見てみてください^^
まさにその殉教されるシーンが・・・・。

https://www.youtube.com/watch?v=J-Akz2nU7kA&list=PLA23D8DF57063041D

また、アラビア語では「高貴な」という意味もあるとか読みましたが・・・。

ばぁちゃんに
ぴったり!!


と思うのであります♫ 

あの胃がんの手術直後、まだ麻酔が切れてない意識もーろーしまくっている中で、
旦那さまが、

「ばぁちゃん、あんたの宗教なんね?」

と聞いたときの、その質問にも驚きましたが、

い、い、いすら~む教!

と答えたばぁちゃんにも感動したものです・・・・。
スブハーナアッラー。

そして、入院中私の名前を忘れそうになり、
部屋が変わるたびにわけがわからなくなりながらも、

「アッラー」

だけは忘れなかったばぁちゃん。。。

誰に教わったわけでもない、
まさに・・・

アッラーのお導き

である信仰のその強さと、このスメイヤさまにちなんだこの名前。

あ~。
本当にこれはアッラーがばぁちゃんのために用意してくださていた
名前なんだなぁ・・・・と心から思いました。

アルハムドリッラー。 

今後ともスメイエばぁちゃんをどうぞよろしくです^^ 

おしまい 

 
[PR]

by sarah_51 | 2014-03-28 20:48 | ばぁちゃんのこと | Comments(0)

満開の桜♫ 

アッサラームアライクム!!
みなさんの上に平安がありますように!!

満開ざます!

a0188838_17515151.jpg


福岡マスジドの横にはかわいいお地蔵さんがいる、
小さな公園があります。これはそこの桜^^

もう~~

ほんときれい!

昨日あまりのあちこちの桜のきれいな様子に、
ぜひともばあちゃんにもこの桜を見せてあげたい!
と思い急きょ連れてくることに。

前日、それをばぁちゃんに聞いてみよう♫ 

とウキウキする私に旦那さまは、

「疲れるけん、うちいかん~とか言うんやない?」

と言っていたのですが・・・。 

さ:ばぁちゃん、今日もう桜満開!!
ば:ほうね!
さ:明日見にいかん?
ば:うんうん!
だ:え・・・w そんなあっさり・・・・・wwww 

さ:で、明日金曜だから、マスジドに行って一緒にお祈りしよう!
ば:うんうん!何着ていこうか??^^

その後、果てしなく旦那さまを無視して着て行く服をあれこれ選ぶわたしたちなのでした・・・www 

・・・というわけで・・・・


じゃじゃーん!


a0188838_17545534.jpg


ばぁちゃんが、
金曜礼拝に参上!!


あまりに突然思いついたのと、
当日の体調では行けるかどうかもわからなかったので、
特別マスジドに連絡も何もしなかったのですが・・・

階段・・・
あがれない・・・よねぇ~

そうそう・・福岡マスジドは女性は二階なんですよね^^;
でもきっと・・

誰かおるやろう・・・♫ 

そんな淡い期待もしつつマスジドに到着しましたが・・・

さすがざます!

a0188838_17572564.jpg


すぐにみなさん声掛けあって、助けていただきました・・。
アルハムドリッラー!
彼らにたくさんの祝福がありますように!!! 

おかげで楽ちんに二階に上がれたばぁちゃん。
自分で最初から最後までウドゥー(身を清めること)をするのは初めて。

でも一緒にゆっくりやり遂げましたよ~♪ 

無事にばぁちゃんは椅子に座って、
私たちはその横にずらずら~~~~っと並んで礼拝もできました。 

礼拝が終わると女性たちが、次々にばぁちゃんのところにあいさつに来てくれて、
みんな本当に

優しい!!

お元気ですか?
体調はいかがですか?

などちゃあんとばぁちゃん目線にして話しかけてくれ、
手を握って話を聞いたり、むぎゅむぎゅハグハグもしたり・・・・。

ばぁちゃんも言葉がわからないけど、とても嬉しそうでした^^ 

とにかくわかるんですよね、

親切に・
そして目上の人に対しての
尊敬の念が態度に現れているのことが・・・ 。

インドネシア人などのアジア人の看護師さんやヘルパーさん。
私はもっともっと日本で活躍してもらいたいな~って思います。
別に資格ない人でも根本的にこうした敬愛の念があるんですもん。
きっと年配の方たちは嬉しいとおもいますよ。

そして、それをさらに感じたのが、
マスジドの隣の公園に入ろうとしたときのこと・・・。

私と旦那さまに手を引かれて歩くばぁちゃんを見て、

若者たちが!
次々と!席を!
ゆずるではありませんか!!


それも、

さささっと!
笑顔でですよ!

電車や道端でお年寄りの方が通っても知らん顔で携帯している
若者がとても多い日本人ですが、ムスリムの若者たちは、
目上の方たちをとても尊敬しますし、大事にするんですよね・・・。 

なので、ほら!

a0188838_1880100.jpg


とっても嬉しそうでしょう??

このきれいな満開の桜の美しさにも、
とっても喜んでいましたが、
やはり、こうした人と人との優しいふれあいに、
とても心温まるものがあったようです。 

本当に素晴らしい金曜日の1日を
アッラーに感謝感謝です!!!


おしまい 
[PR]

by sarah_51 | 2014-03-28 18:13 | ばぁちゃんのこと | Comments(0)

宿命 

アッサラームアライクム!
みなさんの上に平安がありますように!!

宿命

私はムスリムなので「神さまがいる」ということを信じています。
神さまがいる・・と信じているので、神さまが言っている「天国と地獄がある」ということも信じています。
そして天国に行けるのかどうか、、、、その判決が下される「最期の審判の日」があることも信じています。

ではどうしたら天国に行けるのでしょうか?天国とは、地獄とはどのようなところなのでしょうか?

私たちに天国にきてもらいたい・・・
そう願って神さまがその道しるべとなるように贈ってくださった啓典を、
私は信じて辿っています。 

神さまの言葉は時として私には難しいので、人類の中で最も神さまが愛され、
ずっとずっと導き続けたムハンマドさまSAWの足跡を、行いをどうにか辿ろうとしています。
そしてその道すがら、ずっと私のそばに天使がいることも信じています。 

ですから、「神さま」が私のために・・・と定めてくださっている「宿命」について、
現世で神さまが私に見せ、体験させてくださるその全ては、
天国へきてほしいという神さまの優しさであり、愛情であり、
導きであって恵み以外のなにものでもないことを確信しています。 

ですから、私よりもうんとうんと神さまに愛され、導かれているばぁちゃんにとって、
ガンという病気も今現世で起きているすべてのことも、
きっとアッラーがばぁちゃんの来世にとって、ものすごく大事で、そしてそれは、

「ああ!それであの日の忍耐があったのか!」

と驚きと感謝で満ち溢れるその日のほんのかけらを見せてくださっている印のようなものでもあるとおもっています。 

ガンで手術もできないかもしれない・・・そう言われたあの日から、
走り続けてきた今日の日まで。そして再発と言われたことで今思うことは、

アッラーは背負えない重荷は決して私たちに与えないということ、
そしてその与えてくださるもの全てが善であり来世でのよき恵みの形として今あるのだ・・・・ということにつきます。

私がムスリムでなければ、またばぁちゃんがムスリムでなかったら、
私の心のあり方はもっと不安定で細く小さく、頼れるものの軸を失い、
悲しみと絶望の中にあったかもしれません。 

心から私に「神さまを信じる」・・・そして「結果をお任せする」という容易い道を示してくださったアッラーに感謝です。 
そしていつも私の周りに優しく、暖かい家族・友人・先生などを贈ってくださり、
守っていただいていることにも!
スブハーナアッラー。 アルハムドリッラー!

私があたなを忘れず、あなたに感謝し、
私の宿命の中で、最もよい道を選び、あなたのためによい行いができますように・・・。 
私と出会うすべての人にアッラーのご加護と祝福に満ちた導きがありますように。 


あーみん。 
[PR]

by sarah_51 | 2014-03-22 19:35 | プチコラム | Comments(0)

3.11の日に

アッサラームアライクム!
みなさんの上に平安がありますように!!

 
今年の3.11。

旦那さまが休みで家にいた。 
ああ・・・あの地震の日にもこうしてたまたま旦那さまが仕事が休みで家にいたんだったっけ・・そんなことを思いながら朝起きた。
当時旦那さまの家族と数日連絡がつかず、スカイプでその後連絡が取れたときには本当に心から嬉しかったし、旦那さまがあまりに号泣しちゃったので、泣く暇もなく一生懸命話をしたのを覚えている。
家族・・・ということをイロイロ考えながら過ごしてきました。 

あれから3年。 

その日の朝、前日に旦那さまの妹に無事子供が生まれたという連絡がきた。
かわいいその写真を手に、ばぁちゃんにも見せてあげよう♬ 
そうだね、そうだね♬ 
そんな風に喜びながら、軽い気持ちでばぁちゃんの定期診察に出かけた。 

来月から主治医が転勤になった・・・ということで、ちょっと写真とっておきましょうか?
と、とても軽いノリで、じゃ~せっかくだから・・・とお願いしたCT検査。 

結果はガンの再発の可能性あり・・・のようです・・と。 

私と先生は、その大きさにばぁちゃんのガンの勢いが非常に強いガンであることを、
そうですね、そのようですね・・・と話していました。 
ばぁちゃんは、もうどうしたら良いのかわからん・・・。
旦那さまは・・・まだはっきりと決まったわけじゃない!・・・と。

そんな三者それぞれの想いで迎えた翌週の精密検査。 

残念ながら2箇所にガンの再発が見つかりました。 
明日からばぁちゃんの希望もあり、抗がん剤をすることになりました。 

この1週間。本当にさまざまな想いでした。
ばぁちゃんはもっともっと辛かったろうと思います。 

抗がん剤が始まったらしばらくは外出がうまくできないかもしれない。
そう思って、無理を承知で長崎に連れて行きました。
少しでも再発のことを考える時間を減らしてあげたい。
少しでもきれいなものを、その目に、その体に感じてもらいたい。 
楽しかった~。
そう思ってもらう時間をたくさんたくさんにしてあげたい。 
そんな想いでした。 

アッラーのところからきたばかりの、かわいい甥っ子。
そして、すぐにではもちろんないけれど、いつかはアッラーの元へと帰っていくばぁちゃん。 
二つの命を感じならが、私にはなにができるのだろうか。。。

さすがに初めにCT画像を見た日1日は泣きたいわけじゃなくても、
涙が流れてきてしまいました。 
どうして泣くのかなんて、わかりませんでした。 

気がついたら、礼拝をして、アッラーにいろいろどうしたらいいか。
相談をしていました。 

そして。
自分がもっともっと良い人間になって、
アッラーに私のドゥアーを聞いてもらえるように、
もっともっとがんばろう・・・そう思いました。

みなさん、どうか応援よろしくです^^ 

ばぁちゃんのために祈ってあげてください。 
どうぞよろしくお願いします。
 
みなさんにアッラーのご加護と祝福がありますように。 


おしまい 
[PR]

by sarah_51 | 2014-03-18 19:28 | プチコラム | Comments(0)

車椅子で家族旅行

アッサラームアライクム!!
みなさんの上に平安がありますように!! 

今回ハウステンボスにばぁちゃんを連れて行って改めていろいろ思うところがあった。
レジャー施設にだってばぁちゃん世代の人と一緒に行きたい人もいるだろう。
でもちょっと脚が弱いので園内で借りられる車椅子でも使って・・・。
今日私たちもそう思って使ってみましたが。 

まず苦戦したのは駐車場から入口までの距離。。。
そこまではなんとか自力で歩いて行くしかないのですが、それなりに距離があります。
ちょっとリハビリで歩けるようになってきましたよ程度のばぁちゃんでは、
3回ほど休憩しながらも、思っているよりもゆる~~い坂道もあり、
最後は旦那さまにレンタルしたら駐車場まで来てください~~とヘルプをお願いしてしまいました。 

園内もハウステンボスの特性上石畳様の道路に残念ながら歩道との段差もとても多く、
おしゃれなお店やレストランの入口もその多くが段差があり、
キャスター上げ(前輪を浮かせること)をすればなんとか入れるものの、
介護者も私の両親世代だとちょっときついな・・・という感じでした。

実際そうしたご家族を見かけましたが、左右に車椅子がぶれてしまっていて、
きっと介護者の方も後ですごく疲れたろうと思います。 

ばぁちゃんは背もたれなしでも座ることはできますが、やや疲れやすい・・という状態なため、
レンタルのやや簡易的な車椅子では石畳のガタガタに体が耐えられず、
すぐに頭が後ろにごろん・・と疲れて落ちてしまいました。 
お土産のカステラ入りの紙袋を頭の後ろにおいてリクライニングの代わり?にしたなんとかなったか・・という感じ。
一応500円払ってクッションつきの車椅子を借りたのですが、
可能であれば自分で車椅子をレンタルしてきたほうがよかったかな・・という感じでした。  

園内を移動できるバスもありますが、自力でバスのステップを登れないと乗ることが難しいです。
(一応バス内には車椅子のマークあるんですが) 
おトイレの場所などの表記も園内ではあまり目立たないため、事前によくよく確認しておく必要もあります。

また介護が必要な方などが一緒の場合、体調も考慮すると入場料が安くはないのですが、
そう長くは滞在できない・・というのもあります。
1つ、2つ見てもう帰るというのも出てしまうことは覚悟したいですね。
 
なので事前に手堅く見せてあげたい、見たいポイントを絞って行く必要もありだと思います。 
介護者の方が楽しむ・・・のは、
一緒に行けたことと、本人が喜んでくれたかどうか・・ということにつきる・・という感じで、
自分たちだけで行くのとは別世界な景色だったようにも思います。 

でもやっぱりもっともっとそうした場所に連れていってあげたいし、
そうやって一緒に行くことで、
そうしたレジャー施設ももっともっと工夫してもらえることに繋がるようにも思います。

また往復含めて
ばぁちゃんのおかげで外出中あちこちたくさんのトイレに入ることができましたw 
が・・・。

「ひとつとして同じトイレがない!!」

トイレットペーパーの位置ももちろんですが、水を流すボタンの種類や場所も、
もうどれもちがっていて、私でもあれあれ??って思います。
そして意外とオサレであればあるほど、凹凸も少ないので、どれがボタンなのかわからなかったり・・・^^; 

せっかくばぁちゃんはトイレでのズボンの上げ下ろしも自分でできるほどになっているのですが、
鍵をしないで入ってもらい、外からドアを押さえつつ、最初と最後は入らざるを得なかったです。 

で、不思議ですが・・。

トイレって見ると行きたくなる

んですよねwwww

ばぁちゃん!私もするけん、ちょっと待っとって!!

で結局なぜか私もばぁちゃん並に30分に1回はトイレに行きましたww 

次はお花見かな~♬  

みなさんもぜひ、年配の方も一緒に出かけてみましょう~♬ 

おしまい 
[PR]

by sarah_51 | 2014-03-17 18:40 | ばぁちゃんのこと | Comments(0)

ハウステンボス♬ 

アッサラームアライクム!
みなさんの上に平安がありますように!! 

ばぁちゃんを・・・・・

拉致してきました~

a0188838_18101143.jpg


そうです!
ここは長崎は

ハウステンボス!

いや~急に暖かくなる予報だったのでw 
ばぁちゃんには内緒でこっそり計画を立てたざます♬ 

・・・というよりも・・。
ばぁちゃんは予定を伝えてしまうと、例え病院・・・というだけでも、

朝4時から

準備をし始めてしまうという・・
準備にぬかりがない・・・という名の心配性でして^^; 

いきなし行って行き先も告げずに、

ばぁちゃん~ちょっと出かけよう~♬ 

と言ったまま・・・。

何も知らずに車に乗り込むばぁちゃんww 

a0188838_18153188.jpg



怪しまれないように?
ばぁちゃんの出身である沖縄民謡のCDを購入して流してみると・・・

上機嫌で
 歌ってる♬ 


a0188838_1816022.jpg



そして目的地について始めて、

ハウステンボスにきたよ~

・・・と伝えたのでしたwww 

それにしても、ちょっとリハビリで歩けるようになってきたよ・・程度のばぁちゃんには、
駐車場から入口までの距離もかなり大変で・・・。

いいねぇ~ 

a0188838_18145556.jpg


なんてぼ~っと見ているわけにも行かず、
旦那さまに先に行ってもらい、車椅子を借りてきてもらうことに。 

まだ人ごみが・・というほどでもなかったので、
ゆっくりと園内を回ることができましたよ~。 

必需品である、

オムツ・パット・ティッシュ

はもちろんですが、

食事体制も万全!

a0188838_18193768.jpg


これですっかりばぁちゃんも安心して楽しむことができたようです^^

子供連れの方も多く、
赤ちゃんや小さい子を見ては、

かわいいですねぇ~♡ 

と話しかけていたばぁちゃん♬ 

きれいな花と子供たちに癒されていました。 

とはいえ、まだまだ疲れやすいばぁちゃんは、
一周回るのも石畳でガタガタ揺れるためにけっこうしんどそうで、
食事をしてちょっと散策したら、園内のバスで駐車場まで帰ることに・・。 

すると・・・ 

ムスリムファミリーが!

聞けばインドネシア人で熊本在住のムスリムさん一家。
大学を無事卒業し、来週帰国前に遊びに来たのだそう。

ばあちゃんにもインドネシア人ならではの優しいスマイルで話しかけてくれ、

「うち、あの人らに会ってほっとした( ´ ▽ ` )」


とばあちゃん♡

スブハーナアッラー!
初めて会うムスリムでも、まるで家族のように感じるのが、
本当に不思議な不思議なアッラーの愛ですね!

そして今日初めて長い時間ヒジャーブをしたばあちゃん。
慣れないから大変だったかなあと思いましたが、帰りに、

「これしてると、
  気持ちがいいよ」


と!アルハムドリッラー!

実は施設の方たちもばぁちゃんがヒジャーブするのは初めて見るんですよね。
その姿に始めは、

え?(ヒソヒソ) 

な雰囲気と表情が曇っていたみなさんでしたが、

かわいいでしょう??^^ 

の私の一言で、みなさん

大爆笑♬ 

旦那さまが、

今度やってみます?
 似合いますよ♬ 


と言えば、なんだかうれしそう~~♬ 
でした。 

かわいいは
  素晴らしい!!



おしまい 
[PR]

by sarah_51 | 2014-03-17 18:30 | ばぁちゃんのこと | Comments(2)

介護職

アッサラームアライクム!
みなさんの上に平安がありますように!!

ばぁちゃんの施設の人たちはみんな不思議な感じの人多い・・・w 

こう・・・なんてゆーか・・

介護職っぽくない

というか笑。

エプロンとかジャージとかポロシャツとか着てないからかなw
(どんなイメージやねんww )

それでもけっこう

サービス!!

って感じはしっかりしてたりする。

でもこないだ行ったら、
ちょと血相変えた感じで私にいきなしヘルパーさんが話しかけてきて、
ばぁちゃんになんかあったのか!!!

・・・と思ったら、

「今朝、魔法瓶割ってしまいました・・・」


とおっしゃるじゃーあ~りませんか!

なんだ・・・


・・・そんなことか

という安堵モードなワタシw

で、
「 あ?そうでしたか~。でポットっていりますか?
もし必要ならすぐ買ってきますけど・・^^;」

と言うと、なんだか
えんらい恐縮した感じで謝ってくださった・・・。

けっこう文句言う人とかいるのかすら。

でもモノなんていつかは壊れるんだしねぇ・・。

( ってゆーかあれはまだ買ってから1ヶ月もたっていなかったが・・ww )

が、しかし!

その人はばぁちゃんに、

ポット割った人

と覚えられてしまったのであったww

ばぁちゃん、あの人は

ぽっとわったさん

じゃなかろう??

誰でも間違うこともあるし、
割りたくて割る人なんておらんやろう~?

( そうやったらマジコワイwwww )


と私に名前の記憶修正されるばぁちゃんなのであった・・・


結局そのヘルパーさんがどこぞからばぁちゃん用にポットを見つけてきて、
部屋においてくれたのだが、
どうやらばぁちゃんは赤くてかわいかったあの魔法瓶がそこそこ気に入っていたらしい。

「うちこれあんまり好かん」

というばぁちゃんに、

「 そうかね~?わ、これけっこういいヤツよ~。 
まぁそうおっしゃらずに、せっかくタダでもらったんだから使ってやってくださいな♬ 」

と私は笑っておしまい♬ 

介護の方たちも毎日毎日、いろんなご要望に応えようと大変だものね。
でも何よりも私としては、
ばぁちゃんを大事にしてもらってるだけで感謝なのです♬ 


おしまい 
[PR]

by sarah_51 | 2014-03-06 00:24 | ばぁちゃんのこと | Comments(0)

パレスチナ支援 

アッサラームアライクム!
みなさんの上に平安がありますように!!

福岡でパレスチナ支援をしている方主催のイベントがあると聞き、
参加してきました。 

福岡では初上映となる少し前のこの映画、

自由と壁と
 ヒップホップ


http://www.cine.co.jp/slingshots_hiphop/

を見たあとに、
パレスチナ子供支援をしているNGOの代表のかたと主催者の方の
トークや質疑応答などがありました。 

正直言って、

頭も心もなにもかも

整理ができていません

それでも彼らが映画の中で何度も言っていた、

「ただ平和に暮らしたいだけだ」

という言葉が印象的でした。 

この映画が制作された当時よりも、
現在のパレスチナ、特にガザ地区に関しては状況は悪化しているとのことで、

東京オリンッピックの年、
ガザでは飲み水がその大地からなくなると言われているそうです。

いったいどういうことなのか?

現地で30年もの間支援をし続けているというNGOの方の話によると、
現在ガザは陸地は高くそびえ立つ壁で周囲と寸断されており、
空はもちろん、海側に出たとしても撃たれて死ぬだけ・・という状況にあるそうです。
以前はエジプトとを結ぶ地下に長く続く穴が掘られておりある程度物資や人の行き来がありましたが、
今ではそれも完全に封鎖されているとのこと。

初めて先日支援にはいった方は、

ここは月面ですか?

と言ったほど、全てが破壊されており、
周りからも遮断され行き来することもできず、まるで月にいて地球に行くことができない・・・
といった感じがしたそうです・・・。

会場からの質問を簡単にまとめてみました。

Q:現地の人の食糧などはどうなっているのですか?

A:8割が支援物資に依存しています。 物流はイスラエル側からのみで全く流通がありません。
イスラエルとの物価の差は30倍にもなりますが、値段はイスラエルで売られているものと同じ値段で売られています。なかなか買える人は少ない状況です。
支援物資(配給)も定期的にあるわけではなく、イスラエル側の都合によってされたり、されなかったり、
ときには1ヶ月水の配給がない・・・ということもあります。 

ただ支援のあり方も十分注意しないと単なる植民地化してしまう可能性があります。 


Q:農業や工業などはありますか?

A:ガザ地区はほぼすべてのものが破壊されつくしていると言っていいでしょう。
水はおろか電気などライフラインはすべて絶たれている状態です。
そのため、井戸などをあちこちで掘ったために、地盤が弱くなり、中に海水が入り込んでしまい、
現在水道はありますが、「しょっぱい」水しか出ません。
水でさえも買うか配給に頼るしかありません。
しかし、この配給される水は人々が生きるために使用しなくてはなりませんし農業に分配するのはなかなか難しいです。 

それでも私たちのNGOではほそぼそとですが、乾いた土地でも育つトマトを栽培して、
なんとかその種を彼ら自身で保存したり、苗を育てたりできるような支援もしています。
種をイスラエル側から買わなくてもいいように・・という考えですが、とにかく草木を育てる大地でさえも
なくなっている状況なので非常に難しいです。よくある「自給自足の支援」ということには到底できそうにない状態ではあります。

工業は非常に弱く問題でもあります。 

Q:現地の人の仕事などはどうなっていますか?

A:3割の方たちがいわゆる失業者です。あったとしても短期雇用でなかなか仕事が継続できません。
多くは公務員として働いている方がいます。例えば国連であったり、先生であったり。
ほとんどを支援物資の配給に頼っていますので、そうした分配を行っている国連で働いている方たちはそれなりにいます。 

人口としては九州でいうなら種子島に鹿児島の全人口が閉じ込めらている・・・といった感じでしょうか。
非常に狭い場所に空も陸も海も寸断され、自分たちではなにも作り出せないほどに破壊され、
それでも子供たちがどんどん増えている・・といった状況です。 

Q:人々の暮らしはどうですか?映画のように音楽やその他の芸術はあるのですか?

A:すべての人が持っているわけではありませんが、パソコンやスマホなどもそれなりに普及しています。
FBなどを若い人たちはけっこうやっていますし、無料通話のアプリなどもよく利用していますね。 
芸術といえば、アラブ文化には昔からダンスや歌など(演歌のような)がありますので、
そうしたものは比較的みなさん好きですよ。 

Q:この映画のタイトルにもある「歌で世界を変えられる」か・・・について、
どう思われますか? 


A:難しい質問ですね。確かに歌でなにが変えられるのか・・というと、歌や映画そのものでは、
なにも変える力はないのかもしれません。ただ、それを見た人、聞いた人が何かを変えようとするパワーに変えて、この監督のように、パレスチナに出入りできる私たちのような人たちが現地にまずは行ってみる・・
そういうことから少しずつでも変わっていくかもしれません。
現に現地での若者たちの中にはこのラップを聞いて、道を模索しながらも変えていこうとしています。
「音楽で変わるのか?」というより「変えるためにやる!」という感じでしょうね。 

*****

こんなにも短時間では到底理解することも、受け止めることも、
なにがどうなっていて、それでどうなるのか、どうすればいいのか・・・。

当然ながら何一つ答えもなにも出せないこの状態ですが、
それでも、できることから、継続してやっていくしかない・・。

そういったお話だったように思います。 

パレスチナ自体へは多くの観光客も訪れており、
ユダヤ・キリスト・イスラームという三大宗教の聖地において、
その歴史を感じることができる素晴らしい場所として、
ぜひみなさんも行ってみてください!
パレチナ人のかたたは本当に明るくて優しいですよ!

とのことでした。 

なんだかくら~い感じの中で、

実はこの映画監督とラップグループDAMのメンバーが

先日結婚した♬

とのことで・・・^^
苦境にある中でこうした出会いと幸せもあって、
それはそれでよかったですね~
な締めでしたww

今年の夏頃?に日本にもDAMが初来日するかも?
だそうです♬ 

よろしければこちらのサイトをのぞいてみてください^^

☆パレスチナ子供のキャンペーン 
http://ccp-ngo.jp/index.html

支援とは何か、生きるとは何か、信仰とは何か・・・。

いろいろ考えさせられた1日でした。 
アルハムドリッラー。

おしまい 
[PR]

by sarah_51 | 2014-03-03 19:44 | おでかけのこと♪ | Comments(0)

太宰府の梅♬ 

アッサラームアライクム!!
みなさんの上に平安がありますように!!

いや~行って来ました~

太宰府の梅

を見に・・・。

まさに満開、もう散り時か?
というだけあって、

すごい人!

a0188838_18184620.jpg


でしたね~。

でもなんだか

素敵な音が~

a0188838_182077.jpg


・・ってこれ「のぞき」ですよねww

舞を踊ったりしているようなんですが、
もうすでに満員御礼・・・ということで、
梅の香りがほや~んとする中、雰囲気だけ味わっておりました。 

太宰府にはお客さまが来るたびお連れするので、
もう何度も何度も来ているのですが、
まさに梅まっさかり!
・・・という時期に来たのは意外にも?初めてでした♬ 

きれい~~

a0188838_1822104.jpg


盆栽?たちもいましたよ♬ 

a0188838_18235543.jpg


いいっすね~。
こちらもかわいい~~

a0188838_18242197.jpg


一瞬アタマが変になったのか、

買って帰ろう♬

なんて妙なことを考えてしまった私ですが、
そもそも草花をプランターでも水に入れときゃいいカイワレであっても、

待てない!

さあらさん・・・。

来年咲かせるためにお世話するなんて、
到底ムリムリム~リムリ・・・なので、
しばらくかわいい~素敵~を連発しただけで我慢しました・・・ww

それにしても、天満宮の中には大きな木が

にょきにょきにょき~~

a0188838_18283846.jpg


と生えていて、よくよく見るとすごいでっかいww

いや~パワーもらえる感じですね~。

いつもとちがう視点で小さな草花も見てみると・・・

んま!
ハートちゃん♡


a0188838_18315243.jpg


いや~探してみるもんですなぁ~。

そしていつも食べたい・・・
と思いつつ我慢していたあのお店へ・・・

いちご大福!

a0188838_1833814.jpg


これ、かの有名な?

あまおう!!

のですよ!!

だからものすごいイチゴがでっかい!!
まさに今が旬のいちご・・・。

食べずに帰るなんてもったいない!

・・・というわけで並んでいると、
かわゆいギャルギャルちゃんたちが・・・・。

ねー!
あれ美味しそうやない?


もちゅう・・・

a0188838_18353935.jpg


いやーそれ、

も・な・か

やろうwwww

とつっこんでやれない自分が哀しかった・・www 

それにしてもこのもちゅう・・・ならぬ最中もアンコがすごい!
男性もけっこうお友達同士で買って食べてたりしてましたね~。

え?
なんですか?

いちご大福はどうなんだって??

実はこの白い大福のあんこは

ミルクあん

でして、つまるとろこ、

コンデンスミルク味!

のようであっさりお上品な甘さ!
ちょーでっかいですが、

がぶっと

いけたざます♬

ぜひ太宰府に来るときには、
お試しあれ♬ 
普通のあんこがいい人はお餅がピンクのを選ぶといいですよ♬

ぜひ!!^^V 


おしまい 
[PR]

by sarah_51 | 2014-03-03 18:41 | おでかけのこと♪ | Comments(0)

素晴らしいソファー♬ 

アッサラームアライクム!!
みなさんの上に平安がありますように!!

以前から部屋を広くしたかった私は、
壮絶な腕相撲大会の末に(と言っても旦那さまとですがww)、

ベッドを
処分できる権利!


を得て無事に処分できたのですが・・・。

今度は旦那さまが、

ソファーがほしい♡ 

と言い出したので大変・・・><

ソファー買うなら、ソファーベッドがいいか・・・。
いや、そりゃでかいしぃ~~~~

いや小さいソファーまたは座椅子にしてはどうか・・・。
いや、でもそれだとやっぱり邪魔よねぇ・・・。

と、

あーでもない
 こーでもない


とあれこれ検索してみたものの・・・

ピンとこにゃい・・

いや、しかしここで物欲にかられては、
せっかく処分したベッドの意味がない。

あるもので満足する!

のが真のムスリム道♬ 

・・・というわけで♬ 

作っちゃいました~

a0188838_21124626.jpg


どうです?
すごく素敵でしょう~??

でもこれww 

ベッドを処分したことで不要になった

マットレス

をバラしてみたのであります。 
安くて薄い?マットレスは三つ折りになっていて、
カバーを外すと三つに分かれるんですよね^^ 

それをこうやって・・

a0188838_2113509.jpg


折り曲げて壁にくっつけてみれば、
もうそこにはソファーが!!!!(笑)。

でもまぁそれだけではなんですので、
カバーをかけて、以前いただいたカバーの中に、
枕を入れてクッションの代わりに・・・。

二枚重ねて使うこともできます♬ 
最初の写真の場合は、使っていない座布団を背中とお尻のとこにそれぞれ
置いてふっくら感を出してあります♬ 

カバーを変えると・・・・

a0188838_2117632.jpg


アラブチックにもなりますねぇ~♬ 

もう壁さえあれば!

どこででも

くつろげるざます!

ふぉ~ふぉっふぉっ♬ 

おしまい♬ 
[PR]

by sarah_51 | 2014-03-01 21:22 | 主婦のこと | Comments(0)