カテゴリ:さあらの部屋 ( 3 )

戦場カメラマン久保田弘信氏に聞く「ジャーナリストってどんな仕事?」@さあらの部屋報告 

ゲストをお呼びしてその方について
あれこれ聞いてしまおうという会。

今回のゲストは、
フォト・ジャーナリスト久保田弘信氏。
簡単に言えば、戦場ジャーナリストだ。

7年ほど前、東京でひょんなことから
出会った久保田氏。以来彼の講演会には
何度となく脚を運び話を聞いてきた。

講演会ではなかなか時間ゆっくり話を
聞くことができない分、この日は
たっぷりと「久保田さん」の人となりについて
その仕事について、様々なことを聞かせていただいた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

岐阜県出身、東京都在住。
もともとは天文学を学び物理学者になりたかったという。
天体観測というよりは、ホーキング博士のように宇宙の仕組みや
その発生などを頭で考えて過ごすのが好きだった。
ところが将来を夢見て大学院へ、、という矢先に
父親が病気になり進学を断念。

理科の教員免許を持っていたことから、
教員として働こうとするも岐阜県内には募集がなかった。
募集が出るまでの間と思い始めたフリーカメラマンの仕事。
 
カメラは大学時代にスタジオでアルバイトをしていた際、
厳しく指導され、その技術は大学時代にすでにプロに認められたほど。
東京で結婚式やイベントその他様々な場で働きながら教員募集を待つも
その後も募集がなく、旅行雑誌の仕事で海外へ。
タイやマレーシア、シンガポールなど美しい自然や街並みを
撮影しその国の魅力を伝える仕事をしていた。

そんなある日、パキスタン人に出会い訪れた先で難民キャンプに
行くことに。想像を絶する世界がそこにはあったという。
支援が届かず小さな子供たちでさえも
命を落とすことも少なくない日常を目の当たりにし、
それまでその国の美しい魅力を伝えるためにと撮っていた
カメラから、誰にも目にとめられない現実を伝えることを決意。

パキスタンやアフガニスタンなどで撮影した写真を
帰国後キャノンサロンにて全国各地で展示会を行った。
その後アフガン戦争が勃発。
以前より取材に入っていた久保田さんはTVで解説を行うなど、
ジャーナリストとして活躍。2003年3月のイラク戦争では、
バクダードから激しい空爆の様子などを現地レポートし続けた。

以来、イラクやアフガニスタンなど紛争地域を継続して取材。
時に前線で命がけの取材もしながら、単なる紛争の様子だけではなく、
その地域に生きる子供や家族など、その生活や想いをも数多く
カメラに収め講演活動などを行っている。

辞めたいと思ったことはないのだろうか。

思い切って聞いてみると、

「いつも、もうこれで終わりにしよう」

と思うという。
でもそう思っていると支援者が現れ、
またこれまでの取材で家族のようになった友人たちの
その後の様子も気になりまた出かけて行く。

そんな繰り返しなのだという。
当然ながら取材中何もできなかった、
救えなかった命もたくさん見てきた。
たった1人でできる現地支援は非常に限られていた。
でもだからこそ伝えなくてはと思う気持ちもある。

日本では自炊も得意で煮物などもさっと作るという
その味はかなりの腕前だとか。

「美味しいものは食べたほうがいい。
 争う気持ちがなくなるから」

と笑う久保田さん。
元来身体が丈夫なこともあり、取材先で食べれないものや
お腹を壊したことはないという。
その人柄から世界各地に友人たちも多く、
美味しいものにも詳しい。 

しかしいつ何が起きるかわからない仕事だからか、
その生活は非常にシンプルだ。
海外での長い取材中もスーツケース1つと
リュック1つで回るという。

「1人でも多くの人に伝えるのが仕事」

そう惜しみなく話をしてくれる久保田さん。
自分が見てきたこと、その真実を伝えることを
大切にしているが、自分自身を伝えることは
実はあまりない。
久保田氏の写真も少ない中で、
会の終わりに撮ったこの写真は本当に良い1枚になった。

a0188838_21070608.jpg


ほんと「バカップルだよね~」
と何度となく言われた我々夫婦。。。笑 

久保田さん念願の?
「寿退職」
をして戦場ではなく
家庭で良きパパ、夫として活躍する日も
楽しみにしています。

でもまた出かけちゃうのかな~笑 

a0188838_21050663.jpg

▽久保田弘信オフィシャルサイト

▽DVD・書籍、グッズ販売 

おしまい 








 





 
 

 







[PR]

by sarah_51 | 2017-11-26 22:17 | さあらの部屋  | Comments(0)

ある日突然車いすに。4年にも及ぶ訓練のあと見た社会とは?車いすユーザーさんが語る社会とのかかわり方で大切なこと。

第1回「さあらの部屋」と題して行われた
トークイベント、"Youはなぜ車いす?” 

a0188838_21475598.jpg

車椅子ユーザーさんに配慮して、
バリアフリー・わかりやすい場所・トイレが近い 
の3つがそろった博多阪急4F丸福珈琲店さんで
満員御礼に当日参加の方もくるほど!

誰も来ないかも~
そしたらおしゃべりして帰りましょう~
なんて言っていたので、本当に
嬉しかったです。

12名入る個室はガラス戸で完全個室になるので、
プライベートなお話しにも抜群の会場でした。

a0188838_21524347.jpg

車椅子生活というと、どうしても

大変そう・・・
かわいそう・・・
っていうかどんな生活なのかあんまり・・
どんな手伝いができるのか・・

という「???」だらけだと思うのです。
ところが、澤田さんが実際に社会に出て
感じたことは・・・
a0188838_21482664.jpg
ということだとか。

一歩社会に出れば、
手伝ってもらわなくては困ることもたくさん。

同じように入院していた友人の中には、

「声をかけても手伝ってもらえなかった」

という人もいた。
当然ながら、不安がないわけではなかったという。
車椅子ユーザーさんの怖いことは、

・車椅子から落ちて転んでしまうこと
・途中で自分も知らないうちに
 便が出てしまうこと
・段差や坂が上がれずいけない場所があること

などなどがあり、
それが不安で引きこもってしまう人もいるとか。

でも声をかけても手伝ってもらえない
と嘆く友人を見て、

・笑顔がないよな・・・
・そういや友達も少ないなぁ・・
・あんな風じゃ、頼まれた側もいやかも・・

と思った澤田さん。

ご自身で頼むときには、

・笑顔でお願いする!
・急いでいる人にはお願いしない
・「すみません」じゃなくて「ありがとう」
 を伝えること 

の3つを意識してお願いするように
してみたのだとか。

すると、想像していたのと逆で、
お願いして断られたことがないという。。

一応異性にお願いしたりと
ちょっとは選ぶらしいが・・ww

でもそうこうするうちに、

車椅子生活って不便だけど
できないことは多くはないな。。。

と思うようになったのだそうです。

でもこの笑顔でお願いすることとかって
別に車いすユーザさんに
限らず私たちの生活で大切なことですよね。

そして逆に声をかけてもらう時に、
お願いしやすい言葉は、

「何か私に出来ることはありますか?」
「何かお手伝いしましょうか?」

だそうです。
逆に、

「大丈夫ですか?」

と聞かれると反射的に、

「だ、大丈夫です・・・」

と言ってしまい、本当は
お願いしたい場合でも言いにくく
なってしまうとか。

また、車いすの人を見かけたらすぐ
手助けするというよりは、
ちょっと見ていて困っていそうだったら
声をかけてみて欲しいとのことでした。

いや~勉強になりますね~(*´▽`*) 

何より澤田さんの人生のあれこれをお聞きし、

ケガをした当時のこと、
その後のリハビリのこと、
お友達や家族との関係。
もう二度と歩けないかもしれないと
言われた日のこと。
生きていていいのか、、
気持ちの切りかえができるまでのこと。

たくさんのことを聞かせていただき、
もう参加者のみなさんが、

涙涙、また涙。。。

かと思いきや、、、、

笑って、笑って涙して、
また笑って泣いて、大笑い!!!

a0188838_21525196.jpg

参加者の方たちが本当に素敵な
優しい方たちばかりで・・・。

私たちがいっちばん!!!
めっちゃ楽しくてきらきらした
時間を過ごさせていただきました!!

a0188838_22215523.jpg
どうでしょう?

車椅子ユーザーさんというイメージ。
こんな笑顔に出会えたら、

ぐーんと!

変わるのではないでしょうか。

ぜひまたこの会を企画したいと思っています。

辛くて引きこもってしまっている当事者の方にも。
医療や福祉に関わる人たちにも。
車椅子ユーザーさんに興味のある人たちにも。

そして人生に多くの悩みを抱えている人たちに。

社会は本当は「生きやすかった」を
伝えたいていきたいから。

アッラーが困難にある方たちに、
片時も離れずそのすべてを容易く
ご援助くださいますように!!

澤田さんのこれからに、
たくさんの祝福がありますように!!!

え?なんですか?

他の男性とそんな楽しそうで
旦那さまは大丈夫??? 

ちゃんと見張りに来てましたよww



a0188838_22344924.jpg

おしまい 

*******************

・さあらさんのFB(フォロー歓迎)
 https://www.facebook.com/sarah.san.71 
(お友達申請はひと言メッセージいただけると嬉しいです)

・さあらさんTwitter(基本フォロー返し)
 https://twitter.com/surutanya

・カフェの開催・講演依頼などありましたら
 midaidokoro.sarah@gmail.com まで 



















[PR]

by sarah_51 | 2017-04-02 11:00 | さあらの部屋  | Comments(0)

自分では聞けない、知らない、出会いがない。でもお話を聞けるなら聞いてみたい!トークイベントは徹子の部屋に学べ!

徹子の部屋は言わずと知れた
超長寿番組で、黒柳徹子が司会となって
様々なゲストをお呼びしてトークするというもの。

あれを見ていて何が面白いかって、

当然ながら、自分では知り合いじゃないし、
自分では聞けないだろうこととかを

黒柳さんがどんどん突っ込んだり、
それも暗い話じゃなく、
結局笑ってしまうようなトーク時間。

短い時間だけど、ゲストの良いところとか
人柄をうま~く引き出してて。

ほんとすごいですよね。

で急にですが、
ああいうのやりたいなぁ。

ってふと思ったわけで。

「さあらの部屋」

やることにしました笑 

先日偶然にも出会った車いすユーザーの方を
ゲストにお呼びして。

理学療法士だからこそ突っ込める

車いすユーザーあるあるじゃない?
そういう時どうしちゃってるの??

な話をいろいろお聞きしてみようと思います! 

日時:4月1日(土)13時ー15時 
場所:博多阪急4F 丸福珈琲店(個室) 
定員:10名 
費用:500円+ワンドリンクオーダー 
申込:midaidokoro.sarah@gmail.com
▽イベントページ 
https://www.facebook.com/events/1864565407095202/?active_tab=about 

こんなあなたにオススメ!

□車いすに乗ってる人ってどんな人なの?
□車いすの人を見かけるけど声をかけてもいいの?
□助けが必要な時、いったいどうすればいいの?...
□いったいぜんたいどんな風に生活しているの?
□医療や福祉現場で勤務しているけど、
 実際の生活や退院後のことを知りたい!

1個でもチェックついたらぜひお申込みください(*´▽`*) 
とはいえ限定10席ですのでお早めに!
(すでにあと残席6!) 

何より、車いすの人ってどんな人なんだろう~
っていうのが伝わったら嬉しいなぁ。

インシャーアッラー
(アッラーがお望みなら)

おしまい 

================================ 
☆イベント予定☆
 
・3月20日 シリア子供教育支援ギラースプロジェクト 
  https://www.facebook.com/GhirasJP/ 
 シリア人とお話してみよう!ランチ&報告会(福岡市箱崎)

・4月1日(土)さあらの部屋 Youはなんで車いす?(博多阪急)
  https://www.facebook.com/events/1864565407095202/?active_tab=about

・4月上旬 多国籍さあらカフェ:モロッコ編(福岡天神)

・5月13日 遺伝性血管性浮腫HAEの日 HAEDAY(埼玉県草加市)
  http://haej.org/archives/2517 

・7月10日 熊本市内の大学にてイスラーム講義(熊本県熊本市)
 
*******************

・さあらさんのFB(フォロー歓迎)
 https://www.facebook.com/sarah.san.71 
(お友達申請はひと言メッセージいただけると嬉しいです)

・さあらさんTwitter(基本フォロー返し)
 https://twitter.com/surutanya

・カフェの開催・講演依頼などありましたら
 midaidokoro.sarah@gmail.com まで 











[PR]

by sarah_51 | 2017-03-13 18:29 | さあらの部屋  | Comments(0)