カテゴリ:医療と健康 ( 15 )

ウォーキングではなくお散歩のススメ


1週間ぶりに外を歩きました。

a0188838_23455381.jpeg

福岡市にある大濠公園です。

12月末から体調を崩して
ほとんど自宅内でも
50~100歩くらいしか
移動してなかったので、

自然の空気を吸いたいと
旦那さまに連れていってもらいました。

ところどころに
お花が咲いていて
とってもきれい(*´▽`*)

a0188838_23452137.jpeg
a0188838_23461438.jpeg
a0188838_23464219.jpeg

水辺の眺めも
気持ちがすっきりと
きれいになるような気持ちでした。

a0188838_23453706.jpeg

ウォーキングの場合、
歩くリズムや時間・距離を
意識しながら歩きますが、

お散歩は
ただ自分の身体のペースに合わせて
ゆったり、空気を吸いながら
あれこれ見ながら
歩くのがオススメです。

大濠公園には舗装された道路と
ジョギングの人向けの道もあります。

でも体力回復期には
舗装された道路は足への
反発が強くちょっと疲れました。

自然の土の上は
比較的楽で木の下を歩くのは
広い道を歩くよりも
うんと安心できます。
不思議と多く歩くことができました。

体力を落とした人には
おすすめですね。

誰かが松ぼっくりで
2018
と作ってありました。

a0188838_23450061.jpeg
誰も壊さず写真を撮ったり
しながら通り過ぎていて
平和だな~(*´▽`*)

と思いつつ。。。


実は疲れてて柱にしがみついてました笑


画像に含まれている可能性があるもの:空、屋外、水、自然


お散歩。
あなたもしてみませんか?


おしまい 



[PR]

by sarah_51 | 2018-01-02 23:48 | 医療と健康  | Comments(0)

たった2人しかいなかった患者さんが、たった1年で5人に!


昨年、難病患者リーダー研修で出会った
「膵島細胞症」
という患者さんお二人。

以前その方達を紹介するブログを書きました。


当時たった2人しかいなかったこの病気。
ところが、この過去ブログに出てくる、
情報発信を一生懸命していた方が、
残念ながら準備会の設立を目前にして、
病気の症状でこの世を去ってしまった。。 

聞いた私でさえショックだったのだ。
きっといっしょに活動していたもうお1人の
方はどれほど重いモノを背負っただろうか。

でもこのブログを読んで、
その後お1人連絡をくださったのだ。

そしてその後も何名か見つかり、準備会のHPも完成。
患者会設立に向けてがんばっている。


パソコン教室にひと月通って一生懸命
自分で作ったそうです。

まだ事務局としてはお1人での対応とのこと。

でも先日フォローアップ研修で再会し、
突き進むためにあれはどうだろう?
これはどうかな?とどんどん行動されていました。

医師や製薬会社などサポートや
バックについてくれる人もいないのです。

むしろ患者さんの方が症状に詳しい状態。
それでもあらゆるところへ連絡し、
可能性を広げようと活動されていました。 

私と反対側にいる方がその方。
いい笑顔でしょう? 

a0188838_20253589.jpg
他の方も昨年の研修で会って以来の再会。
みんな持っている病気が異なります。

模索しまくりだけど、がんばってる。

難病がある、障碍があるってなんなんだろう。

そんなことを想いつつ。
また新しい出会いもありました。

a0188838_20255521.jpg

え~っとみんな病気ありますよね??笑 

自分のためだけじゃなく
誰かの未来のために。
社会のために。

がんばってるみなさんです。
私もがんばろー(*´▽`*) 


おしまい 





[PR]

by sarah_51 | 2017-12-19 20:40 | 医療と健康  | Comments(0)

亡くなった家族の物、その後どうしてますか? 

「在宅ホスピスを語る会」
というものに初めて参加してきました。

参加者の方の中から、

「自宅で看取った父のものを未だに片づけられない」

という声があり、みなさんはどうされてますか?
という問いかけがありました。

・自分もまだまだ全然片づけられない
・周りからは片付けろ、区切りをつけろと言われるが、
 自分がどう思うかを大切にしたらいい。
・ずっとそのままになっている。
・人に使えるものはもらってもらった。
・分骨してもらい一部骨を自宅に置いている
・母が育ててた花を咲かせて見せたいと思ってる

など様々な声が会場からあり、
実際の経験をし、今尚亡くなった家族を想いながら
時に涙ぐみながら話されるその言葉に、
質問者の方もご自身だけではないと、安堵された様子でした。 

私もこれまでに身内と言える人を亡くした経験があります。
ただ、私はいずれも自宅ではなく、
病院でその最期を看ています。

なので自宅にその方のモノがあるのと、
また少し異なるかもしれないと思いましたが、
ブログにしておこうと思います。

私はずいぶん前に自分の子供を亡くしています。
その子の遺骨は実のところまだ自宅にあります。
当時はとても手放せる気がしませんでした。

イスラム教徒となった今、
私は土葬ですので子供だけ別のお墓を
購入しようとは思いません。

きっとずっといっしょに家にいるのかなと思います。
ただ家の中に特別な存在として
飾ったりはしていません。
そっと見えないところにあります。 

旦那さまの行動はみなさんの中にも
共感するところがあるかもしれません。 

旦那さまは幼い頃じぃちゃん、ばぁちゃんに
とても可愛がられて育ち、まるで自分の
両親のように思っていました。

そのおじいさんが亡くなった後、
彼はずーっとおじいさんが寝ていた
介護用ベットに寝てました。

新婚生活が始まる時、彼は私に、
「あなたはこの枕を使っていいですよ」
と手渡してくれたのは、
なんとじぃちゃんの使ってた枕でした笑 

介護用の柵が付いたままのベットで
新婚の頃二人で眠りました。

押し入れに大事にし過ぎたその枕は
引っ越しの時処分することに・・。

でもじぃちゃんが着ていたコートも
ネクタイも。着れるもの使えるタオルなど。
どれもこれもうちの旦那さんは
捨てることなどできず、大事に使っています。

今日の会でも、やはり捨てることというか、
そのままベッドの場所すら移動できてない
という方もいらっしゃいました。

私も奥様が亡くなられてから、
たったの1度もその部屋に入ったことがない
という方を知っています。 

3年前ばぁちゃんを看取った後はというと、
病院で着ていたパジャマや使っていた
スプーン・コップなどは、
もう病気の時のものという感じがして、
亡くなってすぐに処分しました。

病院から自宅へ戻る際におしゃれして
着た服も亡くなったその病院での
最期ばかりが頭に浮かび、やはり処分。

洋服やアクセサリーなどは
仲の良かった方やサイズの合う方に
もらっていただいたり。

じぃちゃんの時と異なり、
割と早くに処分したと思います。

でもばぁちゃんが亡くなる前の
数年間使っていた椅子はどうしても
旦那さんが処分したくないというので、

全然高さが合ってませんが、
食卓で使っています笑。

じぃちゃんのコートもネクタイもですが、
どれもなんか彼にはあまり合ってませんが、
別にそんなことお構いなしのようです。

それでいいと思います。

家族の想いを持って生きていく人が
それで気が落ち着くなら。
それがいいのだと思います。

でももっといいなと思うのは、
時々亡くなった人が好きだった店や
食べ物を食べに行ったり、

大事にしていた家族や
お友達に会いに行ったりして
想い出を共有することです。

あーあんなことあったよねー
そうそう、こんな時は
こんなことしてたー。

じぃちゃんならきっとこう言うね。
ばぁちゃんやったらこれ怒るわw

そうやって大切な人のことを
いつまでも言葉に出して
話せる人がいるっていうのも
とても大事なのかなと思います。

あなたは大切な誰かを亡くしたことがありますか?

その方が大切にしていた人、
友人、知人、兄弟姉妹。

その人たちにとっても、
その人は大切な人でもあるのではないでしょうか。

1人の人には様々な人が関わって生きています。

そんな面もあったんだ。
そんな風に亡くなった人を通じて、
いろいろと人と人とが
つながっていけるとまた嬉しいですね。

無理をせず、あなたの想う今のまま。
過ごして欲しいなと思います。

答えは周りの誰かではなく、
あなた自身の中にちゃんとあるので。 

それにしてもこの「在宅ホスピスを語る会」。
とても素晴らしい会でした。

各地で開催されるようなので、
お近くでしていたら参加されてはどうでしょう?

心理学などの学問からは到底学べない、
医療者からの話からでは全く聞くことのできない、
家族だからこその、素敵な生きるヒントが
ぎゅっと詰まっていました。 

私もまた参加してみたい。
そう思います。 
インシャーアッラー 

おしまい 











[PR]

by sarah_51 | 2017-12-02 21:03 | 医療と健康  | Comments(0)

夢や希望を語り合える友に、瞬時になれることもある。

それは本当に挨拶程度と
ほんの少しの会話だけだった。

7年ほど前、ある学会会場で
私はその人と出会った。

当時彼女はすでに在宅医療の世界で
理学療法士として看取りの現場にもいて、
私は病院の緩和ケア病棟で
日々看取りの患者さんとご家族に出会っていた。

今よりも理学療法士が、
がん患者さんや看取りの現場に
携わるという機会の少ない時代。

名刺交換をしてちょっとしたことを
話しただけだったけど、その瞬間、
「同じ想い」
を胸に働く人と出会った気がした。

理学療法士としての
テクニックや理論ではない。

人として大切なこと。
看取る、見送る上での大切な時間。
家族と患者さんをつなぐ担い手として
自分たちのできる役割がある。

そんな想いがぐっと胸に
残った出会いだった。

でも、全く住む地域の違う
関西在住の彼女と福岡の私。

連絡を取り合っていたわけではない。
むしろずっとその後を知らなかった。

でも7年の時間の間に、
さらにその想いは蓄積されて、
偶然またつながることができて・・。

会いに来てくれたのです。

じっくり話したのは
本当に初めてなのに、

まるで7年間ずっとずっと
毎日共に働いていたような気がするほど。

一瞬の出会いでも何年も
ずっとつながり続けることって
あるんだなと心から感じました。 

アクティブカラーセラピーも
受けてくださって。

まさに最後の結論は、
「一歩前進」

a0188838_21560184.jpg
嬉しいなぁ。

ほんとうに。

私も負けずに前進しよう!!

おしまい 

ーーーーーーーーーーー
お知らせ 
待望の!
アクティブ・カラーセラピーの本が
主婦の友社から出版されます! 
絶賛予約受付中!! 

ーーーーーーーーーーー
さあらの活動予定
・11/25(土)さあらの部屋「ジャーナリストってどんな仕事?」@博多阪急丸福珈琲

・11/22(水)さあらさんと行く♪世界のランチ会@福岡市大橋 
 イベント詳細はこちら♪終了しました♡

・11/26(日)シリア支援「上映会&ランチ」@福岡市 

・12/9(土)パスポートのいらない世界の夜会「モンゴル」NEW!
 
・12/24(日)マリア様についてお話し会@福岡市

ーーーーーーーーーーー
その他 
☆アクティブ・カラーセラピー臨床調査実施中 
(2018年3月31日まで無償で実施)
終末期・認知症・知的障碍者の方、病院・施設など

☆アクティブ・カラーセラピー 
 個人セッション随時受付中 
 4歳~実施可能です。1回50分5千円 

☆各種講演会・講師伺います。
(イスラーム/乳がん術後リンパ浮腫ケア/各種リハビリテーションなど)

お問合せ→midaidokoro.sarah@gmail.com 
ーーーーーーーーーーーーー













[PR]

by sarah_51 | 2017-11-23 22:08 | 医療と健康  | Comments(0)

不安はやらないとますます不安になる不思議

新しい場所や新しいことを
する前にわくわくよりも
不安になってしまうことがある。

気持ちが不安なだけでなく、
それが身体の緊張にもなって、

良い緊張感ならいいけれど、
それも過ぎれば睡眠障害になったり、
胃腸の不調につながったり。

結婚するまで一人で遠出を
ほとんどしたことがなかった私。

最近電車にほとんど乗らず、
車で移動できる範囲しか
普段出かけなくなり、、

電車に乗ると思うとちょっと緊張したり
移動中の温度の差とかで発作が出ないかとか。
降りるところを間違えないようにとか。

そんなことを考えるだけでも
身体が緊張方向にいってしまう。

飛行機移動は年に数回あるので、
いつも行く場所ならだいぶ慣れて
1人でも以前ほど緊張しなくなったけど。

でもそれも以前は持病の発作にも
つながるほど、疲労と緊張の連続だった。

慣れも大事ですね。

おしまい 








[PR]

by sarah_51 | 2017-11-05 22:50 | 医療と健康  | Comments(0)

職場以外に想いを同じにする仲間はいますか?

乳腺専門病院で
リンパ浮腫ケア外来をしていた頃

どこでどう知り合ったのか
もう記憶にないですが。

「想いを同じ」にする
仲間に出会いました。

自分の病院以外の
良い所、改善点
これからへの想い。

いつもたくさんのことを
教えてもらい、
疑問をぶつけ、
そして行動してくれる。

県外の遠く離れた場所で
勤務状況も
できることも
業種も異なる人たちですが

むっちゃ力になります。

a0188838_11183044.jpg
この日熊本で行われた
「リンパカフェ」

患者さんたちが集まる会と
医療者向けの会に

参加してきました。

東京のがん研有明病院の
リンパケアルームの看護師さんたちです。

a0188838_11172769.jpg
企業さんもサポートしてましたよ。

a0188838_11184870.jpg

がんの術後などに起こる
リンパ浮腫

多くの方が
「不安」や「恐怖」を
抱えて過ごしています。

a0188838_11174635.jpg
その不安の中の多くは、

実は医療者の何気ない一言からであったり、
実は正しく情報を知る機会がなかったり、
実はそれほど問題のないことばかり
だったりもします。

そういった患者さんの
ほんとの気持ち。

グループワークに混ぜていただき、
それを聞かせていただいて
本当によかった。

それに対して自分に
何ができるのか。

患者さんたちの
それぞれの人生に

もっと豊かな実りが
あるように。

会が終わってみんなの決意を
書いたりんごの木。

a0188838_11192457.jpg
「福岡でもやるぞー!」

と書いてみました。


やる気を見せてみた!笑 

a0188838_11181458.jpg

いや本当はこんな感じw 


a0188838_11180104.jpg

一生懸命じゃなく

楽しくゆるっと
お気軽に♡

私がしたいのは
そんなこと。

想いを新たに
計画を実践していきます!

おしまい 














[PR]

by sarah_51 | 2017-10-10 11:43 | 医療と健康  | Comments(0)

誰かと会うと思うと元気になる。病気があるからこそ人と会おう!

元気がないから会えない。

病気があるから行けない。

いつ行けなくなるかわからないから。

予定を立てない。

私は10代、20代の頃
ずっとそうやって

誰かと約束をするのが嫌で
予定を入れなかった。

実際本当に急に発作で
行けなくなることもあったし

入院したときは
誰も呼ばなかった 

会いたくなかったし
人と会うのが怖かったし

とにかく耐えて過ごせば
とにかく学校や仕事に
行くことだけを考えてれば

それでいいというか。
それしかできなかったから。

責任感とか。
そういうのもあるけど。

でも「約束」って
すごく私には重たくて
大変な作業だったから。

でも今は違う。

約束はとても大切。

それは、自分を元気にしてくれるから。

ある時友達が、

「元気になったらいっしょに
 モロッコへ行こう」

そう行ってくれた。

行けるはずなんてない時に。
トイレまでだってやっとな時に。

でも嬉しかった。

そんなの行けるわけないじゃん。

そうじゃなくて、
うん!いいね!行こう行こう!

そう言ってみたら、
なんだか元気が出た。

元気になるために。

予定はあるんだと思う。

だから怖がらなくていい。

病気があっても、
今は行けそうになくても、

行きたい場所や
やりたいことを

叫んでみればいい。

行けたらいいな。
やれたらね、、、、

じゃダメよ。

「行く!」
「うん!やる!」
「したい!」

しっかりと自分の心で
叫んだら、

予定が変わって
身体が元気になっちゃうかも。

そんな予定変更。

あってもいいよね。

あなたが心から
うんと叫べますように!

おしまい 






 



[PR]

by sarah_51 | 2017-08-02 22:52 | 医療と健康  | Comments(0)

がん患者さんに理学療法士ができるたった1つのこと

「できることを伝えること」

これにつきると思います。

私は乳がん患者さんに10年
理学療法士として関わってきました。

理学療法士の仕事は医師ありきです。
医師の指示が処方箋として出されて
始めて患者さんと出会います。

私が勤務していた病院でも、
手術が終わり、理学療法が可能な時期に
なると指示箋が出されお部屋に
伺うという流れでした。

そんな時、私が出会う患者さんは、
乳がんとすでに診断され、
手術が無事終わり、
そこに傷があり、痛みがあり、
これから理学療法が必要な方です。

でも、その傷には、

「がんかもしれない」

という時からずっと抱えてきた不安や、
手放してきたモノや人や食べ物や
様々な想いがあり、

そしてこれから先、
あきらめざるを得ないことや
治療への不安や、
仕事や家族のことや
将来のことや

数えきれないことがあるのです。

その過去と未来を想像してみてください。

その上で、あなたはその患者さんに

「〇〇はできません」
「〇〇はしないようにしてください」

と禁止事項だけを伝えることができるでしょうか。

もうすでにできないことや、
してはいけないことや、
あきらめなくてはいけないことだらけだというのに。

もちろん、治療をしながら、
していきながら、どんどん新しいことに
チャレンジしていく患者さんたちも
たくさんいます。

でも医療関係者のひと言は、
場合によってはずっとその方の
人生を制限し続けることにつながるのです。

「重いものは持たないようにしてください」

そう言われてずっとずっと、
何も持たずに料理も家事も家族に
お願いして、ダメなできない妻になってしまって
ごめんなさいを繰り返し繰り返し。

過ごしていた方もいます。

自分のお子さんを抱きしめてあげる
こともできないと思い、
ダメなお母さんでごめんねごめんを
繰り返し続けて生きている方もいます。

お子さん。
抱っこしてあげてください。

病気のあなたではなく、
病気のママでもなく、

お子さんにとって
あなたは大好きなママに
何ら変わりはないのですからね。

いつだって私はそう伝えてきました。

男の子だからって
遊べばいいじゃないですか。

いつだって、家事だって
仕事だって、工夫したらできること
だらけなのだということを、

いっしょに考えてきました。

重いモノへの呪縛から解き放たれ、

登山に嬉しくて出かけて行った方も、
孫の御守りをそれならがんばらなくちゃと
ウキウキしていった方も、

家事は好きじゃないから
ちょうどよかったわと喜んで
お願いする方法として
甘え方を、その伝え方を楽しむこと
を覚えた方も、

他にもたくさんなあんだ!
とおっしゃって過ごされた
方たちがいます。

でもそれは、
結局はみなさん

「できることがある」

ことと、その理由を知ったからなのです。 
あとはご本人が自分でやって
いってくださっていました。

「できないこと」

を伝えるのは素人でもできます。

プロとして、その方の人生に
ほんの少しでも何か希望となるものを
そのきっかけを、せっかく手術が成功して
その場に居合わせるのですから。

伝えて欲しいと思います。

おしまい 


ーーーーーーーーーーーーーーーー
医療従事者や患者さんで
乳がん術後のリハビリテーションの
方法やリンパ浮腫治療ついて聞いてみたい方は
遠慮なくご相談ください。

交通費・宿泊費いただければ伺います。

*実際の治療はお受けできません
*レクチャーのみとなります
ーーーーーーーーーーーーーーーー
さあらと繋がりたい方
友達申請はメッセージいただけると喜びます。
フォローご自由にどうぞ!基本フォロー返し。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆講演会・お話し会等ご希望の方☆
→midaidokoro.sarah@gmail.com
までお気軽にお問合せください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー





[PR]

by sarah_51 | 2017-06-16 14:38 | 医療と健康  | Comments(0)

1日1万歩を目標!は間違い!?あなたに合った歩数と体力の上げ方

それはまず、

「1週間万歩計で1日の歩数を測る」

ことから始めます。そもそも
「1日1万歩が身体にいい」
というのは誤りです。

1日に1万歩自然と歩けている方たちをみれば、
健康的だったというだけのことであり、
誰もが1万歩を目指せば故障者続出でしょう。

そしてこの1万歩の言葉のせいで、
せっかくのウォーキングが続かず、
3日坊主とか、怠けてるとか、
自分を責めてしまう人も多いのです。

ですから、まずは
「自分がいったい何歩普段歩いているのか」
知ることから始めます。

なぜ1週間としたか。
それは日によって歩数に変動があるから。

仕事に行く日は6千歩あったとしても、
休日は300歩だけだった、、、。

デパートに行った日は1万歩超えてたー!
と自慢するのはいいですが、
翌日はぐったりして何歩歩いたのかもわからない、、、
ということがあるからです笑。

ですから何歩だろうといいのです。
毎日まずは歩数を測ってみる。
例えば通勤している事務職の方がいたとしましょう。

ーーーーーーーーーーー
事務職 Aさんの場合 
ーーーーーーーーーーー
月 4300
火 35oo
水 3000
木 7800
金 4000
土 12000
日 450

こんな1週間だったとします。
普段職場でも座っていることが多いと
通勤の移動くらいが歩くっていう時間だったりしますね。

土曜日はお買い物で歩数が
アップしていますが翌日は
お休みデーだったようです。

こんな場合、まず最初にするべきことは、
毎日の歩数を平均化することです。

無理なくできそうなラインとして、
この方の場合だと、4,000歩
くらいでしょうか。

それなら少しの意識でできそうですね。

また、歩数は増やすことだけ
考えるわけではありません。

1日トータル4,000歩を
まず平均化することを目標にしたら、
1日にそれが偏らないようにも工夫しましょう。

例えば休みの日に、ふと万歩計を見て、
午前中まだたったの300歩!!
と思ったら、午後一気に
4,000歩は大変ですので、
少しこまめに家の中でもいいので、
うろうろとしてみましょう。

400歩が10回あれば4,000歩になる
のですから、たくさん歩く必要はないのです。

また逆に、買い物などに出かけて、
ふとその歩数を見たら、
すでにもう3,000歩を超えている!

という時には、帰りは電車でも
できる限り座ったり、エスカレーターや
エレベーターを利用して、平均歩数よりも
上がりすぎないようにすることを
むしろ意識します。

主婦の方やお年寄りも同じです。
ーーーーーーーーーーー
75歳女性主婦 Bさんの場合
ーーーーーーーーーーー
月 2,000
火 1,800
水 750
木 980
金 3500
土 7000
日 1500

どうでしょう? 
実は主婦業の多くは重労働と言われる
要因はこうした歩数からもわかります。

すっごくお掃除をがんばって、
お風呂掃除もピカピカにしたとしても、
どんなに煮込み料理を美味しく
作ったとしても。

そうした作業のほとんどは、
「歩数」にはつながっていません。

自宅での労働は血液循環を改善させて
くれる心地よい動作とはまた別なんですよね。

ですから、ムリなく家の周りをちょっと
1周する程度から意識しつつ

この方の場合は、1500-2000歩を
安定化することから始めるといいでしょう。

え?もっとできそう??

そうですね。

たった500歩増やす程度って
やってみるとあっという間です。

もっとできそう!足りないのでは?
と思うかもしれません。

でも最も大切なことは、

「あなたの生活で求められている歩数」

を自然にできるように、そして
そこをアップしていくことが大事なのです。

私1時間毎日歩いてるわ。
スポーツクラブに行ってるから。

そうおっしゃる方ほど、それ以外の
23時間は何をしているのでしょう?

とお聞きするとみなさん
黙ってしまいます。

「運動」とは、
物体がA地点からB地点へ移動する
ことを言います。

スポーツをすることでも、
なんでもなく、自分の身体を
移動させることのできる力が
どれくらいあるのか。

ということがとても大切なのです。

それに不思議なことに、
この「平均化する」ことを意識して、

無意識に自然と平均化したら、
500歩または1,000歩ずつ
あげてまた平均化させる。

という方法を取っていると、
続けられなかったという人は
ほとんどいません。

筋力は直線的に強くなるのではなく、
こうして階段を一段一段上がる様に、
一旦そこでとどまることができたら、
次の段階に体がOKしてくれます。

ウォーキングというと
外に出てするものだと思い込んで
いる方がとても多いですが、

ようは歩数を安定化→向上させれば
いいので、家の中で足踏みでもいいし、

洗濯カゴを5歩ほど離れたところに置いて、
ちょっと取っては干す。

を繰り返したっていいのです。

買い物に車や自転車で行ったって
全然いいんですよ。

ただ停める場所を、ほんの少し
入口から遠くにするだけで、
往復100歩は稼げるんじゃないでしょうか? 

オフィスやデパートのトイレで
一番奥を使うようにするだけでも
ちがいますよね。

こうやって、

「生活の中で工夫」

することが最も大事だということを
ぜひ覚えておいてくださいね。

あなたの生活で必要とされている
歩数はどれくらいですか? 

実際にあなたはどれくらい歩いて
いるでしょか?

まずは知ってみることから。
始めてみてくださいね。


おしまい 

[PR]

by sarah_51 | 2017-06-14 10:37 | 医療と健康 

3つの「ここがめっちゃ面白い!」声紋分析心理学@モニター体験

声紋分析心理学 のモニターを
受けてきました。 

a0188838_18430803.jpg
これめっちゃ面白いです!

①たった6秒でテストが終わる!
②心の特徴が3つの深さでわかっちゃう!
③だからそうだったのか!という科学的分析を得られちゃう!

ーーーーーーーーーーーーーー
①たった6秒でテストが終わる!
ーーーーーーーーーーーーーー

いやマジで。
パソコンにつないだ小さなマイクに
向かって、ただ普通のトーンで、
自分のフルネームを言ってただけです。


ーーーーーーーーーーーーーー
②心の特徴が3つの深さでわかっちゃう!
ーーーーーーーーーーーーーー

写真の図で、円が3層あるんですよね。

それが心の表層、深層、潜在意識という
感じで分かれてるらしい。

さらに12色のカラーや自分軸、他人軸など、
かなりいろいろな方向から知ることが
できました。

例えば、青の部分。

そこはビジュアルとか視覚的なことから
入る性質のある人だとか。

私は表面的(一番大きい円)には、
それほど波が反応してないけど、

深い心のところではむっちゃ反応してて。

そして水色とか緑の部分を見ると。
内側全く反応してない。。。

こちらは「聴く」ことで情報などを
得る性質のあるタイプらしい。

つまり、、、、。

「見た目や文字などで理解するタイプ。
 人の話を聞いてるだけでは、
 全然理解できない、、、」

ということがわかったw 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
③だからそうだったのか!という科学的分析を得られちゃう!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

他にも様々な角度から分析してもらったのだけど。

マジであーーー!!って腑に落ちてしまった。

私は音大合格歴があるので、
耳が良いと思われているですが、

旦那さまが、夕飯いるとかいらないとか、
ニュースを読み上げたりとかするのが、

「全く」と言っていいほど
頭に入らないのです。

いつも、いいからそれ見せて。
とか、
カレンダーに予定は書いて。

とお願いしていた。。。

そして子供の頃から語学学習も
ただ聞き流しだけでは全く覚えられず。。

分析結果を聞いて、なんだ、

「素質して持ってないんじゃん」

ということがヤケに腑に落ちてしまった。

他にも私のこれまでの仕事の仕方とか、
他人とのかかわり方とか、
なんでそう宇宙人っぽいのかとか。

言われてきたことや、
やってきたことがなぜうまくいっていて、
なぜあれは不得意だったのか。

ほんと細かく教えてもらえてちょー納得した!

これを上手に利用していくと、

障害とか病気とか思っていることも、
別に単なる素質の問題なこともあるだろうし、

なんであの子は何度言ってもわからないのか?

ということも、私のように
「書けばいいのか」
ということがわかり人間関係も
円滑にいく可能性がある。

なにせたった6秒の声だけあればいいので、
旦那さんの声を吹き込んで、
分析してもらい、

あー!それでああなのか!!!(笑)

と納得して、接し方を変えてみると
うまくいくかもしれない。

もちろん、仕事の方向性とか、
どんな風にアプローチしたら
その仕事を活かしていけるかとか。

自分の特性を知って、
進められたら全然違うよね。

なんだ、がんばってたけど(表面では)
深いとこでは全然やりたくないじゃん

とかもわかってすっきり
次いってみよーって
できることにもつながるかも。

何より、脳科学と心理学からの
分析なのでより納得できて面白い。

お友達が現在お勉強中だそうなので。

始めたらまたご案内します!! 

というわけで、私に何か
言いたいことがある人は、
話して聞かせるじゃなくて、
メールなり、メモなり、

「文字で見える化対応」

でお願いいたします笑 

おしまい 















[PR]

by sarah_51 | 2017-06-08 20:20 | 医療と健康  | Comments(0)