2018年 10月 03日 ( 1 )

「脳転移」と友とわたし⑯「同室のおばあさん」


急性期の病院から、
リハビリ専門病院へ転院した友。


友が転院した際、
病室に案内されるエレベーターの中で、
すぐさま私は友の「取り扱い説明書」なる
お願いごとを書いたA4用紙を1枚、
看護師さんへ渡した。

「私はあまり多くこれませんので、
 彼女についてこれでご対応お願いします」

その一言で伝えたものとは。
以下実際の用紙をコピペ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

○○さんのご対応についてお願い 

この度入院でお世話になります。聴覚障害があるXXさんとのコミュニケーションを

円滑にするために、下記事項、ご協力をお願いいたします。 

◇聴覚障害について◇ 

発声が可能なため、一見会話が聞こえているように錯覚しますが、

全く耳は聴こえません。お手数ですが以下の点お願いします。

マスクは必ず外して話してください。

簡単な会話はゆっくり大きく口を開けて話してもらうと口を読んで理解できます。

マスクをしたまま聴こえてるかのように通じることがあってもそれは偶然か、

ジェスチャーでたまたまわかっただけで、実際にはあまり理解していません。

あとで誤解のもとになりますので、必ず外して理解度を確認してください。  

薬や医師の説明など大切なことはノートに書いてください。

口頭で伝わったとしても記憶に残っていることが少ないです。

検査の予定や薬の変更、その他日常会話と異なるもの、

本人の意思を確認する必要がある内容のものは必ずノートに記載してあげてください。

単語のみでも大丈夫です。 

例)今日から 薬 変わる 131回のみ 

声掛けは肩をとんとん 

廊下を歩いているときなど声では気が付きません。

その場合は肩を軽くたたいてあげてください。

1人の時間と曼荼羅作成◇ 

1人の時間が持てないと非常にストレスを感じ不眠になることがあります。

曼荼羅を描き続けることも今本人の意欲のもとになっています。

ベッドサイドが難しい場合、良い場所・時間など教えていただけると助かります。

◇その他◇ 

必要なものの購入や病状の説明などで必要な時は付き添いの今村が行います。

何か必要な時は090-XXX-AAAAまでご連絡ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

この紙1枚で、驚くほど効果があった。

実は以前の病院では何度伝えても、
医療者がマスクをしたまま
大きな声で話しかけたり、
耳元で伝えようとする人がいたし、

友はそのたびに同じ説明を
強いられ疲れていた。 

なのでこれをカルテの表紙に挟んでもらい、
情報を徹底してもらうことに。

さすがにヘルパーさんまでは
そうはいかなかったけれど、

最初に対応してくれた友好みの
すらーっとしたイケメン看護師さんは、
丁寧にノートに始めから書いてくれたし、

その後もリハビリのスタッフや看護師さん、
先生に至るまで、手話を覚えてくれたり、
筆談をメインに本当によくしてくれていた。

そしてなんと・・・。

あれほど年寄りと同じ部屋で
気が重くなっていた友の部屋に、

「手話のできるおばあさん」

が入ってきたのです。

それも「若いころ少しだけね」
と言いつつ、非常にスムーズな手話で、
友のことをいつも気にかけてくれ、

何かと話しかけてくれたことで、
すっかり友も病院に馴染んで
リハビリ三昧の日々ながらも、
それなりに過ごせるようだった。

そして私は、、というと
猛烈忙しくなった・・・。

なぜなら、友が万が一「退院」と
なった場合、4階建てのアパートの4階
手すりなしのあのアパートに一人暮らしは
さすがに予後も考えて難しい。

なので「荷物の整理」と「引っ越し」を
場所探しから何からたった2週間足らずで
しなくてはならなかったのだ。

ここから本当に私たちは
頭がアホになるほど、
あれこれあれこれ考えて、

整理して、くじけそうになる
ことに出会ったりしながら、

でもやっぱり友の道には
いつも寸でのところで、
ものすごい光が差し込む出来事に遭遇したのだった。


つづく 





[PR]

by sarah_51 | 2018-10-03 21:29 | 医療と健康  | Comments(0)