「脳転移」と友と私㉑「なぜ私なのか」


ようやくリハビリ病院から退院できる
アパートが見つかった友。 

ところがもうこの頃友は経済的に
かなり大変で、もともと受けていた
障碍者年金だけでは難しく、 
生活保護の手続きをしていた。 

生活保護の人は自分で勝手に
引っ越しができるわけではない。

また病院側の都合もあるので、
勝手に引っ越し時期を延ばして、
その間入院させてくれというわけにもいかない。

なので私はこのアパート決定までに、

①区役所の生活保護課担当者に連絡
 引っ越し理由を告げ、引っ越しが可能か。
 可能であれば引っ越し代金は補助があるか。
 家賃などの問題がないか(保護費範囲をすでに選定)
 など相談。

②保護課担当者から主治医の病院
 ソーシャルワーカーへ連絡と
 状況・事実確認を依頼。

③主治医ソーシャルワーカーから
 リハビリ専門病院ソーシャルワーカーへ連絡。
 リハビリ病院退院後、主治医の病院へ
 戻って再入院・抗がん剤治療ではなく、
 退院の方向で進めてもらえるよう伝えてもらうことを依頼。

④リハビリ専門病院ソーシャルワーカーへ連絡。
 ①~③を進めておりアパート選定も
 終わったため、場合によっては入院期間の短縮、
 または延長があるかもしれないことを伝える。 

⑤①~④のことを不動産屋へ連絡。
 保護課に提出必要な書類、引っ越し代金の
 振り込み時期、家賃引き落としができないため、
 支払い方法の確認など含め鍵渡し日の調整。 

⑥引っ越し業者の選定と保護のため、
 区役所保護課への提出書類の依頼と
 引っ越し予定日での仮予約などを依頼。 

などなどの業務(もう業務と言っていいよね??ww)
を日々しており、時には出向いて話したりなんだりで、

今こうして思い出して書いていても、
もう2度とやりたくねーボケカスぅうう!
と思うけど、なんでやれてたのか不思議なほど
淡々とどんどんとやっていた笑。

でもすると友の状況を話す機会や
代理でこうして来ていることを
「耳の聴こえない友人ががんで入院中なのでー」
と理由を何度となく伝えることが増え・・・。

必ずと言っていいほど言われたのが、

「長いお付き合いの大切なお友達なんですね・・」

だったわけで・・。

「いえ・・まだ出会って1年くらいでしょうかぁ・・」

というと、

「え!それは、、、よほど繋がりが強いんですね」
とか、
「すごい出会いだったんですね」
「信頼関係がすごいんですね」
とか、
なんか色々言われたんだけど、
それまで考えたこともなかった、
そういえば、

「なんで私だったのかしら・・・」

という疑問が出たわけで・・(今さらw)

率直に友に聞いてみた。
なんで私に頼もうと思ったの?
って。

するとなんと・・・。

「それがね、わからないの」

っていう返事で・・・

おみゃーがわからんのやったら、
ワイがわかるわけにゃーですわw 

っていう変な脳内言葉になった記憶ww 

まぁでもその後そうだなぁ~
なんだったんだろうなぁ~
うーんとー、
えーっとー、

とあれこれ友が考えて言ってきたのが、

「いろいろ聞かなかったからだね」

と言ってきた。

病気だと友が私に伝えたとき、

「だいじょうぶ?」
「病院どこ?」
「体調どう?」
「痛いとこない?」
「きついとこは?」
「食べ物どうしてる?」

などなど何も聞かなかったからだという。。。

えええ!!!!(;´Д`) 

それじゃまるで私が何も
心配してあげない人みたいじゃあないか!

しかし、、しかしどうだったか
思い出せず、、、。
その日のブログを見て驚いたわ・・・。 


本当だwww 
「確認した3つは」

ーーーーーーーーーーーーー
①手術に至った経緯と診断・術式、入院期間と治療に関して
 筆談ノートと彼女の説明から理解度合いを確認

②どこまで誰に伝えるか、伝えたいと思っているか

③他に協力者は誰と誰か。どういう人たちか。
ーーーーーーーーーーーーー

だってwww 

(ほんとだった・・・・(>_<))

まぁしかしあれだ。
友はそれが「よかった」と言っているのだから
よかったのだww 

根掘り葉掘り聞かれるのが
ほんと嫌だったと言っていたので、
なんも聞かなかった
私はその時点で友にとって、

「安心」

できたのだという・・・。 

でもこの「色々聞かれる」
ということが友にとって、
その後もずっとずっと負担になり、
人を遠ざけていく原因にもなるのだった。

つづく 


これまでの友と私の話はこちら。
↓↓↓ 








[PR]

by sarah_51 | 2018-11-18 22:50 | 医療と健康  | Comments(0)