「脳転移」友とわたし⑮「合宿所で忍耐の日々!?」

友の転院先を考える際、
2つの選択肢を考えて
ソーシャルワーカーさんへ
お願いをしていた。

その結果「○○の方向でいこうと」
なった前回。



それは、

①緩和ケア病棟のある病院へ行く
②リハビリテーションが主な病院で
 かつ緩和ケア病棟を見学できる病院へ行く 

というものでした。

友の状態は子宮頸がんから
本当に少ない確率で脳転移し、
脳に部分照射がこれまた奇跡的にも
ギリギリできる範囲の大きさで、

放射線治療を受けられたけれど、
それが効果を出すのかどうか
2週間様子を見なくてはならなかった。

ただどちらへ転ぶのか。。
そのまま悪化していくのか、
脳の浮腫などの改善により、
もしかしたらまた家に帰れるのか。

どちらになるかわからない状態の中で、
「○○の方向」とは、
「リハビリテーションメイン」の病院で行く。
という結果だった。

選んだというよりも、
「そこしか空いてなかった」
というのが事実。

でも私はその事実は
きっと良い方向にいく。
そう思って友に準備をさせた。

だがしかし・・・。

私は以前その病院に旦那さんの
ばぁちゃんを入院させた経験があった。

すごく看護師さんとリハビリスタッフが
連携してくれていて、
話もスムーズだし良いことは良いのだが・・。

たぶん友はすごく嫌がるだろうなと
思ってはいた。

友も後にこの時のことを、

「わぁ、、、行きたくないなぁと思った」

と言っていたけど。

なぜならまず、友は運動が大嫌い。
リハビリメインと聞くだけで
まぁ、、、嫌そうwww 

それ以外にも、

4人部屋の病室のベットは
ほぼ隣の人とくっついていて、
横並びになっていること。

つまりまるで合宿所のよう・・・
当然荷物は最低限のみです。

次に、朝起きたらパジャマから
運動しやすい服または普段の
服に着替えて病室以外のところで
過ごしてもらう状態。

なので1日3回はリハビリがあります。
プラス自主トレも入るので、
食事時間以外、夜までほとんど
自由時間がありませんw  

しんどい時はもちろん寝かせては
くれるけど。

そして極めつけは、
ほぼ入院患者さんはおばーさま、おじーさま世代。
若者はいませんねスタッフ以外っていう。。

ほとんどが車いすの高齢者ばかりで、
入浴も週に2回くらい。。。。
友は若いので汗かくんですけどねっていうw 

はてさてどうなるんでしょうねぇ。
と思いつつ・・・。

でもこの頃友はメッセージでチャットとか、
周囲の人たちと会うことをとても嫌がるようになっていた。

理由は様々なものだけど、
とにかく友を知る人から離れて、
山ごもりするかのごとく

「自宅退院」

というわずかな望みのために
必死こく必要があったので。

このある意味自由時間のない
病院へ行くことは、

「面会どころじゃないんです!!!!」

という立派な理由になるわけで。。 

私も基本病院や本人から必要な買い物などで
呼ばれない限り友の自立のために
面会に行かないことに。

そして私はこの合宿所ならぬ、
リハビリテーション病院で
友にある期待をしていた。

それはこれまでとはちがう、
コミュニケーションの在り方だ。

なにせ、「彼女耳が聴こえないので」
と隣のおばーさんズに言ったところで、

「まぁそうなの?私もこっちの耳が
 聞こえなくてね」

ってそらあんた、耳が遠いって
ヤツでしょう?????ww

っていう状態なわけで笑 

でもここから本当に
何度目ですか!!!っていうほど、
友と私は、友に起きる様々な
ミラクルを経験することになるのです。

つづく 













[PR]

by sarah_51 | 2018-10-01 00:22 | 医療と健康  | Comments(0)