「脳転移」と友と私⑪「母、子猫を崖から突き落とすの巻」


無事心配事の1つが去った友。


放射線治療も順調に始まり、
短時間で終わる治療の合間には
リハビリもスタートしていた。 

お猫サマーズも無事さらわれ、
さああとは治療に専念するべし。
というところで、私が仕事で
4,5日出張があり病院には
行けなくなる時期に。

その前に必要事項を確認しておこうと
友のところを訪れて、
少し気晴らしに病棟以外のところへ
連れ出そうということに。

1人では院内にあるコンビニへも
許可が出ていなかったが、

「今村さんといっしょならOK」

というおでき先生の許可がww 

この頃やたらと友は
「さあらさん、お母さんみたい~♡」
とごろにゃんしていたのだが、

はてさて移動しましょうかねって
時になってみると・・・。

看護師さんが車いすを持ってきて、
どうやらそれを私が押していくらしい。

友は耳が聴こえないので
後ろで押してると会話にならないため、
私は前を歩き、犬の散歩のように?
車いすを前から引っ張ることに。

が!・・・その瞬間

「おっんも!!!!」

と言ってしまったww

重いのだ!!!本当に!!!
なんだこのだらんとした体は!!!!
と思うほど友の体は重くなっており、
私はさらに次の瞬間

「なんで私が車いすを引かないといかんのだ!!」

ということに気が付いてしまった。

「ちょっと!自分でこげるでしょう?
 手も腕も問題ないでしょう?? 
 なんで自分でこがんのじゃ!!!」

と半ば𠮟りつけるように
友に車いすのこぎ方を教え移動させた。

全然問題なくできるじゃないか。

しかし再度疑問がわいた。

「トイレまで歩いてるじゃん(数歩だけど)。」

そうよ!この人歩けない人じゃないのよ!!
という声が私の中でぐわんぐわん回り・・・。

確かにフラつきはあるけど、
歩けなくはないのだ。
すぐさま歩行器を持って来て、

「これで歩きんしゃい!」

と歩かせたところ、

「うわ~~楽~~~ぅう(*´▽`*)」

と喜んでいる友。
よ、喜んでる場合か?ww 

そして今後のことなどを
話している時、私は驚愕の言葉を聴いたのだった。

「さあらさんが心配だから、
 入院してた方がいいんだよね?」

という言葉だ。

確かに私は1人暮らしで脳転移後、
治療開始までの間悪化していく危険性を
考えると、入院できたら安心だけどとは
言っていたことがある。

でも私がそれに対して伝えたのは、

「私が心配だから」じゃなくて、
「あなたが一人で生活できるレベルじゃないから」
入院してるのよ?わかる???

だった。

確かに具合は良くなかった。
頭痛はひどく、めまいもひどかった。
でもお茶くみに廊下を歩いて行っていたし、
自分でできることも多かったはず。

だけど根本的なところで、

「サポートはあくまでも本人がどうありたいか」

に対して行うもので、
私や周りの人が「自分がしたいことを」
あれこれ勝手にするものではない。
と思っているので。

「自分がどうしたいか」

がないまま、今のまま
上げ膳末で、介護されてる生活で満足なの?
それでいいの?友がそういう生活だと
嬉しいな~楽でいいな~って望んでるなら、
どこまでも介護しますよ。

または、1秒でも治療してたい!
どんな姿になってでも「治療」を続けることが
今の希望なんだっていうなら、
とことん抗がん剤でも放射線でもがんがん
やってもらうよう頼んであげるよ。

でも本当にそれが望みなの?? 

もしもの時は散骨がいいな~(*´▽`*) 

とかぬかしよるけど、
あなた散骨っていくらかかるか知ってるの?
それ誰が払うの??お金ないよね?? 

簡単にそういうことぼやくのやめて。
本気でそうして欲しい!
それが信念ならいくらでもお金かき集めて
どうにかしてみる。

でも単に夢見心地で空想的妄想で
何か言ってるなら簡便してくれたまえだよ
おっかさん。 

というわけで・・・。 

もう1度言うけどこのまま効果が出なかったら、
「残り三か月」
それでいいの?それが自分が過ごしたい時間なの? 

そのことをもっと切実に考えてもらうべく、
私が出張から戻るまでに、

・葬儀の方法、具体的な埋葬場所などを決めろ
・荷物の片づけを自分でする気でどうするか考えろ
・万が一の場合伝える人、内容はなにか書き出せ 

などなどを全部もう一度自分で調べて決めておくように。

それと、今のまま自分でできることでさえ
しないままだと、入院してるだけで体力は落ちる。
放射線治療の効果が出ても、

「筋力がた落ち」

で何もできなくなってるなんて
治療をした意味すらなくなってしまう。

ということを伝えて、
1日にするべき筋力トレーニングの方法、
回数、いつ何をどのようにするか。

あれこれ伝えて出張中は放置することにしたのだった。

「お母さんみたい~♡」

と甘えていたはずのさあらさんは、
子供を崖から突き落とすかのように
厳しいことを連発www

でも私がずっと気がかりだったこと。
それは友がいつもただただ、

「はい」

と言ってることだった。

主治医にも、看護師にも、
友達にも、お猫サマーズには特に!!

これだけは嫌だ。
これだけはなりたくない。
こんなことはやりたくない。

もっと自分のこだわりがあるはずなのだ。

そして彼女にしかない、
彼女しかできないこともまた、
あるはずなのだ。

私はもうすでに友の全てを
引き受ける覚悟で挑んでいるのだ。

甘えるな。

そんな生半可な気持ちで
生きてられてたまるか。

そんな気持ちを静かながらに
伝えたように思う。

のちに友はこの日のことを、

「さあらさんに殴られて目が覚めた」

と語っていたけど、
あ、見えてた?殴ってたのww
 
ていうねww
(エア遠隔殴りですがーw) 

でもね、お互い真剣勝負だと思うんです。
任せるほうも、引き受ける方も。

やれることしっかりやって
「自分」ってものの軸を決めた上だからこそ
安心して任せられるはずなので。

そう簡単に適当に丸投げするなー!

と思いつつ・・。
私が厳しくするのはあまりないので
その間はみなさんに励ましてもらうなり、
会ってもらうなりして優しくして
もらってたらいいかなーと思い。

面会枠を広げて会いに来てもらう
ことにしたのでした。



つづく 







[PR]

by sarah_51 | 2018-09-17 22:15 | 医療と健康  | Comments(0)