友達の「臓器」見たことありますか? 


怖すぎるタイトル。。
グロすぎますね、ハイ。

でも私は先日しっかり見ました。

友人が子宮頸がんになり、
1人暮らしで家族も絶縁状態のため、
身元引受人になったからです。 


当然ながら手術当日のことは
本人は寝ていてわからないので、
私も記録として残しておこうと思います。

本人の記憶はこちら↓ 
実はその日私は自分のイベント
を猛烈楽しく開催していました。
(友よ、こんな時にごめんw)

彼女の手術はおよそ6-7時間。
朝いちばんの手術なのですが、
万が一のためにずっと家族または
身元引受人が待合室にいる必要がありました。

でもラッキーなことに、
もう一人の身元引受人をしてくださった方が
15時までしかいられないと。

おーそれはいい!
私はちょうど15時以降でないと行けない!

しかも恐らく術後の説明。
「臓器」
見ますよ、説明聞きますよ。

というわけで分担して付き添うことに。
手術に2時間ほど延長とかは
よくあることなので、
まだまだ呼ばれないだろーと
のんびりしていたら、、、。

けっこう普通に呼ばれた。。(汗)

○○さんのご友人の方~~~

とアナウンスで呼ばれ、
手術説明室に入っていくと、
術衣を着た主治医の先生が、

「ん?」

という表情で私を見るので、、。

「○○さんの身元引受人で理学療法士の今村です。」

と言うと、話が猛烈スムーズに。
先生の方から「どこまで聞いてますか」と。

個人情報もあるので、臓器とか病状説明とかって
家族以外には通常は話すことはありません。
たとえ長く同棲していても、家族でない人には
何も伝えないのが病院というところなんですよね。

というわけで、私もそれはよく理解していたので、

「病状・手術に関する全てを聞いています。
 本人からとったモノは見てきて欲しいと言われています」

とすぐ先生に伝えました。
すると、脇の小窓から、同じく術衣を着た
看護師さんがひょいっとトレイにのった
彼女の「モノ」を先生へスルー。

受け取った先生も私の前へ遠慮なく
ドーン!

「これが子宮頚部でここがガンの部分です」

ともはや解剖知ってるやろ的な
すごい省略説明www 

でも即座に出たのは、

「大きいですね」
「そうですね。大きかったです」
「追加治療予定しますか?」
「あると思います。でも通院でやります」

という医療者の会話です。

彼女の子宮頸がんはステージ1bⅡ期というものでしたが、
聞いていた大きさよりも大きく思いました。

私これまで自分の担当患者さんの手術など
何度となく立ち会ったり見たりしていますが、
家族のよりも友人の「臓器」というのは、
またなんとも違った面持ちでして。。

実はちょっと一瞬ううっと思いましたが、
私が主治医の先生と話せる機会はそうありません。
なのでここで一気に話を詰めなくてはと思い、
大事なことをいくつか聞きました。 

「先生、退院が伸びることはありますか?
 彼女は1人暮らしです。食事と洗濯ができるレベルには
 およそどれくらい見ておけばいいでしょうか。」

先生の答えは、
日常復帰までおよそひと月ぐらいをみておいて欲しいこと、
少し家事のサポートがいるかもしれないこと、
退院はリハビリ次第だが2週間ではなく少し伸びる可能性があること。

などでした。
そこで私はもう一歩大事なことを伝えて
おかなくては!!と思い、、。

「先生、彼女は3匹猫を飼っています。
 猫はネコシッターに依頼してますが、それは予定の2週間のみです。
 私たち身元引受人は2人とも猫アレルギーで彼女の家にも
 入ることはできません。ですから、退院が伸びるようでしたら、
 エサやりに外出届を許可していただくなど、
 猫の世話がてら外出訓練としていただけないでしょうか。
 そのほかのサポートはこちらで考えておきます。」

と伝えたところ。。。

なんと彼女が目を覚まし、リハビリが始まると、

「猫飼ってるんですよね~がんばってください~」

とか、リハビリでため息休憩してると、

「猫がお家で待ってますよ~」

とあちこちで言われたらしく、本人は、
「なんで???なんでみんな知ってるのwww」
と驚きまくりだったようですが・・・。

ええ、ええ、犯人はワタシですwww

まぁでも麻酔で目が覚めた時、
私は彼女が朦朧とする中でも「さあらが来た」と
わかるようにと思い、

「おでこをコショコショくすぐって」

彼女を起こしましたww
だって看護師さんは絶対やさしく
肩をたたきながら、○○さ~~~ん、
って起こしますからね。

違うとこ触ったらなんだ??
って驚いて起きるかなーと笑 

で。
ほんとに「なんだなんだ??」
って顔で目を覚ましたのでwww

にやーーーーーーー(*´▽`*) 

っとした顔だけぐーっと近くで私は見せて、
全部終わったよーっていう
OK牧場なサインしてすぐ帰りました。

後で聞いたらぼやーってした中に、
ヒジャーブの全体像が見えたので
私だとわかったらしいですが、
わかってさらにピントがあってくると、

ニヤニヤした私の顔があったとか。

いやぁ。
この世のものとは思えない?
私の満面の笑顔とともに生還してくれて
ありがとうー!(*´▽`*) 


おしまい 










 












[PR]

by sarah_51 | 2018-04-04 22:13 | 難病関連なんでも | Comments(0)