拓殖大学の公開講座がすごい! 

東京都文京区にある
拓殖大学

a0188838_09501774.jpg

御茶ノ水の近く。
「茗荷谷(みょうがだに)」
という小さな駅から5分ほど歩くと、
いきなり
このでっかい大学が現れる。

うぉー!すげー!!!

大学っぽいーー!!!!

という大学を前にして
何を言っているんだという
感じだが、そう叫びたくなる建物。


中に入ると
さらにどこを見ても
その設備の凄さに

「ここで学びたい」

という気持ちにさせてくれた。

この日福岡から出向いたのは
この拓殖大学の公開講座
に参加するため。


イスラームの聖典である
クルアーンの解釈について
学べる公開講座だが、

この日担当された
野村先生は

サウジアラビアに留学、
イスラームを学び、
帰国された日本人ムスリムの1人で

福岡県出身ということもあり、
かれこれ7年以上
夫婦共にお世話になっている方だ。

久しくお会いできていなかったこともあるし、
この日のテーマである
「マリヤム章」
をちょうど学びたかったので

思い切って旦那さまと一緒に
参加することにした。

a0188838_09503191.jpg
初めこそ大学の設備に
感激したが

講義が始まると
そのレベルの高さにとても驚いた。

何しろ、参加されているのは
別にムスリムだけではない。

様々な年代の
男性女性が集まっている。
年配の方も多い。

そんな中、
クルアーンの、ムスリム達でも
入信して日が浅ければ
そこまですっと理解できる人
いないかも

というような内容の講義が
2時間休憩をはさみつつ
行われた。

そしてその間、
先生の話にうんうんとうなづいたり、
ほーー!
と感嘆したり。

私の近くの座席にいた
遥かに先輩のお年の方たちが
非常に熱心に耳を傾け
メモを取り、

積極的に質問をする姿勢に
私はさらに驚かされた。

ムスリムとして
私はもっと学ばないといけないと
感じたし、

それだけではなく何より
「知識を求める」って
とても素晴らしいことであり、
大切なことだな。

そう思わせてくれた
素晴らしい講義だった。
スブハーナッラー

年間を通して行われているため
続けて参加すると
より理解が深まること間違いない

また、その他の公開講座も
とても魅力的な講座が
ありましたよ。

ぜひ大学で学ぶ。

大学だからこそ聞ける。

そんなワクワクするような
学びを体験してみては
いかがでしょう?? 

私もまたぜひ伺いたい!
そう思っています。

学び続けるみなさんに
アッラーのご満悦と祝福あれ!


おしまい 













[PR]

by sarah_51 | 2017-09-16 23:42 | イスラーム関連なんでも | Comments(0)