【シシピ公開】シリアの定番焼き菓子♪「バスブーセ」は2度美味しい!

「バスブーセ」はセモリナ粉を使った
定番の焼き菓子で、トルコやエジプトでも
多少使うものが異なりますが、
「バスブーサ」と呼ばれ人気があります。

a0188838_22381036.jpg

アラビア語にも方言があって、
シリア弁は語尾がよく「え」に変わることが
多く、このバスブーセもシリアっぽい発音
だなぁ~と思うことの1つです。

いつも作ってもらってばかりなので、
自分でも覚えたくて再度習ってきました。

ーーーーーーーーーーーーー
用意するもの
*家庭で目分量で作っているため
 だいたいの量で書いています。

・セモリナ粉2カップ
・砂糖 2カップ
・ココナッツ(お好み)
・ベーキングパウダー(少々)
・サラダ油(菜種などでも可・オリーブオイルは使わない)

バラ水の蜜 (各分量は目分量でお好みで調節)
・水2カップ
・レモン 半分くらい
・バラ水 大匙1杯くらい
・砂糖 1カップ半くらい
ーーーーーーーーーーーーーー

①セモリナ粉をボールなどに2カップ入れる
a0188838_22005971.jpg

②砂糖2カップ

a0188838_22011519.jpg

③ココナッツをお好みで
(この日は袋の残りを全部入れてたので1カップくらい、、)

a0188838_22013201.jpg

④プレーンヨーグルト1カップ半くらい

a0188838_22015122.jpg

⑤サラダ油適量

a0188838_22020946.jpg

⑥よく混ぜ合わせる
(捏ねない。切るようにして混ぜるだけ)

粉っぽさが残ってしまう場合には、
ヨーグルトか油を少し足して様子を見る。

a0188838_22022631.jpg

⑦サラダ油を塗った耐熱皿に平たく生地を広げる

a0188838_22024161.jpg

a0188838_22025533.jpg
⑧広げたら少し置いておく
その間に蜜を作成する

⑨鍋に水2カップ、砂糖1カップちょっとを入れ軽く沸騰するまで混ぜる。

a0188838_22031657.jpg
a0188838_22033072.jpg
⑩沸騰し全体に透明になったら、
レモンを絞る

a0188838_22034674.jpg
⑪バラ水をお好み量入れる
(キャップで2杯くらい今回は入れてました)

a0188838_22035822.jpg
⑫蜜をさます間に、オーブンを予熱であたためる

⑬バスブーセの生地にナイフで切れ目を入れる
a0188838_22041318.jpg
a0188838_22042755.jpg
こうしておくと、焼きあがった後に
蜜が内側まで沁み込みやすい。

⑭それぞれの□の中央にアーモンドやピスタチオを乗せてもよい
(今回はただなかっただけ)

⑮200度のオーブンレンジで20-30分焼き目がつくまで焼く

a0188838_22044400.jpg
⑯焼きあがったらすぐ
バラ水の蜜をゆっくりとかけ入れる。

あとはとりわけて食べる。

焼きたてはふわっとしていて
それはそれで美味しい。

さらに2日ほど冷蔵庫に入れておくと
蜜がしっとりと沁み込んで
また別の味わいが出てきて
ぐっと美味しくなります。

砂糖の量がかなり多いのですが、
ドライで暑い国だとこの
甘さがなんとも言えないほど美味しいのです!

日本に住んでいるためか?
私のお友達は蜜をかけ入れる量が
少なめだったと思います。

甘さや油の種類などはご自身で
お好みに合わせて調整してみてくださいね。

この調整こそが家庭によって
少しずつ味が異なるという
お楽しみにところなので!

私もいずれイベントで提供できるように
練習したいと思います!

おしまい 















[PR]

by sarah_51 | 2017-08-29 22:46 | シリア支援  | Comments(0)