小さく小さくなって。 

アッサラームアライクム!
みなさんの上に平安がありますように!

最近少しずつ弱っているばぁちゃんです。
眠っていてふっと目が覚めると、ときどきどこにいるのか混乱してしまう
ことも増えてきました。  

「うちのことばかり心配していたら、あんた死んでしまうよ。
無理したらいかんよ。無理したら、うちみたいになるとよ」

一晩中私を探し、私の名前を呼び続けて疲れきったばぁちゃんが、
朝、私の顔をその視線の先に見つけて言った言葉です。 

「なしてこんな思いせないかんと?なして、なして・・」

そう私を見て泣くばぁちゃんに、
「もう泣かんでいいとよ。もう私が来たけん、少し眠りんしゃい。」

おでことおでこがくっつきそうなほど、顔を近くして、
小さく小さくなったばぁちゃんに、
小さな小さな声で、静かに話す朝のひととき。 

ふっと表情がやわらいで、
「仕事に行ってもよか?」
と聞くと、
「うん、また来てくれる? 来てくれる?」
と聞いてくる。

「また来るよ♡ またね」

そう言ってバイバイする。 

仕事が終わってばぁちゃんの好きなかき氷と、栄養もすこしあったほうがいいかなと、
ストロベリーアイスを買っていく。

夕方になっても、お昼も食べていないばぁちゃんに、

「ちょっと氷食べんね?」

と聞いてみる。
「でもアイスもあるよ♫」
と言うも、
「アイスは好かん。氷がいい」
というばぁちゃん。

数口氷を食べたあと、
「でもちょっと味見ばしてみんね?」
と誘って、一口アイスを口に入れてやる。

「これ、おいしいーーーー!」

やっと笑顔になった。 
アルハムドリッラー。 

一人で寂しい時も、アッラーはずううっと一緒にそばにいてくれるとよ。
ばぁちゃんはひとりぼっちじゃないとよ。 
どんなに辛くて、どんなにがんばっているか。
どんなに歩きたくて、どんなに自分でトイレに行きたいと思っているか。
みんなみんな、アッラーはわかってくれとるよ。 

いつもなら、帰るというと泣きだしてしまうばぁちゃん。
今日はそう話したあと、自分から、

「大丈夫よ。おそなるけん、はよ帰り」

そう言ってくれた。

もう誰の言うことも、何もかも信頼できなくなってしまったばぁちゃん。
私の言葉だけが今、彼女の心になんとか届く。 
伝えたいことはただひとつだけ。

アッラーはばぁちゃんのことが大好きで、
みんなみんなわかってくれているよ。
天国の高い高いところに、連れていってくださるよ。
インシャーアッラー。 
だから、なにも心配しないでいたらいいよ。

ただそれだけ。 
そして、ばぁちゃんの心に、「アッラー」という言葉は、
いつでもす~~~っと入っていく。

スブハーナアッラー・・・。 

信仰の強さとは、こういうことなのだな。
そう日々教えてもらっています。 

ばぁちゃんの全てが容易くありますように。 
アーミン。

おしまい 
[PR]

by sarah_51 | 2014-08-06 18:58 | ばぁちゃんのこと | Comments(0)