人気ブログランキング |

「脳転移」と友とわたし㉝「改善するのは状況であってその人ではない」という視点をもって在宅の準備へ


少しずつ変化が出始めた友。

友は2018年12月30日に亡くなりました。
看取りとその後はこちら→https://sarah51.exblog.jp/i31/


相変わらず私が帰りにハグすると、
ぎゅうっと爪を立ててくることに
変わりはなかったけど、

病院のスッタフの方たちと日中
筆談を通じて少しずつ長い会話が
できるになってきていた。

とはいえ、友の返事の多くが、

「先ほど体を拭いてもらい嫌な思いをさせて
 申し訳ありません」
「私は恐ろしいことをしました」
「申し訳ありません」

といった謝罪や自分を責める言葉も
まだまだ多く、またベッドから
ほとんど動こうとしていなかった。

ただ脳のMRIも問題がなく、
CTで全身の転移検査も特に変わりないと
された友は急性期の病院にそう長く
いれるわけではなかった。

退院しないといけない。

友には「自宅に行けるよ!行くよ!」
と言っていた私だけど
実際私は自分の身内ですら自宅で
看取った経験もなく、

ましてや耳の聴こえない
心を閉じ切ってしまった友の
一人暮らしをどう支えたらいいか。

その方法にやや悩んでいた。

もし私が1人暮らしなら、
いっしょに住めばいい。

でも事はそれほど単純ではなく
夫は私があれこれと友のために
時間と労力とお金やらなにやらを割き、
家のことが後回しになっていることに
いろいろと不満がいっぱいだった。

ヤスミンのところに行く。

というだけで不機嫌になることも
増えていて自宅でそういった話も
できないと感じていた。

そんな時、在宅ホスピスをしている
先生方の勉強会が開催されることを知り、
友の病院からも近かったので
セミナーを聞いてすぐ病院へ面会に
行けるなと思った私は早速申し込んだ。

この時スライドのある1行に目が留まった。

「改善するのは状況であってその人ではない」

というソーシャルワークの視点で
とらえた在宅ケアの考え方だった。

そして

「治すことはできなくても、
心地よくすることは常にできる。」

という緩和ケアの原点ともいえる
本のタイトルを紹介してくださっていて。

私はそうだ!これだ!
これをすればいいんだ!!

と自分の役割を見出すことができたのです。

友の入院中何度となく私は
心療内科を受診できないか、
心のケアをしてくれる認定看護師か
医師と彼女が話をする機会をもらえないか。
不安に対して何等かの薬などはないものか。

など病棟看護師や主治医などにも
伝えていた。

でも脳外科医は
「手術が専門なので、、、」
婦人科医は
「余命を聞いて受け入れられなかったのであれば、
 時間が解決するしかない」

というばかり。
なんとか認定看護師さんが話を
来てくれるようになったけど
本人はそれで良い変化を感じてるとか
話ができてよかったとかいう感覚は
全く持っていなかった。

それだけではない。

画像上なんら問題点が見つからなかった
彼女に対し、看護師によっては、
友が「演技している」「実際にはもっと動けるはず」
「自分でできることはしてください」

といったことを話す人も出てきた。

悔しかった。

救急外来で意識がなくなった時
彼女の震えやつっぱりながら歩く様子を見たとき、

確かに私も脳の問題じゃない。
心の問題が大きい。

そう思った。
でも友自身にこれ以上
なんの負担をかけられるというのか。

食事も1割も食べない。
カーテンをきっちり閉めて、
耳の聴こえない友が
ベッドにじっと座るか寝るか。
携帯もない。ネットもない。
誰とも会わない。

そんな生活を好んですると思うのか。

たとえ演技だとしても、
嘘だとしても、

「嘘をつかないといけない状態」

に陥っている友に何ができるか。
それを考えるのが医療じゃないのか。
福祉じゃないのか。

そう思っていたから。
だからこのセミナーに行って、

「変えるのは状況」「本人じゃない」

という言葉は、
そうだ、友にとって安心できる環境を
私が考えればいいんだ。

友にはそのままでいてもらえば
それでいいんだ。

そう強く思えたのです。

セミナーの講師でもあり時折お世話になっていた
緩和ケア医師で在宅ホスピスをしている先生に
友の住所近くで連携できそうな訪問医師や
緩和ケアに理解のある医師・看護師がいる病院等を
お聞きして、どう連携するか早速考えた。

在宅でお世話になる予定にしていた
ケアマネと私のパート先となる
訪問看護ステーションにも状況と私が
思うことを伝え、さっそく地域の緩和ケア病院と
連携できるよう働きかけてくれることに。

「退院しよう」
「できるよ」

それだけを胸にとにかくできる限りの
環境設定をあれこれ考えて実施した。

そして緊急入院から1週間が過ぎ、
週が明けた頃から友にもぐっと変化が出てきた。

ハグの後、爪を立てなくなったのだ。

というよりも自分から私と同時に
背中に手をまわしてそっとポンポンポンっと
叩いてくれるようになった。

またね。

と手話をすると目がうなずいているかのように
じっと私を見るようにもなった。

私の普段と同じあんなことあったー
こんなことあってー、これ美味しかったよな
会話にも時々目を向けたり、
私の携帯の写真をちらっと見ることも出てきた。 

絶対退院して、曼荼羅描いたり
個展にだって行けるようになるよ。

そう思いながら。
でも退院ってそう簡単じゃなかった。



つづく 












# by sarah_51 | 2019-03-30 12:24 | 医療と健康  | Comments(0)

さあら幼稚園第一期生 卒園。


2017年3月から始まった「さあら幼稚園」。

まだ小さかった彼女は、壁のタイル模様よりも大きくなりました。
a0188838_17540922.jpg
a0188838_17514259.jpg
とても知識のある外国人のパパと
知識を探求することが大好きなママ。

そんな二人の小さなお子さんを
私に週1回預けてくれることになり。

あいさつや食事のマナー。
いっしょに遊びながら
合間にアラビア語や
クルアーン読誦を暗記して。

何も教えなくてもこんなに立派に
修了証書を受け取ってくれるまでに
なりました。

a0188838_17500545.jpg
修了証書には、彼女が暗記して
見事ほぼパーフェクトに合格した
クルアーンの章の名前が貼ってあります。

a0188838_17505465.jpg
パパとママの努力もあって、
こんなにたくさん覚えてくれました。

お花は下にも2人のお子さんがいながら
送迎含めてがんばってくれたママに。

a0188838_17523657.jpg
小学校入学お祝いには、
持ち運びできるクルアーンと
もう少し大きくなって学校などで
お祈りをするようになった時
使える折り畳みの礼拝マットを。

a0188838_17503348.jpg
a0188838_17531308.jpg
けっこうもう読めるところあるんですよ!
マーシャーアッラー。。。

ケーキを用意していたのですが、
なんとママから素敵なケーキがきて!

a0188838_17511731.jpg
a0188838_17494195.jpg
a0188838_17534689.jpg
私は決して先生たる人間でも知識があるわけでも
ないのですが、ご両親が私を信頼し、
彼女も楽しく2年間通ってくれたことに、
本当に心から感謝の気持ちでいっぱいです。

彼女から教わったことがたくさんたくさん。

廊下を走ってくる音がするたび、
私と旦那さんは「わ!来た来た!」
といつしか彼女が来るのをとても楽しみに
していました。

子供はなんら罪がなく
またアッラーに最も近い存在を言われています。

彼女が来るたびに、我が家に美しい光と
たくさんの祝福がいっしょにやってくることを
いつもとても感じていました。

アルハムドリッラー。

子供って本当に宝ですね。
小学校に行ってもまた遊びに来てね~。

「来週また来ると?」

と聞いてましたが笑 

アッラーよ彼女とご家族に絶え間ない
祝福と恩恵を授けてくださいますように。
現世でも来世でも善いものを。そして 
来世までずっと彼らを御守りくださいますように。

アーミン 


おしまい





# by sarah_51 | 2019-03-29 18:13 | 子供教育@さあらようちえん | Comments(0)

みんなで食べるから尚おいしい!行く価値ありの「ベンガルで夜会♪」開催報告

ただただ美味しいものを一緒に
食べるだけの会@夜 

今月は福岡県春日市に新しくできた
ベンガル料理のお店
「インディアンスパイスファクトリー」
へお邪魔してきました!

事前に料金内で食べたいものをあれこれ
お願いして最後に「あとはみんなが、わー!」
って言うものでお願いします!

というなんかわかるようなわからないような
お願いをしたのですが・・・。

当日行ってみると予約席に置かれたこの
コースメニュー。。。

今日の私たちのためにだけ作ってくれた
メニュー表でしたよおおおお(*´▽`*) 
うれぴー! 

a0188838_22032998.jpg
そこからはもう怒涛の、、
美味しい尽くし!!!

中でもこのココナッツの海老カレー。
ほんとのココナッツです。

a0188838_22001134.jpg
まろやかでほんのり甘いカレーですが、
食べたことない美味しい味。

a0188838_21594742.jpg
a0188838_22030169.jpg
a0188838_22023167.jpg
a0188838_22005409.jpg
a0188838_22041381.jpg
どれもこれもみんなカレーなのに
「みんな違う味」
でみなさん大興奮。

当たり前なのですが、
どれもカレーだと2種類くらいで
通常飽きてしまう気がするのですが、

全くどれもこれも味が違って
それぞれにとても凝ったものばかり。

ちょっとずつ分けてみんなで食べると
さらに美味しさが増して増して・・。

でもそこは最後まで裏切らない
驚きの連続!!
このアイスがまた絶品でした!

a0188838_22011557.jpg
サフランで色付けしたアイスに
ローズのソースをかけて。

美味しいチャイといっしょに
口の中がさっぱり。

もうはち切れそうに
おなかがいっぱいになりました!

みなさんありがとううう(*´▽`*) 

------------------
▽本日のお店
東インド・ベンガル料理
インディアンスパイスファクトリー
816-0851 福岡県 春日市昇町4-24-1F
西鉄大橋駅からバスで15分または車で。
(駐車場6台あり)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次回の夜会は臨時開催です♪

▽国産ぷるっぷる「もつ鍋の会」

▽ビュッフェで楽しむアラビアンナイト

お待ちしてまーす!!

おしまい 


# by sarah_51 | 2019-03-27 22:16 | 世界のランチ会 | Comments(0)

若い人byあのスルターンとスルターナの極めて平穏な1日


ふと歩いて出かけたらいきなり
旦那さんに遭遇した。

a0188838_19233119.jpg
本人曰く、「1週間前から何度も言った」
というのだが今日何しにどこへ出かけたのか
よくわかっていなかった・・・。

そして旦那さんも私が歩いてるとも知らず・・。

「あんた何してんの」
「歩いてると」
「なんでー」
「銀行行こうと思って」
「歩いてわざわざ?」
「あんたこそ何してると?」
「だから言ったじゃん・・以下省略」
「ほうね」

とやり取りした後帰宅したら。

「さあら、あのあとね、そこにいた人何人かに聞かれた!」
「なにを?」
「さっき話してたあの若い人誰?って」

「きゃあああああああああ(スピーチレスw)」

「いやいやあのですね、あの人僕より5つも上で、
 もうすぐ44になるんですよ!!って言っておいた」

「なんでそない細かく言うねん( ゚Д゚)むきょおおお!!」

「若いと言われて喜んじゃいかん。年齢をわきまえなさい。
 僕は30台でもう年を感じてる。20台にはついていけない」

「ついていかなければいいやん。」

「・・・・・」

「るん(*´▽`*)♪若いおくさーん(*´▽`*)♪」

「そりゃ60歳近い人らから見たら若いだろ」

「あんだってーーーギロン( ゚Д゚)」
 若い奥さんって言われて嬉しかろう??(*´▽`*)♪るん♪」

「・・・・」

ーーーーー
ちなみに奥さんだとは認識されていなかったらしい・・・。
なぜなら、

「マレーシア人?」
と聞かれどうやら若い外国人の子とでも
話してると思われてたようでwww

しばらく
「若い奥さんでよかったろー?(*´▽`*)」
「見えるってだけね」

を繰り返していた今日の夕暮れ・・・。

我が家は相変わらず平安です。
アルハムドリッラー。 

おしまい 

 







# by sarah_51 | 2019-03-17 19:37 | 旦那さまと私 | Comments(0)

世界の料理教室「エジプトのムサカ&ファラーフェル」開催報告


毎月開催している「世界の料理教室」。
本日は以前食べた際、感動して「ぜひ教えてほしい!」
とリクエストいただいたエジプト料理。

「ムサカとファラーフェル」

a0188838_21172215.jpg
a0188838_21180035.jpg
エジプト料理はトマトベースの料理が多いのですが、
このムサカはなすとトマトがとっても
美味しい一品です。

ファラーフェルはコロッケなのですが、
中東各地で様々な形や食べ方があります。

エジプトのファラーフェルは特に、
このきれいな「みどり」の中身。

a0188838_21260786.jpg
ふわっとして周りのごまがまた何とも言えない
美味しさ!!

特別にレストランのシェフが
ナンを焼いてくださって。

a0188838_21211709.jpg
外国人の先生に教わっていると、
毎回色々な驚きがあるのですが。

今回の驚きは・・・。

a0188838_21224909.jpg
普通の文具バサミで切ってますやん~


でしたwww 

参加費の一部をシリア子供教育支援に
寄付しています。
今回のご参加のみなさん、
ありがとうございました! 

次回は4月6日(土)11時ー14時。
インドのパコラとサモサを
インド人シェフに教えていただきます♪ 

また今後主催とお申込み方法などが
新たに変わる予定です。 

引き続きどうぞお楽しみに!


おしまい 

▽エジプト料理教室イベントページ 

# by sarah_51 | 2019-03-16 21:27 | 料理教室 | Comments(0)