人気ブログランキング |

まさに不思議博物館!福岡天神のマニアックな喫茶店「不思議博物館サナトリウム」


なぜか急遽行くことになった怪しすぎるカフェ。
「不思議博物館 サナトリウム」
a0188838_18561215.jpeg

サナトリウムとはその昔結核患者さんを
長期療養させるための診療所のことですが、
ここは病院ではなく一応「カフェ」。

でも階段を上がる間中、昔懐かしい
「the 病院」
な匂いが充満していてですね・・。

上まで上がるとそこには
診療所入り口らしき下駄箱があり
スリッパに履き替えて入ると。。

a0188838_18565980.jpeg

a0188838_18590178.jpeg
a0188838_18592110.jpeg

どう見ても怪しすぎる雰囲気w 

そして普段は看護婦さんの格好をした
女の子がいるそうなのですが、
この日はなんと「館長デー」。


a0188838_18595528.jpeg
申し訳なさそうに、
「9割は女の子の日なんですけど、、」
という館長でしたが。。

この館長本業?は「造形作家」なんだとか。

a0188838_19004876.jpeg
ってなんかこの写真も怪しすぎるけど笑。

4年前にオープンしたというこの
カフェ「サナトリウム」。

病院が好きなんですか?

とお聞きすると、
「いえ、、むしろ病院は嫌いで、
 注射も痛くしないで、、と泣きそうなほどです」
とヨワヨワ答える館長w 

なんでまたそんな人が
この「病院」めいたカフエを
しようと思ったのか聞いたところ、
さらにそこがマニアックで、、、><

子供の頃読んだ漫画や小説で、
突然「うううっつ!」と
手で口を抑えると血を吐いたり
咳をしたかと思ったら血が手に、、、
みたいなシーンが「大好き!」だったんだとか。。

そこから興味が沸いて造形作家として
こだわりぬいたカフェを開設しちゃったという。 

マニアすぎww 

それが証拠にお店で出てくる
紙ナプキンにはまさに?
血を吐いた時につくイメージ通りの
赤いシミが、、、(特注w)


a0188838_19010204.jpeg
館内にある小物も本も
あれこれと病院めいてます。

a0188838_19002440.jpeg

a0188838_19012633.jpeg
握力計はふつうに使えました笑。

とはいえ館内は展示会も開催されており、
今日はまたマニアックな廃墟写真展。

その他にもいろいろ館内を見渡してると
飽きないほどオモシログッズがあります。

a0188838_19015713.jpeg

a0188838_19022266.jpeg
すごく「病院っぽく」
作られてますがさすがは造形作家?
だけあって色々とこだわりが。

何気に館内中に使用してる
白いタイルはなんと
「イタリア製」

ただの真っ白ではなく
わざと波打った形に
なっていて手塗りのような暖かさも。
(館長みずから張り付けたとか)

a0188838_19024768.jpeg
カフェというだけあって、
ドリンクやフードメニューもあります。

ジュースを頼んでみたー。

a0188838_19032506.jpeg
さりげないけど、
この瓶はめちゃ高いです、、。
医科学系のグッズって高いんですよね。
カップ?もオサレ満載。

クリームソーダは別に
血をイメージしてるわけでも
なんでもないというイチゴ味。

a0188838_19034266.jpeg
すごい大きなグラスでたっぷり入ってます。
まぁその血の紙ナプキンが妙ですが笑 

でも館長こだわりには
例えば尿瓶にジュースを入れるとか、
そういうちょっと汚いな、
嫌だなと思う系はタブーなんだとか。

「これなんかも嫌がる人いるんですよぉ。
 ゲロをですね、、、って感じするから
 食べ物入れたりはちょっと。」

a0188838_19030987.jpeg
と言いつつも、
「でも顔のような形で気にいってるんですけどね~」
と館長ww 

(写真にはすぐ反応して構えてくれます笑)

でもこれも1枚3千円以上したという
こだわりのホンモノ。
手術室で取り出した臓器などを入れる用のです。
そりゃ、食べ物入れたらキモイわ。

館内の昔の手術室用のライトも
皆ホンモノでオークションで買ったそうです。


a0188838_19040295.jpeg

あ。猫は館長の作品。
やっと作品見れたわと思ったら、
猫もナースキャップかぶってた笑。

今日は平日でヒマだったんで~

とプレゼントにおもむろにくれた
クリアファイルはなんと、、、。 


a0188838_19041736.jpeg
館長の脳画像、、、、ww 
(なんか医者っぽく見えるから不思議、、)

これは実際の画像なのですが、
これを撮りに行くきっかけとなった
館長の体調については、
ここでは書けない気がするので
直接行って聞いてみてください笑 
(ヤバイ病気とかではありませんw)

いやあぁ、、、なんといいますか。

ほんと「不思議」な世界館で。

でもなんだかまた
行ってみたくなる気がします。

最後にお店出る時に優しい声で、
「おだいじにぃ~」
と言っていただきました、、、笑


レッツトライ♪ 


おしまい 


# by sarah_51 | 2019-09-03 18:54 | 福岡よかとこ情報   | Comments(0)

初めての入院byあのスルターンとスルターナの極めて平穏な1日


子供の頃から入退院は毎月してたので。
入院は慣れてるんですが。

結婚してからは初めてで。
しかも家を3日以上空けるのも初めてで。。

来ちゃうよねー毎日旦那さん笑

a0188838_18483979.jpeg
いや別にほんとに検査入院なだけだから、
自分で食べれるんですけどw 

自宅からも遠いけど、
旦那さんの職場からもまぁまぁ遠い病院なんだけど。

仕事帰りにほぼ毎日来て、
家にいたくないのか
毎日外食に行ったり、

コンビニで買って
いっしょに病室で食べて帰ったり。

入院中の便利な話は
こちらに書いたので読んでねん。



でもって1週間入院して
無事退院って時になって、

え!もう迎えに来たの?

っていうほど早く着いて。

私はなんかいろいろドキドキしちゃって、
緊張しちゃったんですよね。

家に帰るって
色々しなくちゃいけないし。
体調も病院とちがって
診てくれる人がいるわけじゃないし。

病院慣れしてるせいか、
病院って妙に安心なんですよねぇ。

ううう、、、緊張する><

とか言ってたら、

「僕が嫌なの?それとも家が嫌なの?」

と聞いてくる旦那さんww 



a0188838_18500377.jpeg
その割にゃ~嬉しそうででしてね。
どっちも嫌だ?ああそう??
とかなんとか、、、

家に帰ってしばらくは、
何してもニコニコニコニコしてたよね~。

時々台所にいる私のとこに来て、
にやにやしただけで戻ったり。
(こわっ)

あ、ここにもさあらがいるー。
あ、ここにもいたー。

みたいな感じで。
いるとこいるとこ見にては
にやにや、にやにや、
にやにやにやにやにやにやにやにや。

そんな嬉しいですかね。

でも実は旦那さんのばーちゃんが飼ってた
小型犬がいるんですよね。

それが私がいない3日目くらいから
様子がおかしくなって。。。

ストレスでまぶたが腫れて
おかしくなってて。

帰宅したら

「あたちもう死ぬぅううう」

みたいな顔して
信じられないくらいベターっと
まあるくなって寄りかかってきて。

見たことないようなヨワヨワしい姿。
びっくりして病院連れていかせたけど
ストレスか環境の変化では、、と。

「あんたがおらんからだ」

と旦那さんは言ったけど、
そもそも私の飼い犬じゃないし。
犬は犬、人は人って考えなんで私。
部屋も別ですしね。

って思ってたら、、、。

帰ってきて2日もしたら、
やたら元気になっちゃって笑


ほんとにストレスだったんだw
っていう笑

3日以上空けられないなーこの家。

と思った結婚して初めての入院でした。


まーしゃあないかー
家族だもの。

おしまい





# by sarah_51 | 2019-09-03 18:47 | 旦那さまと私 | Comments(0)

シリアの内戦から日本、世界の平和を考える。映画「それでも僕は帰る」上映会でトークに参加させていただきました


8月6日福岡市美術館レクチャールームで開催された
シリアのドキュメンタリー映画

「それでも僕は帰る」

の追悼上映会のトークゲストとして参加させていただきました。

2013年放映されたこのドキュメンタリー映画の
主人公であるバセット氏が今年6月にシリア国内で負傷、
トルコの病院に搬送されたものの命を落とした。

私は2014年このドキュメンタリー映画を
1人のいち観客として見ていたのですが、
今回は立場を変え、トークゲストとして
シリアの今昔を伝える機会をいただきました。 

a0188838_23165856.jpeg
私自身、2回目となるこの映画を見る前は
どのような気持ちになるのだろうと思っていましたが、
2度目に見て率直に感じたのは、

「まだ当時は人々がそこにいた」

という事実であり建物はもちろん、
街に人々が映る映像を見て、
そこからさらに激化していったシリアの事を
さらに感じる時間となりました。

見に来てくださっていた方たちの
ほとんどは初めてこの映画を見る方たちで、
シリアは「内戦」と呼ばれるだけあって、
シリア国内の問題と想像していた人も
多かったようです。

私がこの映画を通して伝えたかったことは、

・シリアは内戦前は非常に安全で平和な国だったこと
・ほんの小さな出来事がきっかけで誰もがこんなにも
 長い内戦の日々を迎えるとは思いもしていなかったこと
・もはや国内だけの問題ではなくなっていること 
・シリア人の人たちにとってのバセット氏について 
・シリア人の人たちの心と美しい文化について 

などです。

でも最も伝えたかったことは、

「実は同じような問題は日本にも起こりえる」

ということであり、遠いシリアの国のことと
思うのではなくもっと身近な問題として
日本にいる私たちが平和について何をどう行動できるのか。

いっしょに考えていきたいと思っていました。 

上映会を主催していたユナイテッドピープル代表取締役社長の
関根さんとは1度お会いしたことがありましたが、
さしたる打ち合わせもないままにトークがスタート。 
a0188838_23180860.jpeg
それでも関根さんから色々と突っ込んで聞いていただき、
さらにありがたいことに会場からいくつものご質問をいただき、
上記について十分ではないにしても、
お話することができたのではないかと思っています。


a0188838_23182365.jpeg
当日はシリア子供教育支援「ギラースプロジェクト」の
香水・アレッポ石鹸も販売させていただき、
ご寄付もいただきました。 

a0188838_23172771.jpeg
a0188838_23174883.jpeg
またどこかでシリアについて
お話しする機会がありましたら
ぜひお会いしましょう。

インシャーアッラー 


おしまい 





# by sarah_51 | 2019-08-06 23:16 | シリア支援  | Comments(0)

家でも作れちゃう!「ウィグル料理の炊き込みご飯 ポロ」の作り方


本当に思いつきで作ったのですが
まぁまぁ美味しく食べれた感じです。

a0188838_09345289.jpeg


レシピを教えてーという声が
多かったので書きますが。。

正直言ってこれは私の思いつきで
作った方法なのとこの日は
にんにくを入れ忘れたので笑、
参考程度にしてあとは
みなさんでアレンジしてください!
(放り投げww)

ーーーーーーーーー
材料
米 2合
骨つき羊肉
(この日はサイードシップのロース5枚入りの2枚使用)
玉ねぎ 1個
人参 中1本弱
クミン

ーーーーーーーーー

作り方は簡単。
肉は骨の部分と肉を分けて適当な
大きさにカット。
玉ねぎスライス。人参は千切りする。

たっぷりの油で(ここポイント)
羊肉、玉ねぎ、人参を炒めます。

クミン(パウダーではない)と塩少しで
味付けしたらお米を入れてさらに
炒める。羊肉の骨が邪魔だったら
取り出していてもオッケー。

お水を足してそのまま炊く。
我が家はもともと鍋でご飯を炊くのですが
羊肉の骨が長かったので
平たい鍋で炊きました。

強火→弱火で水気なくなってくるまで
→蓋したまま蒸らし10分くらい

のガスで炊く同じ工程で炊きます。
炊飯器でも炊けるはずー。

蒸らす前はこんな感じ。

a0188838_09442849.jpeg

干しぶどうがあれば
乗せれば出来上がり。

具をそれぞれ炒めたら
肉又は野菜、米の順に入れて炊くと
お米が焦げ付かないらしいですが
特に焦げずに炊けました。

油をケチると美味しくないと
思うのでえええええ!?って
思うくらい多くても大丈夫かな。

炊き込みピラフと思って
作ってみてください。

にんにく今度入れて再チャレンジ
してみまーす!

本日使用のお肉はこちらで買えます

おしまい




# by sarah_51 | 2019-07-26 09:32 | Comments(0)

「復興している」と実感できた熊本で涙がこぼれた昼食


毎年この時期に熊本のキリスト教系の
大学でイスラームについて講義を
担当させて頂いていて、今日も熊本へ。

a0188838_20250407.jpeg

震災前から来ていますが
こと震災後から毎年来るたびに
少しずつ変化を感じていました。

でもそれはどこか震災後の
「修復」
がメインであって復興とは
また違うような感覚。

ところが今日は熊本駅に降りて
すぐに「活気」を感じました。

a0188838_20271996.jpeg

駅ナカのお店も数が増え、
降りてすぐの市電乗り場には
沢山の観光客が並んでいて。

a0188838_20282579.jpeg

お城の天守閣も🏯
見えるように。

a0188838_20291387.jpeg

アーケードにもたくさんの人が
歩いていてお店もあちこち
賑わってました。

a0188838_20300544.jpeg

もちろん連休なので人が
普段より多いのは確かですが、
いつも連休に来てるので。
今年は多いなぁと感じました。

熊本に来る時は
必ず寄ると決めているお店があります。

鶴屋デパートのレストラン街にある
和食屋さんです。

とっても美味しいのですが
割と手頃な値段で食べることが
できます。

実はこのお店には震災前に
たまたま入って食べたのですが
震災後気になって行ったんですね。

その時はお店の中の庭が
地震で損壊したそうで
修理を終えるまで閉じられてました。

一見なんでもなかったように
見えるデパートでしたが
エレベーターが一部使えなかったり
色々大変だったようです。

でも今日は見事にステキな
グリーンが映えるお店に。

a0188838_20351279.jpeg

お店も大忙しで次から次に
お客さんが来てました。

大変だった時も
変わらずの営業をしていましたが
おかげさまでねーと店員さん。

季節のおすすめ定食。

a0188838_20381331.jpeg

本当に「復興」しているんだな。
さらに元気になっていくんだな。

そう思ったらなんだか
涙が出てきちゃって。

泣きながら食べてる変な私。

今度秋にまた大きな商業施設が
バスセンター辺りにできるそうです。
阿蘇に続く道路も24時間対応で
工事を続けているとか。

活気付いている街を見て
なんだか私もがんばろー。

そんな気にさせて頂きました。
くまもんありがとうー。

また行きます。
インシャーアッラー

おしまい








# by sarah_51 | 2019-07-15 20:22 | Comments(0)