認知症の人が「今」望んでいることを知りたいですか?アクティブ・カラーセラピーではそのお手伝いができます。

「認知症」と聞いて
あなたはその人とコミュニケーションをとる時、
どんな話をすることを
イメージするだろうか。

その方の、過去の輝かしい時代や
恋をした話。
仕事や子育ての頃の話。

何度も繰り返し繰り返し
同じ「過去の話」を
ゆっくり時間をかけて聞く。

そんなイメージかもしれない。

しかし、
アクティブ・カラーセラピーは違う。

12色の色から直感で選んだ色から
引き出されるその人の
心の奥底の声

それは「今」そして「未来」へ
フォーカスされる。

もちろん過去にフォーカスするコースもあるが、
今回初めて認知症の方に
アクティブ・カラーセラピーを使って
「今」にフォーカスしてみたのだ。

驚いたことに

たった10分もない時間で

ある人は自分の死生観を語り、
またある人は空や緑を見ることが
自分らしさを助けてくれるものだといい、

穏やかに余生を過ごしたい。
平和に暮らしたい。
歌を歌って過ごしたい。

嫌なこともあるけど
それはもう気にしていない。

10名もの認知症の方たちが
次々と
「今」をどのように生きていたいか
明確にしたのだ。

それはあなたが今想像したほど
普通の会話は成り立たない人たちが。

全く自分と違う名前を堂々と言ってしまう人や、
座って、立ってという指示でさえ
なかなか入らない方。

ずっと話とも言えない
話をあれこれとして止まらない方。

一見普通に見えて、
こちらの話を聞いてそれに
返答をするというのが難しい方。

本当に様々な状態の方たちが、
セッション終了後

目を輝かせて
「楽しかった」

口々にそうおっしゃって
嬉しそうにカラードットを持ち
写真におさまってくれた。

a0188838_07462634.jpg


a0188838_07463765.jpg
a0188838_22435675.jpg
そしてその中には

施設のスタッフとしても
どのように対応してよいか
難しいと思われる人もいた。

なんとか色から言葉を引き出せないか。

そんな職員の願いにも近い
相談に、
きっと出せると信じてやってみた。

言葉をうまく表現できず
時間もかかったが

でも「その人らしい」ひと言が
得られた瞬間

そばにいた看護師さんが
またそれを聞いた管理者の方が

「わかる!今度からこうしてあげよう」

そう即座に対応策を打ち出せたのだ。

通常アクティブ・カラーセラピーでは
守秘義務があるため、
例え家族であってもセッション内容を
お伝えすることはしない。

しかし、

認知症の方たちのセッション内容を
さあらオリジナルの報告書として
提出し、施設の方針に役立てて欲しいと
思っている。

全ての利用者さんが

ネガティブな感情は1つも出なかった。
そして
皆「今」に満足していたことは

日々介護しながら
ご両親の望みを叶えたたい、

良いよい何かを求め
奮闘しているご家族にとっても

それを伝えることで
安堵されるのではないだろうか。

認知症の方と初対面では
なかなか心を開いてもらえないことも多い。

ところが
色を通したアクティブ・カラーセラピーでは

あっという間に心が
近くなってしまう。

皆がセッションを終え、
ティータイム。

a0188838_07460594.jpg
みんなが私の方を見て、

お茶に誘ってくださって。
もう前から知り合いだったような。

そんな視線を送ってくださったことに
施設の看護師さんも
驚いていた。

誰一人セッションを
拒否することなく

10名もの方に
一気にセッションができたのは

やはり普段彼らをいつも
家族のように見ている
施設職員の方たちの
配慮あってのことと思う。

アクティブ・カラーセラピーの
大きな第一歩に
ご協力いただけたこと、
本当に感謝でいっぱいだ。

そして私は今、心から確信している。

認知症の方たちは

その心の中に「過去」だけでなく、
「今」もまた、全く認知症などなく
そこには

素晴らしいほどの愛情と
平和的な穏やかさの中で

幸せに生きている

そんな美しい広がりを
私たちに魅せつけてくれる存在だということを。

おしまい




ーーーーーーーーーーー
アクティブカラーセラピー 
臨床研究調査対象 (2018.3月末まで)
・病院、介護・福祉施設職員(施設内で実施の場合)
・認知症・がん終末期の患者さんとご家族 
ご協力いただける病院・施設の方へは無償で実施中です

お問合せは→midaidokoro.sarah@gamil.com
ーーーーーーーーーーー
今回ご協力いただいた施設@福岡市南区
ご協力ありがとうございました♡ 
ーーーーーーーーーーー











[PR]

by sarah_51 | 2017-09-12 23:02 | アクティブカラーセラピー | Comments(0)