「ほっ」と。キャンペーン

大分久住高原で過ごすならここがオススメ!美しすぎる満天の星空と日の出が見える絶景の場所

大分県の久住高原コテージ。
a0188838_15073420.jpg
久住高原はざっくり言えば、
阿蘇山と湯布院の間に位置する山と高原の広がる場所。

大分に行く用事があり、そのまま温泉に入りたいねと
たまたま予約が取れたこのコテージ。 

ほんとに山と高原以外何もない笑。 
a0188838_19305781.jpg
コテージに泊まるのが初めてで、
寒くないのかなとか心配でしたが、
部屋には暖房も掘りごたつもあって
ぬくぬく状態。 

a0188838_19280385.jpg
手前にも同じ広さがあり、2人ではすごく広いワンルーム!
家族やお子さん連れのお客さんもけっこういました。 

何もない場所ではありますが、wifiは入っているので、
ネット環境はご心配なくw 
カラオケなんかもあるみたいでした。 

でもコテージのすごいのは、なんといっても絶景です。

温泉は大浴場と家族風呂があり、
家族風呂は宿泊と別に50分1600円で入れます。

イスラム教徒は夫婦以外に裸を全部見せることは
例え親子であってもできないので、
家族風呂があるととても助かるのであります。

ご飯の前にお風呂に入りたくて夕方予約すると。。。

a0188838_19290708.jpg
なんと!サッシがお湯につかってますけどー!!
開けると外は露天風呂という!!! 

いや~ちょうど日没前でこれがもう絶景かな~でして。 

a0188838_19292399.jpg
お部屋にはシャワーはついてますが、お風呂はないので、
この真冬には温泉につかるのが一番ですねw 
ちなみにこちらが部屋のシャワー。 
a0188838_19281501.jpg
お湯は割とぬるめなので、
私のように長湯が苦手な人でも露店風呂に入ってると
まるで下半身浴してる感じの温度にもなってきて。。。

なにせ外の気温徐々にマイナスになっていきますからねw 
サッシを閉めて中で温まったり、外に出たりと
結局ゆっくり40分くらい入っていました。 

夕食は焼肉と和食懐石が事前に選ぶことができます。
私たちは和懐石にしましたが、事前に伝えておけば
アレルギーや宗教上の理由による配慮は可能な限り
対応してくださるようでした。 

とはいえなにせ周囲は何もない場所なので笑 
ここはご飯よりも絶景を楽しむ場所と割り切りましょうw 

夜9時から1時間、1人500円で星空ツアーなるものが
あるようでしたが、1時間外に出っぱなしに耐えられそうになく、
自分たちでコテージ周りで夜空を見ることに。

いや~これがすごかった!! 
a0188838_15060684.jpg
真っ暗ですよねww 

私は思い切り大の字に大地に寝転んで
おびただしい数の大きな星たちを眺めていたのですが、
スマホでは全く写らず。

私は視力がかなり弱いですが、それでもなんとも言えない
素晴らしい星空がばばーーーーーんと広がっていて、

人間が作ったものには写せないものも、アッラーが作った
私の目にはこれほどまでに美しく映し出せることに、
感謝でいっぱいの気持ちになりました。

何より大地に寝転んで、天と地と、その間にあるもの。 
そしてちっぽけな自分。
思わずクルアーンの1節を思い出していました。 

「あなたは見ないのか,アッラーが夜を昼に入り込ませ,また昼を夜の中に入り込ませ,更に太陽と月を従わせてそれぞれ定められた期間にその(軌道)を運行なされるのを。本当にアッラーはあなたがたの行うことを熟知なされる。」 
    聖クルアーン31章29節 

そしてこの節の通り、太陽と月の運行が始めるわけで。

日の出前のなんとも言えない美しさ。 

a0188838_15062073.jpg
幻想的な澄んだ空気の中で、
太陽が見えてくると思わず「出てきた!」
と言いたくなるのが不思議ですよね。 

a0188838_15070126.jpg
それはもう、言葉では言い表せない美しさと力強さに満ちていて、
すごい光を放っていました。 

a0188838_15071318.jpg
帰り道、他にもいろいろな民宿やコテージがあるのを見ましたが、
この久住高原コテージが一番眺めの良い場所にあるように
思いました。 

たった1日でしたが、街から離れ、
空気の良い場所で自然を味わい、五感をフルに使い、
アッラーの恩恵に想いを馳せる時間。 

おかげで?それまで田舎だと思っていた場所でさえ
ものすごい都会に感じて、何もかもが感謝感激してしまう気持ちに笑。 

ぜひこのお正月、少し離れた場所へ
夜空や朝日を見に行ってみてはいかがでしょうか。


みなさんがアッラーの創造の美しさをたっぷり味わえますように!

おしまい 

**************
▽久住高原コテージ 
http://www.kujukogen.com/ 

◆さあらさんのFB 
https://www.facebook.com/sarah.san.71 
(ひと言メッセージ頂けると嬉しいです) 












[PR]

by sarah_51 | 2016-12-31 20:30 | 旅のおすすめ | Comments(0)